2009年7月25日 (土)

いつの日か三度頂上へ

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・⑫おわり)

131

国道138号まで戻ってきました

私の歩き旅のテーマのうち

最も完歩が難しいのが山が多い

この「県境を行く」シリーズです

132

振り返ると一日往復した富士山が

くっきりをその姿を見せています

結局あの雲の下をてくてく歩いたので

頂上をそばで見ることができなかった

133

でも一日楽しんだことを感謝して

浅間神社にお参りしていくことにする

本殿が丁度修理中でしたが

荘厳なる境内を散策

136

境内には富士山の湧水が

こんこんとわき出でて

ひんやりとした森の中に

涼しい風を漂わせていました

140

江戸の昔から全国から富士山を目指し

多くの人たちがここをお参りしています

今ではほとんど5合目まで乗り物で行き

そこからの登山になりますが

141

先人に倣いこうして浅間神社から

歩いて富士山を目指すのも

また良いものだと実感しました

いつの日か3度目の頂上へ挑戦です

県境を行く・Ⅲの終わりです

このシリーズは10年くらいかかりそうで

それまで元気に歩き続けたいと念じています

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

カッコウを赤松に聞く

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・・⑪)

112

富士山のすそ野はキノコの宝庫

残念ながら私には見分けがつかない

鮮やかなおいしそうなキノコだが

素通りして行きましょう

117

見上げればサクランボが実り

鳥たちの声も一段と喜びあふれ

生き物たちの楽園のよう

私の足も快調に運びます

118

鳥の看板まで戻ってきました

12kmの半分の距離だから

最高で1時間で下れるはずが

ここで1時間以上もかかっている

120

坂道を下るとき常にブレーキをかけて

歩いているために遅くなっているようだ

ブレーキをやめると前にのめりそうになる

以前怪我をしたことがあるのでやめた

125

赤松並木まで戻ってきました

今度はこの並木の道を歩いてみる

山開きのためか下草が刈られ

とても歩きやすい

126

カッコウの掛け合いの声に

ふと立ち止まり姿を探す

所詮見えるはずの無い姿の向こうに

篭坂峠の山並みが映っていた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

コバボガマズミ白い花

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・⑩)

090

帰り道は同じアザミロード

今度は鹿がお出迎えですが

カメラをかまえた時にはすでに

逃げ去った後でした

091

山の栗の実も花が咲き

その目立たない姿を

何気なく旅人に見せながら

ほほ笑んでいました

096

マルバタケブキと言うの蕗は

旅人の足を止めるに十分な存在感

この茎には瘤のような塊が

あと1週間もすればその正体が現れるか

098

グングン下る坂道でも

ブナ林だけは森の主

どんな木々にも増して

不思議なオーラを醸し出す

101

緑濃き森になってこの時期

白い花々が唯一の彩りだ

コバノガマズミの小さな花だって

集まってみれば星の世界だ

108

路傍のイチゴを摘まんでみる

小さな小さな実だけれど

とても甘くてやさしくて

初恋の日の頬の色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

こけももソフト

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・・⑨)

076

富士山は世界自然遺産を断念し

今は世界文化遺産として登録申請中

なんとかその美しき文化を守ろうと

バイオトイレを考案して奮闘中です

074

休憩所売店はこれから上に行くに従って

値段も高くなりますね

大きなソフトクリームの看板が

ウォーカーの疲れた体を誘惑します

079

したがって食後のデザートに

コケモモソフトは当然ですね

少し椅子に横たわり昼寝させていただく

あまりの気持ちよさに時間を忘れた

084

大駐車場は売店より少し上

シーズンになれば当然満車

通行規制が敷かれます

富士山を覆う雲はますます増えて

083

激しく動き回っています

見ている間に山肌が見え隠れ

それでも眼前に広がる雄大さは

このあたりから見るのが一番迫力がある

087

上の駐車場から左に向かうと

「幻の瀧」と言われる滝があるとのこと

5月の雪解けのころには龍神が現れるが

この日行ってきた人の話では枯れていたそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

須走口五合目についた

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・⑧)

068

かなり疲れていたのだろう

道路前方に青い建築物を見つけ

そこが五合目だろうと思いこむ

近づいたら只のガードレールだった

069

思い直してカーブを曲がると

眼前に雪の残る富士山が

頭を雲に隠したまま現れた

感動の一瞬でした

071

目を右に転ずると建物が見える

今度こそ五合目に到着です

駐車場は左へ登ったところですが

こちらにも車は入れるようです

072

富士宮口5合目は2400mですが

須走口は2000mと低いようですね

それでも標高差1200mを登ってきた

12kmを4時間がかりでした

073

山荘売店前でおにぎりをいただく

お店の人が温かいお茶を持ってきた

少し塩味がついたおいしいお茶です

空気がおいしくて気分爽快です

075

山開き直前だったけど

小富士へのハイキングへは

多くの人が楽しんでいるようで

数人の人たちが帰ってきました

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月20日 (月)

自転車に抜かれてしまう

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・・・⑦)

058

随分登ってきた感じがする

足取りも重くなってきました

でも自転車のお兄さんは

ペダルを快調にこいでゆきます

060

どうやら3合目と4号目は

同じところらしく一枚の看板に

二つの住所が書かれています

と言うことは次が5合目になるね

061

根を洗われた木は

他の木にもたれかかり

まるで自分自身で立っているような

そんな幻影さえ感じます

063

時々木々の間に見える富士山は

頭を雲の中に入れたまま

雪の残る裾を少しだけ見せています

最高の富士を期待していたのに残念です

065

ど根性シリーズにアザミも加わり

ほんのちょっとの隙間に

その命の灯をともしています

富士にはアザミが良く似合う

067

道路標示は11Kmになり

残り一キロでいよいよ5合目です

空気も心なしか冷え冷えとして

もうカッコウの声も聞こえません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落とし文の季節に

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・⑥)

041

一合目の馬返しを過ぎると

グランドキャニオンの案内

「富士山検定」で知った名前ですが

やはり演習地内で入れないようだ

046

あたりの原生林は樹海を思わせ

苔むす岩は次第に深山の雰囲気

富士山の樹海はいつもながら

その明るさが大好きです

048

路傍の草むらからはオダマキの花

この緑の季節の中に強烈な色で

その存在で旅人に呼びかけています

心休まるひと時です

053

やがて二合目の「狩休かりやす」を通過

その昔、自然の生き物が多くいて

狩りが盛んに行われていたのだろうか

このあたりで狩りの休憩でもしたのでしょう

056

足元に「落とし文」がたくさん落ちていた

ウォーキングを初めて知った巻物

またこの季節がやってきたのだと

懐かしい思いにうれしくなります

057

あいかわらずしっかり巻いてあります

遠い過去の恋人からの手紙

そんな思いにいつも駆られます

この季節山を歩く一つの楽しみです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

馬返しを過ぎて

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・⑤)

031

せっかくの旧登山道も

ロープでとうせんぼされています

その向こうには演習場があり

足を踏み入れるのは怖いです

032

人間の仕業とは裏腹に

森の生態系は季節をたがわずに

営々といとなまれているようです

泡の中には何が入っているのかな

035

ようやく一合目に達しました

五合目までの道中12kmの

ちょうど半分と言うことですね

ここも旧登山道の入り口です

036

森の入り口には木の鳥居が

緑の中に隠れています

その昔旅人たちはここをくぐり

富士山頂を目指したのでしょう

037

鳥居から数歩森に入ったところで

やっぱり立ち入り禁止です

この緑の森を歩いてみたい衝動を

ぐっとこらえて自動車道に戻ります

038

登山ポストがありました

今の時代果たして誰がいつ使いのか

それでもいよいよ山中の雰囲気に

なってきましたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

マタタビの葉が光る

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・・④)

022

天気は良好なのに富士は隠れたまま

道はくねくねとカーブばかりだけれど

はじめは快調だった足が次第に重く

休む間隔が短くなってきた

023

それでも道の両脇の草はきれいに刈られ

さすが「ふじあざみライン」と言うだけあって

ふじあざみだけはしっかり刈り残されています

まだ花芽は出てきていません

024

木々を見上げればマタタビの葉が

白緑の鮮やかなツートンカラーで

旅人の目を癒します

又旅に元気が出ると言うもの

026

森林に囲まれた道路は

カーブの付近でたまに

富士山を写しだすけど

わずかに見える裾に雪がまぶしい

027

静かな森の中に参加する一人

幾多の動物たちが私を見つめ

笑っているかもしれないけど

この木切れがあれば百人力

030

「旧登山道」の石の標識

でも自衛隊基地から出て

自衛隊基地に再び入る

「旧登山道」は歩けない道なのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

はなみずきの白い花に

(県境を行く・Ⅲ・・・・・・③)

016

きれいに刈られた道の脇を

歩いて行くと足裏も気持ち良い

でもとにかくこの長い直線の坂

なぜかしら息が切れました

017

旧一里松・・浅間神社から見て

富士山頂上へのここが一里

なだらかな坂道なのに

とても息苦しいのはなぜか

018

直線が終わるころ大きな看板

「ふじあざみライン」とあり

鳥の絵がいっぱい描いてあります

どうやらここから曲線になるようだ

019

長い直線で息苦しかったのに

カーブの多い道に入ったとたん

足取りが不思議なほど軽くなりました

あまりの快調さにすこしセーブする

020

急に小さな藪蚊が多くなる

大きなアブには効かなかったが

何故か藪蚊には効果てきめん

さっと一振りで虫がいなくなりました

021

鳥の声にふと周りを見渡すと

はなみずきの白い花が

私を見つめていました

さあまた元気に歩き出しましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)