2008年11月28日 (金)

秋の思い出を胸いっぱいに

(秋の畑薙を行く・・・・・⑬おわり)

076 

赤い畑薙橋まで戻ってきました

山の影が永く尾を引き出していますが

まだまだ太陽は持ちこたえています

やっぱり往きとは違った輝きです

077 

橋を渡ってすぐの道で

突然ガラガラと岩石が落ちてきました

後から来た自転車軍団を制して

少し様子を見ました

目前だったのでとても怖かった

081 

難を逃れ自転車軍団も無事に通過

その後は一気にゲートへ向かいます

ゲート近くでは家族連れも

紅葉見物で散歩していました

086 

沼平ゲートへ到着しました

紅葉を見に来た人たちがたむろしていて

私達の話をきいて驚いていました

ゲートより上流には行く気が無いようでした

088 

巨大なダム湖である畑薙湖には

もう太陽が斜めに射しだし

湖面はあくまでも静かに

秋の最中にありました

091

下流の畑薙第2ダムのところにある

赤石温泉白樺荘午後4時までの営業

滑り込みセーフで間に合いました

来年からは新しい場所へ移転らしく

これが最後の入浴になりました

紅葉を見ながら最高の気分です

南アルプスの好きな皇太子殿下も

この無料温泉にお寄りになったそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

紅葉が日に輝いて

(秋の畑薙を行く・・・・・⑫)

068

中の宿吊橋を過ぎたあたりから

もみじの葉裏をすかして太陽が

顔を出し始めました

たたりの景色が騒ぎ出す

T028

山の頂上辺りが日に照らされ

明るくなってきました

いよいよ紅葉がその姿を

表してきそうです

T027

山の天気は変わりやすい

一気に晴れ渡りました

空も木々も川の水も

みんな輝いています

070

同じ景色のはずだけれど

午前中とは全然違った姿です

それぞれ違った色で

自分たちの存在を詠っています

069

早足になるはずの帰り道が

またまた道草ばかりになりました

せっかくの畑薙の旅に

自然はチョットだけご褒美をくれました

074

山の上から河原まですべて

輝いています

まるで我も我もと競い合って

今日の一瞬を生きているようでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

中の宿吊橋の唐松

(秋の畑薙を行く・・・・・⑪)

065

往きに通り越してきた中の宿吊橋

やっぱりわったって行きたくなって

橋の袂で休憩していたご夫婦に

チョットどいてもらいました

T023_2

この吊橋こそ以前は隙間だらけで

板が壊れ誰かが足を踏み外したようだったが

ここもアルミ板2枚に変わっていました

全然怖くありません

062

この吊橋は笊が岳の登山入り口でもある

橋が対岸に近づくにつれ足元にも

黄葉がせまってくる

それは鮮やかな黄色です

T024

お昼休みには遠景として下から

唐松を眺めたけれど

ここでは中空から見ることができます

天気こそ曇りだけれど

061

輝くような黄色の唐松は

木そのものが内から燃えるような

情熱を吐き出しているような

激しさを感じることができました

066

吊橋を後にするときに

また次のお客さんが来て渡り始めました

周囲の秋の草花とあいまって

まさにこれ以上の秋はありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

秋の山の脇役たち

(秋の畑薙を行く・・・・・⑩)

T021

川沿いの道には様様な植物が見えます

林の中ではなく少しだけお日様のあたる

ところの方が花や実は好きなんだろう

キノコは枯れ木にそのまま干し椎茸みたい

016

それぞれの花や実の名前は

正確ではないけれどそれらしい名前

これはコバノガマズミでしょうね

赤い実が自己主張です

056

こちらはセキヤノアキチョウジかな

以前二軒小屋の近くで見たことがある

下草も枯れて木の枯葉に埋もれそうになっても

オイラはここにいるぞと言っています

082

キブシの実も湖面にむかって

今にもこぼれ落ちそうにぶら下がり

地味ながら秋の実りの仲間入り

季節に参加することに意義がある

083

ムラサキシキブの大木は

視界いっぱいに実をつけていました

街角で見る木は小さいけれど

この自然の中ではのびのびとしていました

T022

紅葉と木の実に負けまいと

花として秋を彩っているのは

ツルリンドウのようでした

清楚な美しさにしばし足を止める

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

秋色輝きだして

(秋の畑薙を行く・・・・・⑨)

T020

のんびり食事をとった後

再び崖の上の道まで戻る

岩だらけの沢をよじ登り

潅木を振り払いながら登りました

051

少しだけ明るくなっただけで

紅葉が生き生きとしてきます

同じ道を帰りますが違った色を

見せて別の道みたいです

052

モミジの葉も輝きだして

目に見える景色も逆向きで

新鮮な感じです

秋は晴天がたっぱり似合うね

053

すぐ隠れがちな太陽に

隠れるな隠れるなと祈りながら

ゆるやかに下る川沿いの道は

足も軽快に弾みます

054

ススキの花もまだまだがんばっています

熊やカモシカだけが見ているなんて

この景色はもったいないね

一年に一回はここへ着たいと思います

055

往路では坂の登りは気にならなかったけど

下りではゆるやかな坂であることに

足が気が付いたようです

登り2時間半で下りは少しは早いかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

一瞬の輝きも

(秋の畑薙を行く・・・・・・⑧)

039

河原へ下りる道はどこにも無い

沢の近くの潅木の中を

すべりながら降りることにしました

お弁当を食べるのも大変です

T017

潅木の斜面から沢の岩伝いに

ようやく下へ降りることができました

さすがに水の流れはきれいです

下へ降りた甲斐がありました

049

見上げてみると背丈より大きな石が

ごろごろしています

この間を縫って降りてきたんだね

写真で見るよりもっと凄いところでした

042

崖の中腹に白く道が見えます

結構高いところを歩いているのです

河原で昼食タイムです

上で見るよりまた違った美しさ

044

何といってもこの唐松林がいい

天気が悪いのが残念ですが

それでもこの景観は十分楽しみです

唐松の紅葉は初めてでした

046

食事中少し空が明るくなってきた

あたりの紅葉が急に輝きを増し

鮮やかな朱色の光を発します

つかの間の輝きもまた雲が覆ってしまった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

唐松の林が見えた

(秋の畑薙を行く・・・・・⑦)

034

いくつかの沢では水の流れを

覗き込むように紅葉は光り

そこだけは異空間を創り出す

しばし心休まる

035

ダムから2つ目の中の宿吊橋

夏の頃は橋の下に広がる緑が

とても素敵で好きだった吊橋

今回は先を急ぐため素通り

T013

急ぐ割には景色を見るのに余念がない

それほどこの道には旅人を惑わす何かが

いたるところに存在しているのだろう

指差す彼方には何があるだろう

037

椹島・二軒小屋に続くこの道は

大井川の流れのかなり上を走る

河原の降りられそうでいて

降りる道さえ見つからない

T014

目の前にある綺麗な川の流れも

水に映えるモミジの紅葉も

すべて少しはなれれてみるだけ

そこにまた魅力があるのかもしれない

038

正面に赤石ダムのある鳥森山が見えてきました

そこまで行くのは時間的に無理と判断しました

そこで河原に見える唐松の林を目指し

昼食のため下へ降りる道を探しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

紅葉沢まで

(秋の畑薙を行く・・・・・⑥)

T008

日が出ていたらどんなに綺麗だろう

チョットばかり残念だったが

点描画のような木々の色合い

小さな吊橋も対岸に見えます

030

畑薙橋の赤い色が景色にマッチ

緑の夏のもこの橋は景色に合っていた

しばし橋の上でゆっくり周りの景色を

心行くまで堪能しました

031

畑薙橋からは「赤崩れ」が見えます

二軒小屋からの帰り昼食中に

サル達の戦いが繰り広げられた

砂利の斜面です

T011

その砂利の壁の上にある山肌

そん絶壁を流れ落ちる滝が見えます

左側の上のほうですが近くでは絶対に

見ることができないでしょうね

スケールの大きな景色です

032

余りの景色に少しペースが落ちているかも

やっと紅葉沢まで着ましたが

まだまだ先があります

ままのペースでは目的の

033

赤石ダムまでは予定時間には着かない

でもそれはそれで良しとしましょう

帰りの時間と相談して行ける所まで

その後は気分次第でどうにでもなるさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

赤い畑薙橋へ

(秋の畑薙を行く・・・・・・⑤)

024

登山客が去った後

どんなところを降りてきたのか

チョットばかり偵察に行く

やっぱりこの靴では登れない道だった

025

少し登って振り向くと

木の間隠れに青い湖面が見え

周囲の景色に映え幻想的に

見えてくるのが不思議な感じ

026

ここで少し遊びすぎてしまった

名残惜しい気持ちもあったけど

再び大吊橋を渡ってもとの道へ

戻ることにしました

T006

足元の木々は絶妙な色合いで

鮮やかに湖面に映えています

自然はなぜかいたずら好きですね

どうしてこんな色合いを出せるのだろう

027

元の道に戻りしばらく行くと

水の音がする小さな滝だ

真夏にはしばらく涼をとった場所

紅葉の頃も元気に水はほとばしる

028

この道がなぜ一般者通行止めか

それは崩れやすい軟弱な山肌により

いつ事故が起きるか分からないからです

2年前には大丈夫だったところが

このように補修工事の最中でした

029

懐かしい赤い橋

そうあの畑薙橋に到着しました

もうここではダム湖も終わり

あとはずーと二軒小屋まで

川筋が続いていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

畑薙大吊橋は紅葉の中に 

(秋の畑薙を行く・・・・・④)

019_2

2年前(ブログ2006年9月2日参照)の

満緑の頃この吊橋は板一枚幅で

とてもスリルがありましたが現在は

2枚幅でしかもアルミ製になっていました

T005_2

あのときのスリルは味わえないけど

今度はこの紅葉の中に入って行く

その感じがとても素敵です

この畑薙大吊橋は茶臼岳の入り口でもある

020_2

吊橋の向こうで私達3人が

渡りきるのを待っていていくれる人がいた

4時間掛けて茶臼岳から降りてきたそうです

チョットお疲れの様子でした

021_2

吊橋は紅葉を真横から見れますね

前後左右上下すべてが紅葉で

まるで紅葉に抱かれている感じです

しばらく立ち止まっていたい

022_2

吊橋を渡りきって振り返ると

対岸の紅葉も歩いていた時よりも

より美しく広がって見えました

人間の手では作り出せない自然の美

023_2

南アルプス茶臼岳よりもう一人

登山客が降りてきました

写真を撮り合ったりした後

彼らは吊橋を帰っていきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧