« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

ドラえもんムックダハーンに来る

(ムックダハーン・ⅩⅡ嵐・・・・・・・・・・③)

112 

(ドラえもんがラブ・ミへ到着)

(19900831(金))

如何に遅いといえども終わりの

雰囲気が徐々に検査官にも

現れ始めてきた

私も最後の仕上げにかかった

突然ヤソトーンのドラえもんから電話

今からムックダハーンに遊びに来ると

どうやら鯰男とヤソトーンのレイバーが

週末一緒に遊びたいらしく一緒にくると

言うことでどちらかが出しに使われたらしい

いずれにしてもドラえもんの登場は

ムックダハーンでの私の救世主に

なっていて深みから私を救いに

来てくれるのかも知れなかった

ラブ・ミを待ち合わせ場所にして

夕方5時過ぎから待つことにした

時間的には6:30来るだろうと

食事もしないで待っていたが来ない

なかなか現れないので心配した

8:00過ぎになってようやく到着した

ラブ・ミで少し飲んでからホテルに戻る

そのままSIAMへ行きゆっくり飲みながら

オカマのスガーに頼んでマイクを受け取り

「スバル」を熱唱する

タイ語で2番まで完全に歌うことが出来た

ドラえもんも余裕が出来てきたらしく

バンコク帰還のカウントダウン状態

彼はこの国へ来た当初一緒だった鼠男が

ムックダハーンより近いロイエットに赴任して

いたのだが週末を過ごすのは遠くても

ムックダハーンの方が良いと言ってきたのだ

彼の情報によると私が最初に赴任した

ピチットの八戒は検査も終わり

明日バンコクに帰還するそうだった

同じ時期に戻ろうとしていた私は

ちょっと残念な気持ちになった

せめてドラえもんと一緒に帰りたい

そんな気持ちになって来た

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

涙の誕生パーティー

(ムックダハーン・ⅩⅡ嵐・・・・・・・・・②)

094

(ダーウさんの誕生パーティーにて)

(19900830(木))

昨日一緒に帰った客先の人と

今日も一緒に帰ったが

彼は酒を買って行けとアドバイス

私は花がの方が良いと言って

彼を付き合わせて市場に行ったが

夕方でもう市場も閉まっていた

彼とフォーモスで夕食をとった

彼は明日が最後で地元に帰ると言ったので

一緒にダーウさんの家に行こうかと誘う

フォーモスでテーブルに飾ってあった

薔薇の花を一輪いただいて

二人してダーウさんの家に行く

恐る恐る店先で声をかける

奥からダーウさんが感激の面持ちで

私たちを迎えた

以前カマス君からもらったコケシ人形と

一輪の薔薇の花を差し出すと

彼女の眼は潤み私一人だったら

彼女は私に抱きついていたろう

家の奥に案内されて驚いた

男性も女性もいて25人ほどが集まっていた

勿論ムックダハーン今日学校の先生の

顔見知りの人たちもいた

みんな陽気な人たちばかりで

飲めや歌えの大騒ぎだった

唯一の失敗はフォーモスで食事したこと

でも寄らなかったら花も手に入らなかった

みんなが私とダーウさんを冷やかして

今から二人でホテルへ行ってしまえと

まことしやかにはやし立てる

ダーウさんもまんざらでもない風に

途中から私の横にぴったりと寄り添う

私が席を移動してもまた付いてきて

寄り添って離れなかった

大きなバースデイケーキが出てきて

パーティーも最高潮に盛り上がった

10時ごろになってもまだ誰も帰らない

実は私は体調が少しだけ悪かったせいで

一緒に行った人と帰ることにした

玄関まで送って来たダーウさんは

また来てくれるかと念を押す

私はもうすぐこの街を去ることを告げる

彼女の眼には涙が光っていた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

台風接近す

(ムックダハーン・ⅩⅢ嵐・・・・・・・・・・①)

079

(美人コンテストの夜・寒そう~)

(19900829(水))

巻き込まれたペースを

自分のペースに戻さなくては

連日の雨

大型台風がベトナムに上陸して

ラオスを横切りこのイサーン地区を

横切ってチェンマイ方面に抜けると

ホテルの一階にあるTVが写しだす

もう一つの台風が中国方面から

日本に向かって進んでいる

ホテルのお客さんは食い入るように

一台しかないテレビを見つめていた

台風は210日を照準に日本へ向かっている

インドシナ半島にいて日本を見つめ

この半島の4つの国を一気に駆け抜ける

台風の真っただ中にいて自分のいる位置を

改めて面白く感じた

帰りは雨で中々スカイラブがつかまらない

やっとつかまえ満員の中で帰って来た

中でじっと私を見つめる女の人がいる

何かしゃべっているのだが分からない

いつも一緒に帰る客先の人が

私に英語で通訳する

それによると「明日ダーウさんの誕生日で

無門は行くだろう」と言うことだった

そう言えば明日は30日で

彼女の誕生日だったのを思い出した

誕生パーティーをやるから来いという

正直すっかり忘れていたのだが

私は勿論行くよとその場は答えた

もし雨でなかったら

もし簡単にスカイラブがつかまっていたら

もし彼女に会えなかったら

もし同乗者が通訳してくれなかったら

こう言う重なりの積み重ねが

人生を豊かにし彩ってくれる

大切にしなければならない

神さまからのプレゼントかもしれない

明日は絶対にダーウさんに会いに

いかなかったら申し訳ない気がしてきた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

腹立たしい日々が続き

(ムックダハーン・ⅩⅡラブ・ミ・・・・・・・⑤)

081

(ラブ・ミ店頭でソムタム作りを教わる)

(19900828(火))

検査官たちのペースは相変わらずだ

見ているだけでイライラするが

彼らにとって長くいれば長くいるほど

出張旅費を稼げるらしい

終わりと言う目途は中々表明しない

連中の顔を見るのも嫌になって来た

昼に連中より食事の誘い

私にこの地方の珍しいものを食わせるという

付いて行ったらなんとベトナム料理だった

こんなのは珍しくもなんともない

私が何カ月この街にいると思っているんだ

なんて料理にまで八つ当たりしそうだった

帰りに同じホテルに宿泊している

客先の人一緒に車で送ってもらう

その人も珍しいところへと言って

中国料理店へ案内してくれた

昼も夜も外国人の私に対しての

親切心なのに自分のこころがスランプで

何もかも腹が立ってしょうがなかった

それにしても次の目標が見えてこないい

そんな不安に駆られて

それが腹立たしさにつながっている

そんな気持ちだった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

陽気な日本語教室

(ムックダハーン・ⅩⅡラブ・ミ・・・・・・・・・④)

111

(末娘のローンちゃん)

 (19900827(月))

朝早めに出勤して鯰男に確認すると

5:47分に停電が発生していた

言われた通り措置をした自慢げに言う

彼の努力に対して感謝した

お陰で75時間自動試験は無事完了

後は検査官の終了宣言のみでホッとした

夕方は鯰男と一緒にラブ・ミへ

休日出勤のねぎらいにビールを奢る

話が弾みビール5本も開けてしまった

5姉妹の一人は勉強のためウボンにいて

いまは4人とお母さんで店をやっている

お母さんは実質退いているが明るい人だ

娘さんの美人さが自慢らしくお祭りなどには

代わり番こに美人コンテストに参加するらしい

子供の時の写真やコンテストの写真など

いっぱい見せてくれて褒めてあげると

写真を持って行けと何枚か私にくれた

末っ子のローンちゃんは16歳でお茶目な娘

この明るさにはどんなに疲れていても笑顔になる

将来は日本に行きたいから

日本語を教えてほしいと言われ

このところ毎日のように教えていた

日本語を教えるということは

私にとってもタイ語の勉強になっていた

なんとか大きな山場を越えて

ぼちぼちこの街ともお別れをしなければならない

そんな気持ちになって来た

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

スカイラブで帰る

(ムックダハーン・ⅩⅡラブ・ミ・・・・・・・・・・・・③)

086

(5姉妹そろった昔の写真をいただく)

(19900826(日))

昨日はなんとか調子よく動いていくれたので

今日は日曜日だけれどのんびりと9時ごろ

出勤した

しかし朝から雨が降っていたのが少し気になって

機械の様子を覗くと青ざめてしまった

夜中に何回か停電が発生している

驚いて以前壊れた装置を確認すると

案の定停止していた

バンコクの悟空の自宅に電話して

回復措置をすることを報告して

ただちに手順道理作業する

これは以前レオ君と確認していた手順だ

もし30分遅れていたら金曜日からの

連続自動試験が水の泡になるところだった

昨日依頼していた鯰男も出勤して

2人だ監視態勢に入る

日中は何も起こらなかった

鯰男に今晩ここへ泊まって監視せよと言うと

快諾して一応用意してくると言って夕食に行った

案の定6:30頃停電発生、回復処理をする

夜の10時ごろ鯰男が戻ってくるまでに

10回停電が発生した

鯰男に夜中の対応を指示し

私は夕食を食べにラブ・ミへいった

美人姉妹は相変わらず明るく迎えてくれたが

疲れ過ぎていたせいかカオ・パットが

うまく喉を通ってくれなかった

帰ると言うと彼女たちは店の前の通りで

「スカ~イ・ラ~ブ!!」大声で車を止める

四輪の乗り合いトラックは華やかな飾り

いつもは三輪タクシーで四輪は乗らない

彼女たちの止めた四輪をスカイラブと

呼んでいるらしいのを初めて知った

後一日なんとか持ちこたえてほしいと

ベットに倒れ込みながら願った

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

5人姉妹のラブ・ミへ

(ムックダハーン・ⅩⅡラブ・ミ・・・・・・・・・・②)

076

(アルニーさんとラブ・ミにて)

(19900825(土))

土日の休日で検査も当然休み

しかし75時間自動連続試験の

様子が心配なので出勤してみる

とりあえず順調のようで他の作業を

仕掛けて3時間ぐらい時間待ちになった

アルニーさんの家に行きお母さんの

スダーさんに「ちょっと昼寝させて」と

お願いしてベランダのリクライニング籐椅子で

2時間ぐらい昼寝をした

静かに目をつむりながら今の自分の姿を

客観的に眺めてみた

ラオス国境メコン河の畔の街

とある民家の軒先のベランダで

籐椅子に横たわり昼寝をしている男

雨季間とは言え暑い季節の昼下がり

優しい風が頬をなでて行く

何かとてつもなく幸せな気分になり

長い人生の中でこうしている今日と言う日を

決して忘れることはできないだろうと思った

昼寝の後職場に戻り監視がてらに

日本にる友人あてに手紙を書いた

書き残した分はホテルに戻り書き加えた

夕方鯰男が来たので再び

アルニーさんの家に行きビールを2本ほど飲む

鯰男の提案で道路の向かい側にあるラブ・ミへ

アルニーさんと鯰男と3人でで行く

ラブ・ミはどこにもあるような食堂だ

ただしとってもかわいい4人の娘さんがいて

話を聞いてみると5人姉妹だそうだ

どうやら3番目の娘さんを鯰男は気にいたらしく

私に彼女と一緒の写真をとってくれとせがむ

アルニーさんはこの界隈ではちょっとした顔で

みんな彼女の優しさや包容力に憧れているよう

ビールを飲みながら姉妹たちと話が弾み

今夜もホテルに戻ったのは10時ごろだった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

昨日の効果が現れる

(ムックダハーン・ⅩⅡラブ・ミ・・・・・・・①)

129

(陽気な鯰男)

(19900824(金))

昨日のことがあったせいかどうか

急に検査の連中の作業が進みだす

私が言うことにも同調しだし

協力を申し出ると以前はとぼけていたのだが

むしろ向こうから協力を依頼して来たり

極端に態度が変わって来た

そう言うことならとこちらも気持ち良く

相手が出来るので嬉しかった

私がくしゃくしゃにしてしまった領収書を

鯰男は改めて書き直してもらったと言って

日付も宛名も書いてもらわない領収書を

私に渡しながら説明した

これ以上私も騒ぐこともないので

ありがとうと言って受け取っておいたが

所詮使う当てのない領収書だった

とりあえず事務所に連絡して

一回だけの打上パーティーの了承を得て

その事を改めて鯰男に認識させ

タイミング等を検討させた

夕方検査官の中の一番年上の

私とは話が合うP氏と夕食をする

私のいつも行くレストランのフォーモス

私はビール・ポークサラダ・オニオンスープ

最後はアイスクリームのいつもの定番だ

P氏は穏やかな人でじっくり話をすると

とてもいい人だった

グループの中に入ると周りに押されて

自分の意見がでなくなるのが難点だった

タイでは日本人同士はいかなる立場でも

徹底した「割り勘」が常識だった

しかし逆にタイの社会は誰かが支払うのが

常識になっていた

それはお金のある人間は支払う(施す)という

仏教精神に基づいた精神が底流のあるからだ

P氏との夕食後

いつものように支払いをしようとすると

P氏がすべて支払うという

P氏と比べれば日本人の私の方が裕福だ

それはいけないと言って私が払おうとすると

P氏は「昨日奢ってもらったから」と言って

聞かなかった

昨日私が「切れた」事にみんな余程堪えて

いたのだろうということが今日一日で

充分感じられた

金曜日と言うことで75時間連続検査の

機械の設定をしてスタートさせておいた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

切れた!!

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・⑨)

125

(仲良し検査官たちと)

(19900823(木))

あまり埒の明かない検査官たちに

いろいろ話をしてみたがマイ・ペンライで

返されてしまい勝負にならない

ところが夕方帰ろうとすると連中に捕まる

私の宿泊中の華南旅社の横の食堂で

食事をしようと言うわけだ

まあやむなく付き合うことになったが

5人の検査官と客先1名それに鯰男と

私の計8人での会食になった

連中ウィスキーは普段メコンなのに

この日とばかりジョニ黒を注文

それにしても飲むは飲むは

食いも食ったりジャンジャン追加する

お勘定をするとなんと1065バーツだ

私はとぼけて誰が払うんだと言うと

「勿論あなたの会社だ」と言う

冗談じゃないよ

こんな賄賂じみたことは禁止されて

いるので会社が払うわけはないと言うと

どこの作業場へ行ってもこうしていると

言い張ってへらへら笑っている

そうかそう言うことで連中のペースが

決まってきていたのかとつくづく感じた

事実会社からは賄賂じみたことは

禁止だと念を押されていたので

この連中は時代遅れかとも思った

話を聞いてみるとどうやら針土竜や

イボ猪の会社の連中がそうしているようだ

だからそれが当然だと思っている気配

そこで私も切れた

全額自分で払う決心をして

会社宛に書かれた領収書を連中の目前で

くちゃくちゃに丸めて床に捨ててやった

そして今日はおれの奢りだ

もちろん会社は払ってくれないから

そのつもりでと啖呵を切る

全員目が点になり仲の良い検査官の

一人がそれを拾い上げ鯰男もうろたえ

「無門さんマイカウチャイだ」と言って

領収書を丁寧に広げてしわを伸ばした

私が領収書を受け取らないので

鯰男はやむなく自分が預かっておくと

言って皺をしっかり伸ばした

いつも笑顔の私が怒ったので

かなり効き目があったようだが

次回同じ状態があったら

連中の前で火を付けて燃やそうと思った

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

今夜もスヌーカーで楽しむ

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・⑧)

126

(検査の人たち)

(19900822(水))

K氏とレオ君は私より若いため

とても仲が良く話も合うようだった

レオ君の努力でバッテリーも回復し

停電してもなんとか乗り越えそうな気配

やれやれホッとした次第で

レオ君も明日は帰ると言っていた

K氏は検査の連中を上手に説得

ところが中に一人分からず屋がいて

その人間が他の人を巻き込んでいると

言ってかなり苦労していたようだった

夕食後は昨日同様スヌーカーで楽しむ

その後隣の店に寄ってカオ・トム・クン

エビ入りおかゆを食べてホテルに戻った

さてもう検査もぼちぼちか片づけても

良さそうなのに一向に終わる気配がない

そろそろこの辺でもう一度話してみるか

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

今再びのめぐり合い

(ムックダハーン・華南旅社・・・・・・⑦)

116

(バス停付近のお店屋さん)

(19900821(火))

昼ごろになって他の職場の担当の

K氏が来てくれたので事情を話す

とにかくのんびりやっている連中に

うまいことはっぱをかけてくれてくれた

そうこうしている内にレオ君も来て

今後の停電対策等を検討した

かつてムックダハーン来訪者は

ムックダハーンホテル宿泊が常識

でも今回は私の宿泊している華南旅社

でも彼らに異存はなさそうだ

フォーモスで夕食その後2時間ほど

スヌーカーに誘ってSIAMへ行き

スガーからマイクを奪いスバルを披露

途中でK氏は電話したいからと言って

早めに帰って行ったが私とレオ君は

その後ス―ベルンへ行くことにした

ス―ベルンで久しぶりに飲み

レオ君の担当していたシーサケットの街の

様子などを話してくれた

ムックダハーンの方が楽しいとも

言っていたのははなぜだろう

二人で話をしていると突然ミリンダ嬢が

私たちのところへやって来た

レオ君の横に座り懐かしそうに話す

どこでどうやって彼が来ていることを

知ったのだろうかと思ったが

野暮な詮索はやめておいた

結局11:30分までス―ベルンで

楽しい再会の話に花を咲かせた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

恐ろしき停電回数

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・⑥)

044

(みんな仲良し)

(19900820(月))

朝仕事場に行くとなんとある試験機が

止まっていた

75時間つまり三日がかりの自動検査の

途中での出来事だった

わざわざ金曜日に仕掛け月曜日には

結果が出てにこにこする筈だった

原因は停電だった

調査の結果12時間ぐらいの間に

10数回の停電が発生している

停電のためのバッテリーもすべて

放電しきっているのではないか

関連機器も死んだ状態だった

検査官連中はこれ幸いと作業中止だ

バンコクへ連絡して私の担当部門では

無いけれど必死に回復の対策を

したのだが作業中断はやむを得ない

明日担当のレオ君が来ることに

なっているとのバンコクからの連絡で

それまでなんとか持ちこたえたいと思った

雨季には行って停電は頻繁に起こる

ラオスからの電力供給ではやむをえまいが

将来のことを考えると心配になった

それにしても日本では絶対にあり得ない

電力事情に改めて恐ろしささえ感じた

こう言った世界で生きていても

みんな明るく楽しそうにしているのは

一種の諦観なのだろうと感じ

改めて日本と言う国の豊かさを

実感した次第である

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

華南旅社での週末

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・・⑤)

070 

(踊り上手な二人は・・・・)

(19900819(日))

朝9時に一階へ行くと

いつもの揚げパンが2個しかなく

やむなくそれとコーヒーを飲んで朝食

そうだ床屋さんに行こうと思って歩く

順番待ちだったがすごいスピードで

順番が来てあっという間に私の番

しかも散髪だけでハイ終わり(20バーツ)

10:30でまだ時間がたっぷりある

いつものようにメコン河で時間をつぶす

11:30にホテルへ戻りコーラを飲む

封筒でも買って飯食いに行こうと思ったら

薬局にオカマのスガーがいるのが目に付いた

お肌の手入れの化粧品を物色していた

スガーと一緒にバーミンナムを食べた

映画に行こうと誘うので一緒に行く

映画が始まる前は国王のパレードの映像

流れる国家の中で客席は全員起立だ

映画は「部長の恋人」と言う水島裕子主演の

いわゆる日活ロマンポルノだった

こんな映画をメコン河の畔の街で

オカマちゃんと見ている自分が可笑しかった

スガーと別れてイミグレ前の寺の露店で

ベトナム製の象の灰皿と民族楽器の

笛のミニチュアを自分へのお土産に買った

ホテルの戻ると鯰男とヤソトーンの

レイバーが来ていた

二人は仲良しで時々行ったり来たりだ

二人としばらく話をして部屋に戻る

写真を整理してから夕食はフォーモスへ

トマトスープ・ポークサラダ・ビールで

118バーツだった

華南旅社での初めての週末も

なんとか軌道に乗ってきたようだ

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

のんびりとした一日

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・・・・④)

050

(踊りのステップはこうやって・・)

(19900818(土))

昨夜はアルニーさんのところへ行かないし

一緒にいた3人組の一人が今日ナコーン・

パノムへ連れて行くと言っていたのも連絡

せずに一日一人で過ごすことにした

朝は旅社の一階で揚げパン三つとコーヒー

10時半ごろから2時間ぐらいイムグレへ散歩

いつもあまり歩かないメコン川上流方面へ行く

釣りをしている少年たちを眺めたり

小舟を操り魚をとっている人などや眺めていると

バイクで通りがかりの青年が声をかける

見るとムックダハーンホテルのボーイだった

フア・ナムホテルに移ったことを伝えて

皆さんによろしくと言っておいた

華南旅社の斜向かえに「フォーモス」という

レストランがあり「スーベルン」ほどではないが

ちゃんと冷房の部屋もあるお店だった

昼食はフォーモスでアメリカンカオパット

部屋に戻り病気をしたこと回復したことを

家への手紙に書きつづった

その後ゆっくり昼寝をして身体を休める

夕方もフォーモスでビールとハムサラダと

オニオンスープとカオスワイ(白飯)だった

多少控えめな食事にと気を使ってみた

フォーモスでアルニーさんの所の3人組の

一人が家族で食事をしに来ていた

昨日なぜ来なかったということを言われた

きっとみんな待っていてくれたのかもと

連絡しなかったことを申し訳なく思った

一日のんびりしたので風邪もどうやら

峠を越えたようで楽になった

暑い一日であったがメナム・コンを

久しぶりに見て随分と水かさが増えて

いるのに気がついた。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

バイク3人乗りで

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・・・・③)

039_2

(アルニーさんの家でスダーさんと)

(19900817(金))

検査の連中は依然としてスローペース

入りいり言う気も起きなくなって

こちらものんびりやって行くことにする

昨夜踊り明かしたアルニーさんから

今日も5時に家に来るよう電話があった

ちょっと風邪気味でもあることだし

行くのをやめてホテルに戻り

たまった洗濯の一部をやってみた

少し落ち着こうと思ってコインで易をやる

「風沢中孚」と出て「誠実」と言う意味だ

そこでス―ベルンに行くことにした

途中で女子が声をかけてきた

ミリンダ嬢の友人の娘だった

「パイ・ナイ」(どこへ行くの)と言うのは

この国では「こんにちわ」と同様な意味だ

それを聞いて私はまともに答えてしまった

「ス―ベルンへ」と

彼女はバイクの後ろに乗っていた

オカマちゃんを自分の背中に寄せて

私にその後ろへ乗れと言ってくれた

オカマちゃんをサンドして「スーベルン」へ

ウィスキーを少々飲み食事もあまり進まない

ドーアンにはホテルを変わったこと

もうここには来ないことを言っておいた

彼女もここには長くないと言っていた

歩いて華南旅社へ戻ろうとすると

店の中からダーウさんが手招きする

同じように今までのいきさつを話し

もう来れないかとと言うと30日が

自分の誕生日だから是非来てくれと

懇願するように話した

果たしてその頃来ることができるか

約束できないので黙っていた

歩いて戻るという私に彼女は

何でも送らせてくれといい

バイクを出してきてフア・ナムまで走る

この街では私の行動は結構目立つ

ダーウさんもそのまま私について

部屋に行きたいのだがそれはできぬこと

そんな姿を見ているホテルのオーナーは

「プージン」(女性)はいかがかなと

食堂兼ロビーにいる若い女性を指さす

昨日同様「今日はペンワット(かぜ)だよ」と

いってやり過ごしたがこのおやじは毎日

私に同じことを言うのかと訝った

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

みんな楽しく踊り出す

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・・・・②)

068 

(みんなで楽しく踊りだす)

(19900816(木))

さて頑張って連中の尻でも叩こうかと

李さんで出勤するとなんと本日は

一日中停電と言うことだった

連中はにこにこしてプーハ・テープに

遊びに行くと言って朝から出かけて行く

やむなく一人で連中の後始末と

今後の進捗を計算して見たりした

鯰男がアルニーさんのところに居候の

ア・モアイちゃんが婚約したと言っていた

行ってみようと言うので夕方寄ってみる

先日エアコンバスでスダーさん夫婦に

会ったばかりなのでその時の挨拶をした

体力が回復したとはいえ少し風邪気味で

ビールを出していただいたがコーラで割って

一週間ぶりにアルコールを身体に入れた

そろそろ帰ろうかとするころお父さんの友人

例の3人組がやってきて2時間ぐらい

付き合ってもいいじゃないかと言うので

そのまま居ることになってしまった

結局モアイちゃんの話は何処かへ飛び

ディスコダンスやタイダンスの講習会

3人組も基本的に踊りが好きなのだ

途中から近所の人もやって来て

いつもの部屋が大騒ぎになってしまった

勿論お母さんもアルニーさんも

プンちゃんもモアイちゃんも

みんな踊り出してしまって

とうとう10時まで踊り続けてしまった

結局フア・ナムホテルまで

バイクで送ってもらう羽目になってしまった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

ホテルを変わる

(ムックダハーン・ⅩⅠ華南旅社・・・・・・・・・①)

038 

(サコーン・ナコーン空港)

(19900815(水))

目が覚めたのが5:55で顔を洗っていたら

若いH君から電話6:00に待ち合わせしてのだ

荷物をかばんに突っ込みロビーへ6:05だ

チェックアウトして二人で悟空の家へ6:11だ

3人でタクシーで空港へ向かう

H君はピサヌローク経由でルーイへ

私と悟空はコンケンへ向かう

悟空はコンケンでタクシーを拾い他の街へ

私はコンケンから再び小型機に乗り換えて

サコーンナコーン空港へ向かった

10日ほど前と全く同じルートだった

今度は同じ轍は踏むまいと

タイ航空の営業車にクーラーを切ってもらい

窓からの熱い空気を味わった

ムックダハーンへ到着して改めて

検査官を眺めると全く仕事していない

作業が全然進んでいないのだ

やり方を説明し連中を説得したが

渋々彼らは分かったようだ

私がいくら力説しても彼らにとって

官費旅行に来ているようなもので

少しでも長くいれば出張旅費が稼げ

おまけに観光もできるぐらいに思っている

マイペンライと笑っているだけでだったので

こちらとしても病み上がりなので

しばらくやりたいようにやらせるしかない

メンバーの一人が「HUA NUM」に宿泊

そこで私もそこに移ろうと思ったのはなぜか

「HUA NUM」はフア・ナムと読み

漢字で書けば華南となりホテルだが

これまた漢字で旅社となるわけだ

つまり華南旅社と私には分かるが

タイ人にはフア・ナムでしかない

ムックダハーンホテルのVIPとは劣るが

テレビと冷蔵庫がないことをのぞけば

こちらの方が街にも近く快適な感じがした

さてドーアンやダーウにホテルを変えたことを

どうやって説明しようかと悩んだ

鯰男も3連休をバンコクで楽しく過ごしたが

予定外のバンコク帰りだったので

帰りのバス代を請求されてしまった

まさか会社に請求するわけにもいかず

まあ付き添ってくれたお礼にと

自腹を切って支払いました

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

体力回復宣言

(バンコク・Ⅵ療養・・・・・・・・・・・・・④)

033 

(献花の絶えない「ピー」)

(19900814(火))

事務所に出勤して悟空に報告すると

今回の件でプロジェクトマネージャーの

S氏に挨拶してくれと言う

事務所では私の思う以上に私のことを

心配してバンコクの病院のことなど

手を尽くしてくれたとのことで感謝した

私の方は体力が戻ったことを宣言して

一刻も早くムックダハーンに戻りたいと

お願いして明日戻ることを了承してもらった

一日ゆっくりするように言われたたが

何もすることがなく新聞を読んだり

本を読んだりしていただけでむしろ

じっとしている方が苦痛だった

体力が回復したと宣言したので

S氏と悟空に夕食を誘われたけど

今回は自重してお断りした

申し訳ない気がしたが

少し自己反省をしなければと思った。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

バンコクの街を歩き回る

(バンコク・Ⅵ療養・・・・・・・・・・③)

031 

(ルンビニー公園で憩う)

(19900813(月))

心配しながらも出勤して見ると誰もいない

事務所も電気が消えたままだった

祭日だから当然と言えば当然

よし、こうなったら一日リハビリで散歩だ

93番のバスに乗り込んで「東急デパート」へ

ここを拠点にあるきまわってみよう

まずはチュラローンコーン大学通りを

ルンビニー公園までてくてく歩く

いつもはタクシーやバスで通り過ぎるが

歩くとやっぱりその街の雰囲気が味わえる

公園はいつも夜になるとやって来たT街や

P街の近くのオフィス街の一角にある

池を見ながら公園に座っていると

パイナップル売りのおばちゃんが来た

一袋買ってパンをかじりながら

景色を楽しんでいた

その後池を半周したところでちょっと疲れ

ベンチに横になったら1時間半も昼寝した

今度は本格的に腹が減って来た

体力が回復してきた証拠だろう

公園からある日初めて「SOGO」に到着

街のど真ん中のデパートの一角に

タイの神さま「ピー」の大元があって

そこでは奉納の踊りをやっていた

SOGOの一回にある「マクドナルド」へ入る

チーズバーガーとシェーク合計45バーツ

歩きまわったせいかとてもおいしかった

今度はちょっと距離があるがホテルまで

歩いて戻る気持ちになって来た

バンコクに来ていつも乗りものばかりの

道筋は歩くとほんとうに楽しかった

ホテル近くの「メトロ」スーパーで

ジュースを2ケースも買ってホテルの戻る

夕食はいつものようにスパゲティーと

コンソメスープ(鶏・ンマッシュルーム入り)

徐々にボリュームのある食事にシフト

しかしまだ便は出そうもなかった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

一日静養に努める

(バンコク・Ⅵ療養・・・・・・・・・・・・②)

034 

(SOGO前のピーでの奉納踊り)

(19900812(日))

昨日の点滴が効いたせいか元気が出た

しかし空腹状態のため便が出ない

9時ごろアメリカンブレックファーストを食べ

昼はパンをかじり一日中寝ていた

夕方になりホテルのレストランで

スパゲティーを頼みスープは

コンソメ・カレースープを平らげた

どうやら頑張って食ったせいで

体力回復も早そうだ

レストランで久しぶりにタコヤキ氏と会う

彼の豪快な食べっぷりが羨ましくなった

彼の話だと明日は祭日で休みだけれど

誰か事務所に出ているだろうとのこと

ムックダハーンに早く戻りたい心境で

明日は事務所に行ってみようと思った

とにかく休養が大事だと思い

すぐ部屋に戻ろうとしたら

廊下で針土竜と出会い彼の話だと

「明日は誰も事務所には出勤しないよ」

とのことでちょっと心配になった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

12時間のバスでの帰還

(バンコク・Ⅵ療養・・・・・・・・・・①)

015_3

(餌をねだる亀さん)

(19900811(土))

深夜1時にコラート(ナコーン・ラチャシーマ)

数百台のバスが駐車できるような

とてつもなく大きなバスの駅へ到着

バスの中で配布された食券で食事ができる

それよりもトイレに行きたい心境で

駆け込むとなんと長蛇の列

長い人生で一番苦しかったトイレ待ち

列に並びながら冷や汗と腹痛で

しゃがみこんだがそれでも列を離れず

必死に耐えていた

トイレに入った時はまるで天国のような

気分だったが食べていないせいで

出るものも出るわけがなかった

それでも何か口に入れようと食堂へ

偶然ノンカイに勤務中のゼブラ君と会う

食券でお粥を頼み一口運んでみたが

やはり全然受け付けてくれなかった

朝の7時に予定通りバンコクへ到着

タクシーでホテルへ7:45チェックイン

当然昨夜の分のホテル代をとられる

9時に悟空の自宅へ電話すると

病院は近いから歩いてきてくれと言う

悟空は私を病院に紹介した後帰って行

診察はたまたま東大から研修に来ていた

女医さんが通訳してくれて助かった

診察結果は食あたりとのことで

検便をと言ったが3日ほど何も腹にないので

出るものは出るわけがない

自分から点滴を希望して終わったのは

13時半、それから悟空へ電話したら

今度はタクシーでホテルへ戻れと指示

早目にムックダハーンに戻りたいと言うと

ゆっくりして週明け事務所へ出ろという

土・日・月と3連休なので少し休養だ

体力をつけようとパンをかじり水分をとる

夕方ホテルのレストランでスパゲッティ

フレンチオニオンスープと紅茶を頼む

しかしどれもまずく半分も食えなかった

とにかくじっとしているしか方法はなかった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

エアコンバスでバンコクへ

(ムックダハーン・Ⅹ危機一髪・・・・・・・・・・④)

025 

(王居(皇居)のお濠で投網を打つ人)

(19900810(金))

腹痛はますますひどくなってきた

水を飲んでも吐き出す始末

昼前になって遂に病院行きを決断

鯰男に付き添ってもらい総合病院へ

ところがここは長い列が付いている

街の中の病院だとすぐ見てくれると言うので

そちらに移動すると総合病院の医者が

空き時間にアルバイトでやっていると鯰男

真偽のほどはどうでもよかった

医者は腹を押さえただけで薬を出す

鯰男に通訳してもらうと「腸が悪い」とのこと

とりあえずは医者に診てもらったことだけで

気休めにもなったし面目もたった

2時ごろに悟空から電話が入る

すぐチケットを手配して戻れという命令

会社としての責任を感じていたのだろう

問答無用と言う感じだった

今からだと6時のウボン発に間に合わないし

明日の便だと夜の9時過ぎにバンコクの

ホテル着と言うことになってしまう

悟空の命令に従うのならバスしかない

鯰男にエアコンバスのチケットを2枚

手配せよと指示を出す

鯰男にバンコクまで付き添わせる作戦だ

悟空にそのことを連絡すると驚いていた

なぜなら夕方7時発で翌朝7時に

バンコク到着の12時間のバスだからだ

ホテルをキャンセルしたら今日の宿泊分を

請求されてしまったがどうでもよかった

荷物を鯰男のところへ預け19時発のバスへ

とにかくうなされるような腹痛だった

同じバスにスダーさん夫婦やソムチャイさんが

乗っていてバンコクへ用事で行くのだと

言っていたがかくる挨拶しただけで

リクライニングのシートを倒して眠る

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

腹痛ますます激しくなる

(ムックダハーン・Ⅹ危機一髪・・・・・・・③)

028

(冷房の効きすぎていたタイ航空営業車)

(19900809(木))

朝起きると頭痛は少し和らぎ

熱かった頭の熱も下がってきた

下痢の方は昨日より悪くなっている

米のとぎ汁のようなものが勢いよく

出るだけで痛みも変わらない

ダウンしている私を見たドナルドは

調子に乗ってチェンジだと言って

騒ぎ出したので怒ってやった

バンコクから悟空が電話してきたが

もう一日頑張ってみると返事しておいた

ピチットの時でも一週間食事を抜いて

回復した経験があるからだ

検査官たちは私がダウンしていることを

良いことにでたらめに機器を扱っているが

体調の関係上そのままやらせておく

正露丸もビタミン剤も効き目なし

鯰男が「ALUM MILK」という

アルミニュウムとマグネシウムの入った

検診のバリュームのようなものを

持ってきてくれたので飲んだがダメ

腹痛の激しさは尋常ではない

鯰男に今晩は私の部屋に泊まって

一晩看病せよとお願いした

19:30頃になって鯰男は

私の部屋へやって来た

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

最高の腹痛に苦しむ

(ムックダハーン・Ⅹ危機一髪・・・・・・・②)

027

(コンケン空港の寒かった待合室)

(19900808(水))

朝の2時半ごろ突然腹痛

トイレに行くと酷い下痢だった

今日は検査の初日

朝食を食べずに仕事場へ行く

頭が痛いし熱がだんだん出てきた

頭が割れそうになってきた

相変わらず下痢が続いている

検査官が5人客先から派遣されてきた

事情を話して検査はスタートしてもらう

鯰男とプンちゃんは心配して

なんとか食事をと勧めるが

全く食事は受け付けない

以前ピチットでも下痢に悩まされたが

タイへ来て2度目のピンチだ

何が原因か考えた

酒の飲み過ぎでもなさそうだし

食事の影響でもなさそうだし

思い当たるのはコンケン空港の

待合室が冷房が効きすぎていたこと

タイ航空の営業車の冷房も同じ

それと昨晩部屋でファンを回さずに

冷房かけていたことが原因ではないか

とにかく大事な時期だけに

薬を飲んだのだけれど効き目が無い

ドラえもんから電話が有ったので

今の体調を言うと驚いて

バンコクに連絡すると言っていた

とにかく検査官の相手ができず

一日中職場の部屋の隅に

横たわって身体を休めていた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

32人乗りプロペラ機で

(ムックダハーン・Ⅹ危機一髪・・・・・・・①)

026

(コンケン空港にて32人乗りプロペラ機へ)

(19900807(火))

2時半過ぎに目が覚めそのまま寝つけず

3時ごろから荷物の再チェックをした

5時過ぎになってロビーへ集合したのは

南部のハジャイ行きのカマス君とD君

それにノンカイ行きのS氏の計4人

それぞれの思いを乗せて空港へ向かう

7:30発のコンケン行きに乗り込んだ

いつもはコラート経由ウボン行きだけど

都合のよい便が無いのでこちらを手配

コンケンで乗り換えサコーンナコーンへ

そこからタクシーを拾えとのお達しだった

隣の席に座った若い女性と話すと

彼女もちょうど同じ方向へ行くとのこと

心強い味方を得たとばかり話しこむ

コンケン空港でのトランジットの方法も

彼女に教わり待合室でも話し込んだ

ただそこがクーラーが効きすぎていた

コンケンからは32人乗りぐらいの

小型機で6~7人の乗客だったが

彼女と隣り合わせの席に座って行く

低空を行くので随分と揺れ

まるで田舎のバスのようだと感じた

サコーンナコーンでタクシーを拾うと話すと

彼女は空港にはタクシーはないという

一人だけのスチワーデスに聞いても

タクシーはないという

なんとなならないかと言うとスチワーデスは

なんとかしましょうと言ってくれた

サコーンナコーン空港の周囲は森林だった

だいぶ待ってからどうやら業務が終わったらしい

空港職員がたった一人で待っている私に

それでは行きましょうとタイ航空の

営業車に私を案内して走り出した

この車がとにかく冷房が効いている

2時間かかってようやくムックダハーンへ

タクシー代相当額を職員に払って返した

ドラえもんに事情を話したら

荷物を取りに今から行くとのこと

ちょっと冷房にあたり過ぎたか

体調がすぐれなかった

ドラえもんは荷物を受け取り

食事をして2時ごろヤソトーンへ戻る

夕方ダーウさんの店に寄ると

歓迎の水を出してくれて話し込む

彼女は私にムックダハーンにとどまって

日本に帰らないでくれと言った

夕食は久しぶりにスーベルンで野菜炒め

ドーアンと久しぶりに話したが疲れていたので

早目にホテルに戻って身体を休めた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

お別れにトンカツを

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・・・⑬)

011

(餌をおねだりするカバ・ドウシット動物園)

(19900806(月))

事務所でバンケン勤務の清算をする

バンケンには毎日タクシーで出勤した

業務となれば安全第一だからだ

ムックダハーンやヤソトーンへの荷物

もろもろの整理が午前中で終了して

午後はちょっとばかり居眠りが出た

日本の会社からの社内報に

私の送った「風にふかれて」が有ったので

その部分だけをコピーして

事務所に置いておくことにした

結構好評を博しているので嬉しい限りだ

TCを換金したりして田舎へ戻る準備

バンコクでは頑張ったつもりだけど

やっぱり散財している事実が判明

都会生活ではやむをえまいかと思った

夕食は久しぶりにトンカツを食べた

田舎では臨むべきもない日本食だ

日本では何気ない食事だけれど

海岸に行くと日本食のありがたさや

美味しさを実感できるものだと感じた

部屋の戻って荷物の片づけをした

スーツケースはホテルの預けるのだが

出張用のかばんは荷物がパンパンになり

旅が長くなってきた感じがカバンから

実感できるようになってきた

田舎が良いといつも言っているが

バンコクを去るとなると

それはそれで淋しいものだった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

初めて象に乗る

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・⑫)

022

(ドウシット動物園でゾウに乗る)

(19900805(日))

ホテルの前の大通りを横切って

ごく普通の食堂でカマス君と朝食を食べ

その足でバスに乗りドウシット動物園へ

バンコクへ来て初めての動物園だった

面白いことにこの動物園は動物たちに

餌をあげることができるのだ

それもほとんどの動物にだった

緑も多く日本でいえば熱帯植物園も

兼ねているのは当然のことだよね

そこにある木すべてが自然のままだから

コウノトリの仲間だともうけど嘴を開き

水につけたまま見動きしない鳥がいて

嘴の間を魚が通過するとパクッと閉じる

その動きを見ていて楽しくなった

象に乗ろうと言ったカマス君は嫌だという

そこで私だけ乗ることにして現地の親子と

一緒にゆらゆら公園内を一回りした

夕方ホテルのロビーで昨日買い物に行った

K氏が帰国すると言うのでお別れを言った

一日カマス君と一緒だったが

夕食後私の部屋で23:30まで

喋りまくってバンコクの生活を振り返った

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月 4日 (火)

面白時計をお土産に

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・・⑪)

007

(バンコクの街へお土産を買いに)

(19900804(土))

朝カマス君の部屋へ電話したら

K氏が土産物を買いに行くと言うので

私も一緒について行くことにした

多くの人が8月のお盆休みに

帰国するとのことだった

私たちは帰国の予定はない

お土産を買うのはSOGOが良い

というのがほとんどの人の意見

確かに面白いものがいっぱいあった

K氏も他の人もどっさりお土産を買ったが

勿論私の方はまだまだお土産を

準備する段階ではなかった

SOGOの本屋さんを覗くと

日本の本が3倍ぐらいの値段で売っている

まだそこまで活字に飢えていないし

古新聞もたくさんあるので充分だ

夕方になりカマス君とP街のレストランへ

T街の隣のP街だけど欧米人の街

きらびやかな屋台店が道路を占有し

怪しい雰囲気の店も多数ある

屋台の店で娘への土産に時計を買った

クモの巣の文字盤に蜘蛛の針で

秒針の蜘蛛が動き続ける面白時計だ

とにかく店をひやかすのが楽しい

偽物は偽物と銘打って売っているのが

愉快でたまらない

御老公の伝言に反してT街の「A」に行く

私の性格を見抜き「A」には近づかないよう

心配してくれていたのに今回初めて行く

「A」ではマリーと久しぶりに会った

一ヶ月ぶりぐらいだった気がする

勿論「スバル」の上達ぶりを彼女に披露した

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

世界に生きる青年たち

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・・・・・・⑩)

429

(チャオプラヤー(メナム)川を望む)

(19900803(金))

作業場のバンケンに今日はM氏と行く

いつもその時々に時間のある人と一緒だ

M氏は現在33歳で12年間も海外で

仕事をしているとのことでタイは4年

つい先日までエジプトへ4カ月ほど

言っていたとのことだった

こういった人間がここバンコクには

ウヨウヨいて全く圧倒され通しだ

どうやらバンコクとシンガポールを

拠点に多くの日本人が活躍しているようだ

来週は火曜日にムックダハーンへ戻る

どうやら決定のようだったので一安心

したがってバンケンの仕事は切りをつけた

まだしばらくは続きそうだが後の人が

分かるようにだけはしておく

ヤソトーンの荷物を預かったので

火曜日はドラえもんのところへ寄ってから

ムックダハーンへ帰ることにした

バンケンから事務所に寄らず

ホテルに戻ったらまだ誰もいなかった

久しぶりにホテルで夕食をとり

ゆっくり風呂に入って寝た

たまにはこんな静かな日も良いかな

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

ムックダハーン帰還予定

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・・・⑨)

010

(チュラロンコーン大王と)

(19900802(木))

朝事務所に顔を出すと悟空から

ムックダハーンの検査日程決定を

知らされてなんだか嬉しくなった

8月8日(水)から2・3週間だとのこと

来週からだが何でそんなに長期間か

ちょっと不思議な感じだった

通常日本では2・3日で終わるもの

まあ郷に従えって言うことだろう

・・・・・・・

今日もカマス君とバンケンに行く

作業が順調に動き出しカマス君が

てきぱきと進めて行くので任す

こうなるとバンコクの方も問題もないし

むしろムックダハーンに戻る準備を

しておいた方がよさそうだと思えた

しかし何時ものようにどこでどう予定が

ひくり返ってしまうかわからないし

当初の予定通りムックダハーンには

戻れないかもしれないのだ

明日になったらそこのあたりを

はっきり決めておかなければと思った

それにしてもバンコクは相変わらず

とても暑かった

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

若者たちとカラオケに

(バンコク・Ⅴ悠々・・・・・・・・⑧)

424_2

(スネークファームのコブラ君)

(19900801(水))

カマス君が応援してくれるので

いろいろな問題が解決して

順調に作業が進む

ところが悟空や事務所に連中は

カマス君が私と一緒に行動しているのを

訝しがっているようだった

カマス君は現在担当がないので

そうしているのだが事務所では

彼を帰国させたがっているように見える

何故だか私にはわからなかった

・・・・・・・・

夕方カマス君と食事に行こうとしたら

N君やK君も一緒に行こうと言い出した

彼らは20代の若者で元気が良い

T街の「ホワイトハウス」という店で

名前に反して日本料理店だった

その後はお決まりのクラブへ乗り出す

しかし若者たちの行く店はちょっと違う

「ウッドペッカー」はN君馴染みの店

そこで若者に対抗してカラオケを歌う

もちろん「スバル」をタイ語で歌えば

彼らに負けるわけがない

実は同じT街のすぐそばに「A」はある

しかし今回の帰還でまだ足を向けてない

チェンマイにいる御老公が私の性格をみて

あまりあの店にはいかないようにと釘を刺し

言い置いて行った店でもあった

今日のように若者の行く店に行き

彼らに合わせて騒いでいるのが

一番無難なことだとは

自分でも自覚くしていた

ブログランキングに参加しています。

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PARTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »