2009年7月13日 (月)

風の高原を走る

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・⑱おわり)

225

黄金崎クリスタルパークへ戻ってきました

賀茂風鈴が涼しげな音を立てています

時間が少ないので中へは入らないが

お土産屋さんでガラス細工を見ました

230

帰り道はいつもの国道136ではなく

明るいうちに西天城高原線を目指す

宇久須の村から宇久須川に沿って

どんどん上り川の起点を越える

231

やがて広々とした西天城牧場

ここではバイクの人たちも休憩

汗に濡れたシャツに高原の風

肌寒いほどの気持ちよさです

235

やがて高原線の起点仁科峠

仁科峠展望台まで0.4km

風が吹きすぎる高原には

木は育たず熊笹だけが生い茂る

239

風が吹き抜け生き物の姿が見えず

でも熊笹の端の小さな水たまりに

オタマジャクシがいっぱいいました

梅雨時を期し命の歌を歌っています

238

牧場の周囲には柵がめぐらされ

でもこの柵は牛が逃げないためでなく

鹿に牧草を食べられないため

鹿柵だそうです

241

そう言えば高原の道で

雉がトコトコ歩いていました

標識も鹿やウサギそして狸の絵で

動物注意を喚起していました

いずれの日か西天城高原を

私も歩いてみたいと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

黄金崎の輝きは

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・⑰)

141

平羽根トンネルから平野トンネルと続き

この新田子トンネルにいたり

大田子トンネルと続いて行きます

国道から別れたわき道へ入る

145

短いトンネルながら

向こう側がすぐ壁になっている

不気味な感じの「安良里隧道」が

入るものを拒むようにありました

153

そのあと小谷トンネルそして

浜川トンネルと渡り国道を行く

クリスタルパークまで戻り黄金崎へ

途中この黄金崎隧道をぬけて

159

黄金崎へ到着しました

夕陽が当たれば黄金に輝く

この岸壁は三島由紀夫の

「獣の戯れ」に登場して

202

その景観を印象付けている

確かに岩の姿と言い

そこに息づいている松の根も

太古の昔より約束された

209

時の流れを感じさせます

伊豆の海岸は多くのロマンと

イマジネーションの萌芽を秘め

今なお新鮮な驚きを醸し出す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

トンネル街道を戻る

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・⑯)

120

三四郎島はすっかり陸続きになりました

大きな堂ヶ島温泉ホテルがより大きく

眼前に迫ってきます

もう平気でみんな島へ渡れます

127

のんびりしすぎて時間を使いすぎた

急いでホテルの上の国道へ出る

上から見るとトンボロ現象が

くっきりと見えました

132

帰り道は来た時に通らなかった道

国道を一気に戻ることにする

まずは浮島トンネルですが

100m足らずの短さ

137

あれれ、懐かしい光景です

あの河津桜を見た帰りに

観光バスが寄ったお店です

さんまのまる干し機も健在です

139

次は平羽根トンネルです

こちらも100mに満たない長さ

このあたりも国道は山の中腹を走り

小さいトンネルがいくつもあります

140

平野トンネルも小さなトンネルです

こうなったらとことんトンネルに

付きあって行きましょう

果たしていくつのトンネルがあるかな

11111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

懐かしいヤドカリの水辺

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・⑮)

116

もう少し潮が引くまで

そこにしゃがんで待つことにする

実は43年前この海岸で

ヤドカリたちと遊んだことがある

118

この水の中に無数のヤドカリたちが

昔同様生きているのを確認して

とてもうれしくなりました

一気に青春時代がよみがえる

119

靴が濡れるのもいとわず

三四郎島に渡りました

この岩山のその岩壁で写真を撮った

青春の一シーンが胸をくすぐる

122

高島をぐるりと回ってみる

中ノ島が目前に見える

岩伝いに歩いて行けそうですが

まだ完全に潮が引き切っていません

123

三四郎島から黄金崎方面を見る

素晴らしい景観です

この島に来てみなければ

この景色は味わえません

124

目を右に転じて松崎方面を見る

島影の向こうに遊覧船の船着き場

その向こうにはこれから歩く予定の

松崎そして雲見が見えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

フナムシと遊ぶ

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・⑭)

110

潮が引くまで浜辺に戻り

ゆっくりおにぎりでも食べよう

波打ち際では一か所で座り込み

シッタカでも取っているのでしょうか

111

お弁当を広げている私の周りに

たくさんのフナムシが行ったり来たり

大きいのや小さいのがいっぱいだ

フナムシは幼少時代からの友達

109

観光客のご夫婦に潮加減を聞かれ

30分待てば渡れるよと言ったけど

先の方へ見に行って戻ってきて

そのまま帰ってしまいました

113

子供連れの若い夫婦二組

やっぱり貝探しに夢中です

シッタカを見つけては子供に渡し

御父さんの面目躍如です

114

少し昼寝をしたりしてのんびり過ごす

普段の歩きでは昼食後すぐ歩き出し

時間を有効に使っているつもりだが

こうしてのんびりするのも大切なことかな

115

先ほどよりだいぶ潮が引いたようなので

歩いてみると靴が濡れるのを覚悟なら

渡ることができるほど引いています

でももう少し待ってみましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

もう少し待てば

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・⑬)

099

国道沿いの堂ヶ島温泉ホテル

花が咲き乱れお庭整備していた

お父さんに瀬浜への入り口を聞く

道なりに降りていけば良いとのこと

101

ホテルは山の斜面に建っており

道なりに行くと脇の細い道を通って

浜へ下る道がありました

お腹がすいてきたけどもうすぐです

102

浜辺には松の根方に

車が数台止められる空間が有り

その脇から浜に降りられます

国道とも離れとても静かです

105

海が割れるトンボロ現象

お弁当を広げるのは

向こう側にするつもりだったが

まだ少し潮が引き切っていません

106

引きかけている海の

その先端まで歩く

岩がツルツルしてうっかりすると

転んでしまいそうです

107

靴を脱いでまでも渡る気がしない

これ以上は前に進めません

お弁当を食べている間には

潮が引くかもしれませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

風雪の断崖で

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・⑫)

091

露天風呂の前の岩場へ

木の柵でできた道がある

それにしても狭い足場です

でもこの際だから行ってみよう

097

崖下の露天風呂から

岩場の先端まで確かに道が

有るけれど結構スリルも有るね

足を滑らさないように歩きます

092

岩場の先端の木の柵は

壊れかけて隙間だらけ

うっかり手をかけたら壊れそう

でもこういうのは大好きです

095

振り返ると浸食された岩は

数万年の歴史の中に皺を刻み

手を触れれば崩れ落ちそうで

それでいて硬くしっかりしている

093

周囲の断崖を見てても

浸食された無数の穴があり

天窓洞同様遊覧船の見どころ

こんな風景も裏にはたくさんありそうです

096

先端から三四郎島を見ると

三つの島が一つに重なる

ぼちぼち白波が立ち始めています

正午も過ぎたので瀬浜へ行きましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

海辺の露天風呂

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・・⑪)

081

遊覧船の船着き場では

国道をくぐり公園の向こう側に

加山雄三ミュージアムと

洋らんパークがあります

082

奇岩の浮かぶ湾内に

遊覧船が何度も出入りして

人気スポットになっている感じ

昔乗ったことがあるので今回パス

085

湾をグルリ周り三四郎島を見る

先ほどから30分ぐらい経過して

少しだけ海が割れて陸が見えだした

戻るころにはつながるだろう

086

帰り道崖下を見ると

ホテルの中から岩に向かって

遊歩道が出来ています

下までいけるのかな

087

国道から草生す道を下る

先ほどの岩はホテル内で

いけないかもしれないけど

こちら側の岩には行けそうです

098

海岸端まで降りると露天風呂

湯加減ものんびり入るには丁度良い

風光明媚静かな波音を聞き

のんびり入ったらまさに天国だろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

光あふれる天窓洞

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・・・⑩)

069

西伊豆歩道の堂ヶ島コース

いつもは見られない裏からの

堂ヶ島にアプローチしてみよう

まだ少し時間に余裕がある

070

「ゆらり橋」の案内の石碑

はたしてこれは橋げたの跡だろうか

昔々のその昔崖のそばにあった

橋の物語がつづられていました

071

観光船は海から見るけれど

この奇岩の連なる堂ヶ島は

海につながった洞窟群が

裏側にも波を運んできます

076

観光名所のご存じ「天窓洞」

緑の岩山の中にぽっかり開いた穴

遠くの方から波の音が聞こえます

観光船のアナウンスの声も聞こえる

074

暫く待っていると穴の中を

遊覧船が通り過ぎてゆきました

お客様が陸にいる我々に手を振って

楽しそうに走って行きました

078

「天窓洞」付近は散歩道になって

丘の上からは遊覧船の船着き場が

透き通った海の上に浮いています

付近は公園になっているようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

トンボロの海へ

(伊豆西海岸の旅・Ⅵ・・・・・⑨)

062

国道からは堂ヶ島温泉ホテル越しに

「三四郎島」が見えてきました

高島・中ノ島・象島の総称で

堂ヶ島のシンボルでもあります

063

島と陸がつながるトンボロ現象

今潮が満ちているのか引いているのか

願わくば引き潮であってほしい

海が割れるまであと1時間と見た

064

田子から松崎までのここ堂ヶ島付近は

何やら楽しい観光地ばかりですが

早足で通り過ぎゆっくり見ることも

無かったように思えます

065

歩いてみなければわからない景色を

ゆっくり拾い集めてみましょう

三四郎島からの海岸線は絶壁と奇岩

それから透き通った美しい海

066

潮が引くまでの間少し南へ歩こう

「瀬浜」はあの三四郎島の浜辺

その上にある瀬浜桟道橋を下る

この先には観光船の船着き場だ

068

振り返ると三四郎島への道が

白い波の背を浮き上がらせて

その姿を現そうとしています

間違いなくこれは引き潮だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧