2009年8月 3日 (月)

おまけの230分

(空港へ・・・・・・・・⑨おわり)

Dscf5026

この日は緒っと近周りの散歩のつもり

時間は午後3時ごろだったので

このまま戻ろうかどうか迷った

迷った時は前に進めで歩きだす

Dscf5052

以前から一度来てみたかった勝間田城址

空港から歩いて70分もかかってしまった

このまま城址を散策すると帰りが遅くなる

駐車場で引き返すことにしました

Dscf5056

どうやら城址は山の上にまで広がり

行って来いで一時間はかかるだろう

高天神城同様戦国時代の要害です

いつの日かゆっくり来ることにしよう

Dscf5092

帰り道は来た道と違って

小高い尾根にある坂口工業団地を

通って帰るとSUZUYO倉庫の近くに

FDAの事務所があり谷の向こうが空港でした

Dscf5107

昨年熱射病寸前で歩いた

あの懐かしい空港トンネルを通過

ここは勿論空港直下にあるトンネルです

約一キロの長さはひんやりと気持ちよい

Dscf5143

牧の原大茶園を横切り

七福神の蓬莱へ戻ってきました

蓬莱橋の向こうに暮れなずむ島田市

勝間田城址から蓬莱橋の駐車場までは

160分もかかってしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

飛行機が一機もいなくなった

(空港へ・・・・・・・・⑧)

Dscf4956

食事の後二階の土産物売り場へ戻る

コーナーの一画に喫茶コーナーがあり

静岡の地元大井川の川根茶のサービス

無料だそうだが込み合っていたので次回に

Dscf4958

空港西側の展望台へ寄ってみる

皆さん集まっているところを見ると

どうやら間もなく飛行機が飛び立つらしい

一番身近にみられるところらしい

Dscf4966

お客様を乗せて滑走路を移動して行く

風向きの関係で西から東に向かって

飛び立つらしく展望席にの前を通過して

西側に向かう姿をカメラが追いかけていました

Dscf4996

JAL便が飛び立った後再びFDA一機残り

今度は反対側の逃がし側展望台の石雲院へ

ここは昨年の真夏に歩いてきたところ

カメラと三脚を持った人が2人いました

Dscf5006

話を聞くと離着陸を写すには

ここが一番良いポイントだとのこと

赤いFDAが今度は東まで移動して

一番端から西に向かって飛び立ちました

Dscf5008

ついに空港には一機も残っていません

2~3時間後には夕方の便が来るそうで

それまでは静かな空港になるらしい

せっかくなので少し周辺を歩き回ろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

ばなな食べながらおしゃべり

(空港へ・・・・・⑦)

Dscf4935

3階から人が降りてくる

展望デッキがあるようだから

飛行機が飛びったったのだろうか

とりあえず昇ってみよう

Dscf4936

3階に上がるとすぐに食堂

午後1時を回っていたけど

唯一あるレストランはまだ列が

寿司だけではなく何でもあるらしい

Dscf4939

展望デッキに出てみると

FDAの赤い飛行機が一機だけ

他には何もありません

しかもFDAはまだ就航してないと思ったが

Dscf4945

まあとりあえずリュックから

おにぎりを取り出して昼食タイム

隣に年配のご夫婦が座ったので

持っていたバナナを差し上げおしゃべりを

Dscf4952

そのうちにJALが着陸してきた

人びとが集まりだしたのはこのせいね

ご夫婦もこの着陸風景を見たかったらしい

見晴らしの良いところへ移動していく

Dscf4955

着陸風景を楽しんだ人たちも

今度は離陸するところを見たいらしく

なかなか立ち去ろうとしません

食事の後他から見ようと移動する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

一階から二階へ

(空港へ・・・・・・・・⑥)

Scf4925

一階へ入るとコンビニがある

でも出発前に買い忘れた物を

調達するにはやっぱりコンビニだね

地方空港には絶対必要

Dscf4926

正面には総合案内所

まだ慣れない田舎者には

強い味方でしょう

タカアシガニ苺ウナギがお出迎え

Dscf4928

チェックインカウンターは

飛行機が飛び立った後なので

閑散としているのが

ちょっとばかりさみしいね

Dscf4929

二階へのエスカレーターを昇る

お姉さんたちはすたすたと階段を

外光を十分入れたロビーの中は

とても明るい雰囲気ですね

Dscf4931

2階では大きな富士山の写真

それに有名版画家の絵と

ミニチュアの富士山の置物

記念写真にはぜひここで

Dscf4932

国内線も国際線も同じところにあり

わかりやすさではこの上ない

出発ロビーを探してうろうろするのは

ここではあり得ませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

空港ビルへ

(空港へ・・・・・・・⑤)

Dscf4906

雨にぬれてしまう前に

なんとか建物まで到着できるか

2000台の無料駐車場も

まだ空きがあるようです

Dscf4911

駐車場の向こう側の丘には

四阿があって人びとが群がって

飛行機の発着を眺めているようです

後でそこまで行ってみよう

Dscf4917

駐機場に一機だけ赤い飛行機

ブラジル製のエンブラエル型機

FDA(フジドリームエアライン)の

新鋭機の一つのようです

Dscf4918

空港ビルへの歩道には

旅馴れた感じのお姉さんが

さっそうとタームナルビルに向かって

旅行バックを引っ張っていきます

Dscf4922

ターミナルビルの目と鼻の先に

お客様駐車場がありとても便利ですね

屋根の形もスマートでさすが空港

静岡もいよいよ空港のある都市へ

Dscf4924

駐車場のまん前にビルへの入り口

富士山静岡空港という文字も

何となく初々しくてうれしいね

始めてはいるのでうきうきした気分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

とうとう雨粒が落ちだした

(空港へ・・・・④)

Dscf4874

空港脇を歩いて行くうちに

再び飛行機が飛び立っていく

開港したばかりで飛行機が少ない

これでは到着まで飛行機が残っているか

Dscf4880

空港の北の隅までやってきました

大きくカーブしていよいよ表側に

この左側がニュースになった立木の

あった場所ですが道路からでは見えない

Dscf4888

カーブの斜面にはキノコがいっぱい

どこかの山から持ってきたものか

それともここに元からあったのか

文明を笑うがごとく自然がほほ笑む

Dscf4893

カーブを曲がり切り西側に出ると

前方に空港ターミナルの建物が

小さく見えてきました

空の様子があやしくなりました

Dscf4899

開港から一カ月で見学者も

だいぶ少なくなってきたのでしょう

それでも搭乗客とはレーンを分け

まだ渋滞の心配をしているようだ

Dscf4900

空港直前になり大きな雨粒が

勢いよく落ちだしましたが

合羽を着ようかどうしようか迷いつつ

とにかく早足で歩きだした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

青い機体が飛び立って

(空港へ・・・・・③)

Dscf4833

大茶園の向こう側に

少し盛り上がった山と管制塔が

小さく見えてきました

空港は谷の村を一つ越えた先

Dscf4834

茶園の端の坂道を下る

蓬莱橋からはほぼ一直線の

西の方向です

空は今にも泣きだしそうだ

Dscf4841

坂を下っても茶園は続きます

谷の村の向こう側の岡が

いよいよ富士山静岡空港です

自然と文明の狭間に時は流れ

Dscf4855

谷の村に降りると案内板が空港を指す

少し南下して右に曲がる道を

曲がって坂を再び上ります

暑い日だったら田舎道は辛い道

Dscf4857

幸い雨が降りそうな空の色

緩やかに上る空港への道

まっ平らな滑走路の岡が見えます

大韓航空の青い飛行機が飛び立って行く

Photo

滑走路の岡に沿って

真っ直ぐに伸びる自動車道

でも歩道の広さに驚きます

私一人ではもったいない広さです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

蓬莱を越えて

(空港へ・・・・・・②)

Dscf4797

全長約900mの蓬莱橋

何度も橋桁がさらわれ崩壊しては

また修理され復活してきます

新しい橋の欄干の色が白く見えます

Dscf4804

蓬莱橋は蓬莱への道標

まずは恵比寿様がお出迎えです

ここはJR主催のウォーキングコース

もう何度も渡ったお馴染みの橋

Dscf4809

観光バスのお客様だろうか

雨上がりの道を降りてきました

今日は雨に降られることを覚悟

雨具の支度もいつも通り万全です

Dscf4817

大黒様と毘沙門様にお参りして

弁天様のところまでやってきた

ここを左折すればいつものコース

今回はそのまま直進して坂を登る

Dscf4824

やや急坂をゆっくり上る

覆いかぶさる木の葉から

雨上がりのしずくが肩に落ちる

暑さをしのぐには絶好です

Dscf4831

坂を登りきった先は牧の原大茶園

新芽のころの霜よけの扇風機が

ズラーッと並び畝を見守っています

明治維新の武士たちの悔恨の賜物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

いつもの蓬莱橋へ

(空港へ・・・・・・・①)

006_2

空港が開港して1カ月過ぎた今月初め

梅雨空でどこへも行けない心を

晴らすように近周りを歩こうと

念願の静岡空港へ歩いてみた

Dscf4782

梅雨の間隙をぬっての歩きだったため

スタートは毎度おなじみの島田蓬莱橋

この日はなんと観光バスが止まっていました

駐車場もかなり混んでいます

Dscf4784

橋守はその昔名物おじさんでしたが

今では若い60前後のおじさんです

賃取り橋で有名な蓬莱橋は

現在通行量は100円でした

Dscf4785

橋の袂には昔と変わらず

「世界一長い木造の橋」と言う

ギネスブック認定の証書が

石に刻まれ輝いていました

Dscf4786

映画テレビドラマコマーシャル映像で

何度も使われた蓬莱橋は

勿論私ウォーキングでは何度も

登場して楽しませていくれている橋です

Dscf4789

この橋の向こう側にある牧の原台地

全国有数のお茶の産地でもあり

近代日本のお茶文化の原点でもある

その向こうに富士山静岡空港があります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

神様の住むところ

(八幡山散歩・・・・・・⑥おわり)

032

八幡山といえば八幡宮ですね

実はここへ寄るのも初めてでした

全国にある八幡宮で祭神は

誉田別尊(ほむたわけのみこと)

033

応神天皇といわれるています

源氏ゆかりの神様でここも

家康が戦勝祈願で建てたようです

境内は工事中で古い狛犬がにらんでいます

035

大きく見えていたのは拝殿で

本殿はその奥の急な階段の上

この坂は普段は通行禁止だそうです

それにしても急な階段でした

040

本殿を取り巻くように

さまざまな神様がいらっしぃます

どうやら八幡宮以前から

この山にいた神様のようです

042

いざなぎ・いざなみの神様も小さな祠でした

その前の燈篭も遺跡のように壊れたままの状態です

日本版アダムとイブのように大切な神様でも

後からやってきた神様のほうが強いのかな

047

のんびりした一日を八幡山で過ごし

焼津の戻ったのはもうすっかり夕暮れでした

わが町の「三丁目の夕日」の中にも

やさしく見守ってくれている神様がいるようでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧