2008年9月 7日 (日)

昔日の船宿に

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・⑧おわり)

Photo

相良藩には勿論田沼意次

「白河の清き流れに住みかねて

昔の田沼今は恋しき」

どこかに現代を映しているのかもしれない

Photo_8 

萩間川の河口にある小さな町ですが

その心意気は古きよき伝統を守る

人々によって支えられているのでしょう

その昔相良の水運はこの河口が主で

Photo_3

幾つもの船が浮いていたような

そんな記憶がありました

今では港が整備されて

そちらに移動したのでしょう

Photo_4

船宿の雰囲気を残す風景か

その昔栄えた相良の水運の面影

それはなぜかノスタルジックな叙情

なぜかタイムスリップしてしまったような

Photo_5

現代への回帰か

今はレジャーボートがひっそり浮いて

河口には水門さえできてしまい

川はその生き様を静かに終る

Photo_6

川を中心に栄えたお屋敷も

その長い板塀に僅かに誇りを残し

今は無用とも思える沈黙に

耐え切れない寂しさを醸し出す

Photo_7

港には落日の美しさだけが

遠い昔を偲ばせる

田沼意次の城下町

戦国の攻防の声は霞んでゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

砂と風と太陽と

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・・⑦)

Photo

この砂の風景は砂浜ではありません

港の中の道路の中の上です

御前崎を中心とした遠州は

風の強いところで砂との戦いの場

Photo_2

せっかく作った港だけれど

数十年後は砂に埋もれるのかな

砂浜に降りて振り返ると

土手は巨大な船の様にも見えます

Photo_3

大きな流木も半ば砂に埋もれ

助けてくれーと叫んでいるようだ

沖のテトラにまで砂が迫るのも

時間の問題のようですね

Photo_4

流木は随分たくさん流れ着いて

一体どのように始末するのか

ちょっとばかり心配ですね

じっと見ていると造型の妙を感じます

Photo_5

勿論砂浜は相良若布の

格好の干し場です

砂と風と太陽との大いなる合作

おいしさをその体内に醸しているのか

Photo_6

往きは海沿いだったので

帰り道は山沿いの道を選びました

相良の町に戻ってきました

風の町相良は凧揚げの伝統を

今でも守り続けているのが誇りだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

亡国のイージス

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・⑥)

Photo_3

自分が立っている巨大な土手は

左端にちょこんとある出っ張りで

その右にはこれまた巨大な

御前崎港が控えています

Photo

土手の先端の足元には

なにやら大きな建物があります

土手の上であった藤枝の人に

映画の撮影セットだと教えてもらいました

Photo_4

中井貴一などが出演していた

「亡国のイージス」の艦橋セットでした

最高性能のイージス艦は諸刃の剣にも

なることを庶民に教えてくれた映画でしたね

Photo_5

下から見上げると本物の迫力です

この映画の後イージス艦については

数々の問題が起こり普通の人でも

その存在を認識するようになりましたね

Photo_6

ここに巨大な船のセットを造り

撮影したのだそうです

あの東京湾に入っていくシーンは

何とこの駿河湾の海ということです

Photo_7

艦橋から更に下を見ると

砂の風紋が綺麗に出ています

でもそこは砂浜ではなく

不思議なことに港の中の風景です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

巨大な人工土手

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・・⑤)

Photo

地頭方港はとても穏やかでした

波一つ立てない構内は

まるで昼寝でもしているように

静かでした

Photo_2

元々はただの海岸だったところに

巨大な港を造ったもので

港の中に細長いどてのような

岡ができています

Photo_3

その土手に上り先端まで行ってみる

ここは「わかふじ国体」のセーリングの

会場になったとかで秋篠宮ご夫妻が

訪れたとの記念碑が建っていました

Photo_4

土手の先端から御前崎方面を見る

ほぼ隣に御前崎港もつながったように

見えていました

御前崎先端が遠くに見えます

Photo_5

牧の原台地や小笠の台地の果てが

ここで太平洋に向かって途切れているところ

それにしても船が少ししか見えませんね

大きな港がちょっと寂しそうでした

Photo_6

岡の上でであった藤枝の人に

焼津から何回かで歩いてきたと言ったら

驚いた風には見えず自分も良く歩いて

運動していると言われました

遅ればせながら私のウォーキングの

励みになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

やさしい汐の香りの中で

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・・・・③)

Photo

海岸の水際を歩くのは楽しい

打ち寄せる波は生き物のように

旅人に語りかけて時の過ぎ行くのを

うっかり忘れそうになる

Photo_2

しかしほんのわずかな川でも

飛び越すにはちょっとばかりできない

その度に水際を離れ水門のあるところまで

残念ながら戻らなければなりません

Photo_3

海岸が国道に迫るあたりから

堤防の上を歩くことにする

海に入って何かを採っているのでしょう

若布ではないようだから何かな

Photo_4

少しずつでも御前崎は着実に

近づいてきています

光る海を横に見て

全身に汐の香りを浴びながら

Photo_5

所々海に降りるところがある

港ではないけれどここに船を上げるのが

一番近いところなんでしょうね

それは堤防ができるずっと以前から

Photo_6

若者が海で採った若布は

砂をつけて海岸で干すのは

大きなお母さんの役目だろうか

相良の砂は細やかな心が宿っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

風と波のささやき

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・・・②)

Photo_2

駿河湾西岸は海に出てみれば

富士山はそこにある

次第に遠ざかっていくけれど

どこまでも見え続ける

Photo_3

前方を見れば逆光の中に

御前崎の港がはるかに見えてきました

海沿いの道なき道を進んでいきます

風のささやきがとても柔らかでした

Photo_4

広々とした砂浜には

犬を連れた人が一人だけ

海と景色を心行くまで堪能して

何を思っているのでしょう

Photo_5

自然は時には偉大な芸術家

それは一期一会の美

無作為の作為だろうか

流木と砂だけの一人芝居

Photo_6

流麗でいて素朴の極み

ただそこにあるだけで確かな存在

砂浜を旅する者には

気になってしょうがない

Photo_7

波がもたらした贈り物

貝殻のオブジェと旅人の足跡

海が笑っています

風が微笑んでいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

再び南へ向かう

(駿河湾西岸の旅・Ⅳ・・・・・・・①)

Photo

2006・2・14

相良ーー地頭方

4時間半  22500歩

今年の夏はとても暑くそして天候も不順でした

まとまってのウォーキングができませんでした

昨日もがんばろうと思ったが突然の雨で

歩くのを断念しました

結局、一旦ここで2年半前の歩き始めたころの

駿河湾シリーズの続編でお茶を濁します

都合により9月中旬までお付き合いを

Photo_2

焼津から歩き始めてまだ4回目で

ようやく相良から南に向かって

歩き始めた早春のころでした

車社会に甘んじていた自分自身への

新しいチャレンジの始まりの頃でした

Photo_3

相良は鈴木梅太郎博士の古里

子供時代から知っている偉大な人

その旧跡もこうしてゆっくり訪ねることが

歩くことによってできる喜び

Photo_4

まっすぐ南に向かって歩く道には

もう春の息吹がどんどん迫ってきます

ウォーキング初心者ですが少しずつ

その喜びを実感し始めていました

Photo_5

花や鳥そして風までもが

生き生きと私を歓迎してくれる

この頃は果たしてどれだけ歩いていけるかは

まったくの未知でしたけれど

Photo_6

その日その日出合う光を大切にしよう

城下町の面影を残すほんのちょっとした光景も

少し立ち止まっていくだけで何かを

語りかけてくれるような気がしたものでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

視線を感じて

(追憶・駿河湾Ⅲ・・・・・・・・⑦おわり)

Photo

大鐘家のお庭は昔の栄華そのままに

今はひっそりとそのたたずまいの中で

静かに時を偲んでいるようでした

栄枯盛衰は人の世の常

Photo_5

街道の神社にも昔からの

人々の知恵や心意気が感じます

果たして現代人はその伝統を

しっかり受け継いで生きています

Photo_2

帰り道は田沼街道を歩きます

勝間田川にさしかかる

海側にそびえていたホテルも

今はなく静かな静波海岸に戻る

Photo_3

街道筋で何か視線を感じる

二匹の目が私を見つめている

一瞬対抗しようとしたが

二匹とも置物でした残念

Photo_6

吉田町に戻ってきました

相変わらず川面の鴨たちは

仲良く集まっています

私の旅もまだ始まったばかり

Photo_7

めったやたら私の被写体にならない

かの青鷺もこの日ばかりは

遂にその飛び立つ姿を

コンデジに捉えることが出来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

隠された伝統美

(追憶・駿河湾Ⅲ・・・・・⑥)

Photo

所蔵の水墨画の屏風など

母屋に展示してありました

すばらしい絵なのですが

鑑定団ではないので価値未定

Photo_2

幼少の頃にはこの竈で

よく飯炊きをしたものですが

今ではまったく見かけませんね

ダッシュ村ぐらいなものかな

Photo_4 

 

母屋そのものが文化財で

そこかしこに貴重な技術や

生活の知恵がいっぱい隠されて

ゆっくり見れば面白いものでしょう

Photo_5

特に土間の天井の梁は

ものすごい迫力で見るものに迫る

どのようにしたらこんな組み方の

発想が生まれるのか不思議だ

Photo_6

部屋の中ではつるし雛

地元のお母さんたちの力作

さすが女性のパワーは

年齢と共にますます盛んです

Photo_7

水引で作った作品もありました

日本古来の伝統の力は

現代でも脈々と流れています

温故知新もう一度見直したい

そんな日本ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

ご先祖様の雄姿

(追憶・駿河湾Ⅲ・・・・・・・⑤)

Photo

歴史の古い大鐘家では

明治時代でも結構有名だったらしい

こんな細密画が残されていた

ほぼ今と変わらないところがいいね

Photo_2

重要文化財に指定されているのは

この長屋門では萱を葺くのが

大変だそうで子孫の方が

私に説明してくれました

Photo_3

母屋は瓦葺ですが

絵図面とほとんど同じですね

数年前までは実際に住んで居られた

とのことでした

Photo_4

裏にあったお倉も絵図面と同じです

萱葺きの門は地方のCMにも登場

引き出物の語源の説明と共に

「馬を引く」場面に登場しています

Photo_5

ご先祖様の大鐘様は戦国時代に

活躍されたそうで

絵図にも残されているそうです

そういえば遠州は一番攻防戦の

激しかったところですね

Photo_6

ご先祖が仕えた大将は

かの有名な柴田勝家だそうで

どこか豪放磊落な性格が

共感したのでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)