2008年10月26日 (日)

東海道の旅ひとまず完結

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・⑥完結)

159

駿河路や花たちばなも茶の匂い  芭蕉

清水寺の境内に建つ大きな句碑

江戸時代の文人墨客の多くが

この駿府に草鞋を脱いで寛いでいます

160

2年半の間、寄り道しながら

ついでの旅や暇つぶしの旅や

それらを繋ぎつないで

県内の東海道はいつの間にか

161

歩ききってしまいました

そして今静岡駅までたどりつきました

私の東海道はどんな方向へ行くのか

今のところ分かりません

163

駅前の地下道もつい最近

リニューアルしました

路上ライブの得意なグループが

早速道行く人の足を止めています

164

地下道のど真ん中にぽっかり空いた穴

そこにエスカレーターができ

タクシー乗り場やバス乗り場へと

人々が楽しそうに上って行きます

165

穴は大きな明るい天井に覆われ

その向こうには再開発ビルも建設中

静岡も静かに変貌中です

私も東海道の旅を終わり

次なる変貌へと一歩踏み出しますかな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

静岡の清水寺

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・・⑤)

153

谷津山の麓をぐるり回って

清水公園にやってきました

本来は尾根伝いでくるつもりが

ちょっと残念でした

154

街中の公園なのに滝があります

以前はこんなの無かったはずだけど

大分ご無沙汰してしまっている証拠だね

勿論この上に川など無いのは知っています

155

一応確認のために登ってみましょう

もう登る気力も余り残っていないけど

綺麗に整備されたなつかしの

公園を少し楽しみましょう

156

滝の上にはやはり川はありません

展望台から市街地が見えています

ここから見える街はその昔家康が

世界に誇る文化都市を作ったところ

157

清水公園は勿論清水寺の境内です

家康以前今川氏が創建したもので

京都の清水寺から招かれた大僧正が

故郷を偲んで名付けられたそうです

158_2

日はだいぶ西に傾き

梵鐘も幾多の遍歴を経て

静かな時代を見つめているようでした

月日は百代の過客にして・・・

6666666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

コース間違え下に降りる

(寄り道東海道・Ⅵその2・・・・・・④)

146

尾根道は下から上る道が

数ヶ所在るようでいこいの広場が

時々現れる

付近の人たちが散歩で登って来るのかな

147

なんとなく矢印通りに歩いてゆけば

なんとかなるだろうと進んでいく

ちょっと疲れていることもあり

足の向くまま気のむくままに

148

道路を走る車の音や

学生達の歓声が聞こえるが

木々や竹に阻まれて

周囲の景色は全然見えない

149

ふと見晴らしの良いところ出たら

なんと谷津山の鉄塔ははるか彼方

一つ尾根を間違えて横に進んだらしい

今さら鉄塔まで戻る気もなく

150

下へ降りようとしたが

なんとどこかの家の裏庭へ

畑を踏み荒らさないように

そっとお庭へ下りました

151

山裾を回って谷津山の先にある

清水(きよみず)さんに向かって歩きます

このあたりの山やお寺は40数年前

部活のトレーニングで走り回ったところ

久しぶりに来て迷ってしまったわけだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

西日に輝く街

(寄り道東海道・Ⅵその2・・・・・・・③)

139

沓谷公園で幼児と遊ぶ老夫婦

そんな姿を見て心癒された

公園の傍から山に登れるはずだ

とりあえず行ってみるが行き止まり

犬に吼えられてそそくさ戻る

140

少し先を行ったところに案内板

どうやらここが谷津山への登り口

頂上まで50分とある

他の楽しみを飛ばして山に挑戦する

141

立派な階段だけれど

この急坂を見たとたんに

どっと疲れが増してきた

とりあえず何とかなるだろう

142

階段の途中から今日歩いてきた道を

振り返ると西日に輝く街の向こうに

梶原山と帆立山その向こうには

由比の浜石岳も見えました

富士山は相変わらず雲の中

144

最初の山はあたご神社の境内

神社の裏から回ってきて

拝殿を拝んでいる人に道を聞く

神社の表の石段の途中に道はあるらしい

145

すこし迷ったけれど尾根道を見つけ

いよいよ縦走開始です

街中の山と言えども山は山

竹林交じりの林の中を行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

風神と雷神

(寄り道東海道・Ⅵその2・・・・・・②)

131

光鏡院の三門の金剛力士像

かなり力強くて立派なものだし

でも見たところそんなには古くないし

デザイン的にもどこかで見たような感じ

129

左右の金剛力士像勿論

阿吽の形相だから正しい像だが

その背面の寺院側に回ると

異様な像が一対になって隠れていた

130

これまたどこかでお会いしたもの

そうあの有名な俵屋宗達の「風神雷神図」の

風神と雷神が絵の中から飛び出してきた

こんな三門は初めて出会いました

134

常葉大学の前を素通りして

瀬名の街道を日本平方面に向かう

向かった先は北街道です

バイパスを越えてすぐ先を右に曲がる

136

北街道は東海道と平行に走り

なぜか姫様たちはこの街道を利用して

往来したとのことだが用途は不明だ

梶原山から見えた谷津山が目前にせまる

138

平地をすたすた歩いたので

少し疲れてしまった

谷津山の麓にある沓谷(くつのや)公園で

少し息を整えて小休止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

瀬名に下る

(寄り道東海道・Ⅵその2・・・・・①)

121

一直線に歩いてきた山道も

自動車道になると曲がりくねって

大きく迂回するのでなかなか下に

下りなくて距離が長く感じます

122

静岡市街のど真ん中にデンと

谷津山が見えます

次の目標をこの山に決めました

縦断して駅まで行くつもり

123

坂道の途中に「瀬名古墳群」

聞いた事が無かったので

ちょっと寄ろうかと思ってあたりを

見回したけど見つからなかった

125

ようやく瀬名の町が大きくなった

以前に比べて住宅が随分増えたようだ

道は大きく迂回して下に見える

お寺につながっているようだ

133

曹洞宗光鏡院どうやら名刹のようだ

家康の正室築山殿は元は瀬名姫と

呼ばれていたことなどを思えば

ここ瀬名は歴史に名を残している

127

栄枯盛衰は人の世の常

鎌倉時代の梶原景時

戦国今川の時代をへて

徳川の栄華そして大政奉還

15代将軍の戻るべきところ

駿府は時代を静かに見つめてきた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

磨墨の歯型が

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・・・・⑲)

109

梶原山からは下るだけだ

直線的に山を下るつもりでいたが

山道に「びんみず」の表示がある

素通りするつもりで進んだが

112

再び案内の標示が現れて

どうしても寄り道せざるを得ない

瀬名に下りる前に横道に入ってみる

梶原親子が自害の際寄ったところ

115

最後の時のための身だしなみを整え

鬢(びん)を洗ったところといわれ

今でも滾々と水が湧き出ていました

でもすこし暗いところで無念さがにじむ

114

傍らにあった説明板よ読み涙する

景季の愛馬磨墨(するすみ)がこの時

空腹に耐えかね竹の葉を食べたので

それ以来この付近に生える竹の葉には

磨墨の歯型がつくようになったとのこと

余りにも切ない伝説ですね

119

ハイキングロードは林を抜け

茶畑に入っていく

本当にこの道でいいのかなと思えるような

狭い道で一本の足の幅さえない

120

ようやく自動車道にぶつかって

ハイキングコースはここで終わり

こちらから上ろうとしたらこの上り口は

きっと見つけられなかったかも知れません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

記憶された歴史の中で

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・⑱)

103

梶原山頂上からは清水三保は勿論

正面には日本平その山裾の草薙

そして静岡側には谷津山が見えます

谷津山の向こうには静岡市街のビル群

そして「花沢高草満景峰の焼津アルプス

106

この景勝の地は梶原親子終焉の地でもある

鎌倉幕府の最初から最後まで武勇をはせた

景時景季景高が時代に追われここで自害した

その史実(伝説)に因み命名された山

107

巨人の星の「梶原一騎」の景高

名馬磨墨(するすみ)の景季

「涙の二度駆け」親父の景時

鎌倉本体の武士と詠われた親子だ

104

栄枯盛衰は人の世の常と言えども

あの壇ノ浦まで平家を追い詰めた

源氏の武将達も終われる身となれば

鎌倉からわずかの駿河の名も無き山で

105

自害にまで追い詰められてしまう

宇治川の先陣争いに勝った景季の

絵馬の姿も少し寂しそうですね

でもその名声は梶原山として

永遠に残ることでしょう

108

石碑を見上げるように一本の大きな木がある

なんの木でしょうか

その名も「ナンジャモンジャの木」だそうです

時の流れとはナンジャモンジャだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

梶原山山頂

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・・・⑰)

096

帆掛山の一本松公園から一気に

梶原山を目指す

両側から覆いかぶさる木々の道

蜘蛛の巣を払いながらすたすたと

097

槙の大きな木の間を行くのだが

なぜか風通しがよい

みんな頭をちょん切られているけど

なんか意味があるのでしょうね

098

25分ほどでどうやら梶原山の入り口まで

到着したようです

梶原親子供養塚の案内

そうあの有名な梶原景時ゆかりの地

099

帆掛山よりは低いのだが

静岡側ではこの梶原山のほうが

名前は通っているようです

最後のゆるやかな道を登る

100

梶原山の頂上には展望台があり

ベンチもありますが

一本松公園よりはなぜか少し寂しい

雰囲気が漂っています

101

でも眺望はこちらの方がぐっと良い

清水方面を見ただけでも

視界が随分と広く感じる

もしかしたら静岡一の眺望かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

茶畑爽快

(寄り道東海道・Ⅵ・・・・・・・⑯)

090

どうやらここがこの辺では

一番高いところらしく前方に在るはずの

梶原山は見下ろすような感じです

門の柱には清水と静岡つまり境界線ですね

091

振り返ると四阿にいた女性達も

昼寝をしているようでした

公園を跡に一気に梶原山へ

予定ではかなり遅れています

092

ここを左に下ると霊山寺だそうで

桜に時期は綺麗だそうです

一般的にはここから昇ってくる人が

多いとのことだった

093

そのまま茶畑の中の道を行く

やっぱり茶畑は静岡側だけで

片側は見晴らしはほとんど望めない

目的地の景色も良くわからない

094

林に入ると親切にも擬木の階段があります

それでも脇の道が通れるので

階段を避けて下っていきました

ハイカーにとっては自然のままが好きです

095

茶畑は道が狭いけれど

景色が見える分だけ気分爽快

このコースでは今まで静岡市街地が

見えなかったけれど

ようやく見え始めてきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧