2009年1月21日 (水)

日本平に陽が沈む

(2009初乗り・・・・・・⑦おわり)

037

新港の岸壁で釣りをする人を後に

出航して行きます

釣り人たちの狙いはナマコでした

たくさん取れているようです

038

沖に出てからも風は向かい風

なかなか船は進みません

カモメが船の周りをかすめながら

私たちを見送っているようでした

041

清水港から大きな貨物船が

タグボートに引かれやがて出航していく

私たちの船は日本平を正面に見て

港に向かって帰っていきます

042

エスパルス・ドリームプラザの

できたばかりの大観覧車のシルエットが

傾きかけた陽の中に浮かび上がる

港内の波はとても静かでした

044

夕陽の岸壁に船をつけます

船酔いなんか全然無く

快適な今年の初乗りでした

載せてもらっただけだけど

045

ヨットの旅は大好きです

しばらくは間寛平氏を見守って

応援していきたい気分になりました

日本平にもうすぐ陽が沈みます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

世界一の桜海老漁港

(2009初乗り・・・・・⑥)

033

由比漁港は世界一の「桜海老」漁港

それもそのはず日本一深い湾を持つ

駿河湾の富士川河口付近でしか

漁をやっていないからです

031

港では12月はほぼ毎日

かき揚や天丼を食べることができます

丁度お正月は休みだったようです

生の桜海老のかき揚は天下一品

032 

漁は春と秋の二回に限定され

もちろん産卵期の夏は休漁だそうです

したがって小さな港には船が停泊したまま

ぎっしり詰まっていたわけだ

034

船尾の上に乗っている駕籠は

スクリューにかぶせるものだそうです

なぜなら網を引き上げる時

引っかからないようにするためとか

035

船の中にはなぜかストーブがあります

たぶん漁に出ている間に料理するためか

そういえば由比の名物「沖あがり」があり

味噌汁に桜海老をぶち込むだけの汁

このストーブで漁師が作るのでしょうね

036

船尾に金属のパイプを取り付け

網を引き上げる同じ仕様の船

みんな桜海老漁専門の船だと

一目瞭然に分かりますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

ちょっと上陸

(2009初乗り・・・・・・⑤)

025

お昼の時間です

それぞれが持参したおにぎりやパン

それに船で用意していたカップめん

船上で食べるカップめんはとてもおいしい

026

昼食のあとは上陸して散歩です

釣り人の邪魔にならないところへ

船を係留して新大陸へ

船上ではほとんど歩かないので

027

歩くことも新鮮に感じますね

観覧席に見えた巨大な塊は

蒲原沖へ沈めて波の勢いを緩め

海岸を守るものだそうです

028

由比の港は東名高速の橋桁と

国道一号線バイパスにはさまれた

まるで水溜りのようなところ

とてもちっぽけな港です

029

新港は立派ですが旧港の入り口は

こんなにも狭くて波消しブロックだらけ

いかにも田舎の雰囲気があって

とてもいい感じですね

030

狭い港の中には漁船が

ぎっしり詰まって並んでいます

普通は岸壁に一隻ずつ並ぶのだが

ここでは横列駐船していますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

新しい由比の港

(2009初乗り・・・・・・④)

019

由比(ゆい)漁港に舳先を向けたけど

一向に前に進まない

前方の山の間から川筋にそって

風がこちらに強く向かっているらしい

020

いわゆる名勝薩埵(さった)峠を眼前に見て

由比の町がいかに狭い陸地に街道が

作られているかがわかります

ペラを動かしてやっと漁港にやってきた

021

帆を降ろしていよいよ入港です

前方の白い橋桁は東名高速道路

手前の防波堤が新らしい港のようです

こちらから由比漁港を見るのは初めて

022

港内に入ると釣りをしている人が

あちらこちらに大勢いました

一隻も漁船がいないので釣り人も

清々と釣りができるようです

023

このあたりでは大きな港ですが

船らしきものは工事用のクレーン船

だけがひっそりと浮かんでいます

その向こうの富士山も雲に隠れました

024

見た目には港は完成しているようです

周囲の建物はまだ有りませんが

白い巨大なものを作っている様子です

競技場の観覧席みたいな感じですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

富士山瑞雲

(2009初乗り・・・・・・③)

012

風で傾いた船上で男達は

平気な顔で作業しています

帆を一つ小さいものに変える判断

せっかく張った帆を片付ける

014

小さい帆を張り終えて休息

広重の絵に出てくる由比方面

風任せのゆったりとした時間が過ぎる

富士山は相変わらず雲の中でした

015

優雅な風の旅

波も静かで居眠りが出そうな

ヨットの旅です

いつの間にか雲間から富士山が

016

次第に雲が切れてゆき

富士市もはっきり見えてきました

初乗りを祝福しているような感動に

うっとりと見ほれてしまいました

017

富士山5・6合目あたりに

瑞雲がたなびいています

お正月らしい一幅の絵が

私たちを歓迎してくれています

018

でもそれもつかの間

頂上付近にまた雲がかかり始める

お昼の時間を目標に

船の舳先を由比の港に向けました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

風に傾く

(2009初乗り・・・・・②)

007

清水港は大きな貿易港

駿河湾に突き出した三保の松原

天然の良港ですが経済の波に洗われ

ボーキサイトの山もチョット寂しそう

008

大きな船は外国の貨物船だろうか

お正月と言うことで港は静かでした

少し小型のヨットが快適なスピードで

我々を追ってきた

010

帆も小さめですがペラが優秀らしく

どんどんと先へ進んでいきます

ヨットのシルエットはどれも素敵だけれど

乗っている人は自分の姿を見れないね

009

こちらもいよいよ帆を張りはじめた

私は毎度のことで見ているだけ

男達は手際よくほいほいと張ってゆく

みんなそれぞれヨットのオーナーです

011

メインを張り終わり今度は

前側の帆を張るとのこと

船長が風を読んでどの帆を張るか

決めて指示を出しました

013

帆を張っている途中から風が強くなり

張り終わらない前から風に煽られ

船が大きく右に傾いた

どうやら大きな帆を選びすぎたようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

光射す新年の海

(2009初乗り・・・・・・①)

Dscf1027

今年は珍しく1月1日から晴天続き

明るいお正月を迎えたかと思いきや

初乗りの1月4日だけは朝から曇天

今にも泣き出しそうな空模様

Dscf1035

清水港へ向かう途中時間調整で

久能山下のコンビニに寄る

東照宮に初詣客が訪れるのでしょう

道路には交通整理の人が出ていました

Dscf1029

東照宮前の海辺では

雲間より日が射していて

神々しい新年を演出しています

暗い海も一部光っていました

Dscf1042

駐車場で近所のおじさんと

昔話に花を咲かせてました

友人と合流いよいよ出航です

波も無い穏やかなお正月です

Dscf1046

ところがやっぱり海は海

風が出ると随分寒い

完全防備に友人と違って

チョットばかり下半身が寒かった

Dscf1048

折戸湾も波は有りません

いつも日本丸が接岸する日の出埠頭

その向こうに見えるエスパルスドリプラ

今年はそこに大観覧車も加わっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)