« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

旅を始める前に

(プロローグ・・・・・・②)

401_2

(7ヶ月間の神奈川ぐらし)

タイ旅行記を始める前に、一つだけ鎮魂の意を込めて書き置きたい事があります。前年の九月より、私たちが海外勤務のためのOJTを兼ねて神奈川県の大手工場へ作業に出掛けました。時代はバブルがはじけるまさにその時期。各企業は生き残りのためにあの手この手と新企画を打ち出していた。当方の会社も天下りを受け入れ生き残りを図る。当然TOPが変われば、人事も過去の実績を無効にして新体制に迎合するものが生き残る。S君も私もその流れに乗り遅れた。と言うよりも手のひらを返すだけの狡猾さも勇気もなかった。とはいえ、今まで堂々と生きてきた自負もあり、何者も怖くなかった。
しかし時代の洗礼を受けた二人。S君は長い東京の工場への島流し。私は地方の小さな作業場周りとなる。かつて、一番多い時で百人ぐらいの人を使う事が出来たのにと隔世の感は否めなかった。しかし元が楽天的なので、いつか時が来れば再び正義が通用する時代も来るだろうと信じていた。
そんな中で、私はついに海外勤務を命じられる。それ以前は本人の希望を含めて承諾が大きなウェートを占めていたが、この時代からは上司からの強制だった。会社を辞めるか、海外に行くかの二者択一だ。何かがおかしいとはその時はうすうす感じてはいた。会社を辞めるわけにはいかず、しぶしぶ承諾する。
承諾と同時に気持ちを入れ変えて、「楽しい」海外生活をイメージするように心がけた。S君も励ましてくれる。最高学府を出ても生一本の性格は不遇をかこっていても生きいきとしていたが、長い部外の生活は多少の疲れを見せていたようだ。翌年になり、私のタイ国への出発が四月と決まると、一番初めに私の送別会を計画してくれた。
ところが二月の末日、神奈川県の工場へS君逝去の報が入る。取るものもとりあえず、仕事の調整を図り、休暇を取って家に寄る時間ももどかしく、友人に喪服を家に取りに行ってもらって直接、葬儀に駆け付けた。
S君は長い部外での生活が終り、数年ぶりに地元の仕事に復帰して三日目だった。やっと地元での仕事が出来ると喜んで、当日、通勤のための新車を契約して家に帰り、その晩での突然死だったそうだ。長い苦労の末の、ほっとした瞬間は一番危険だとよく話に聞く。まさに、S君の場合そのものだ。
葬儀の席上で先輩が済まなそうに話しだした。彼の死と引き換えのように、A君がS君や私を追い越して、昇進するようだととのこと。かつて私やS君の下で働いていたA君に、S君や私が地元に居ない間に何が起こっていたのだろうか。会社TOPが変わったことにより、地方のTOPも変り、それにうまく迎合したのだという。S君が外部から中々戻れなかったのも、私が地方回りになったのも、時代を的確につかんだA君と新しい地方のTOPが画策したんだと言うのがその先輩の言だった。まさか、そんな漫画のようなこともあるまいと、信じないことにした。
S君の死の余韻がまだ残っている最中、私はタイ国への出発の準備のため、パスポートの取得やタイ大使館へのビザの取得など、あわただしく動き回っていた。今の時代1年間の海外赴任は珍しいくないが、当時としてはまだまだ家族も心配して、送別会も開いてくれたし、S君がやれなかった仲間内の送別会も楽しく終わった。その席上昇進辞令を受け取ったばかりのA君と地方のTOPは仲間と離れて座り、片隅でに静かにしていたのが印象的でした。
 本来帰国したら、いち早くS君に報告するのが筋だったけど、あわただしいこの二十年の歳月ですっかりご無沙汰していました。今改めて、天国のS君に捧げるつもりで、この「タイ国漫遊記・純情編」をのんびりと書いてゆきたいと思っています。

(参考)二十年前の写真ですので姿形はすっかり変わり、そのまま掲載しても今の本人とは判別できず、プライバシーの問題もなさそうですけど、とりあえず「お目目」だけは隠させていただきます。お見苦しい処は平にご容赦を願います

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

新たなる旅立ちを

(プロローグ・・・・・・①)

529_2 

(ワットアルンにて)

以前も申し上げましたが容量不足のため

4年以上続けてきたこの「ココログ」(ぶろぐ)を

終了させるつもいでいましたが

このところ書き込みを少なくしたおかげで

なんとかもう少し続けられそうです。

そこで有終の美をどうして飾ろうかと一ヶ月ぐらい

考えていましたが、ようやく決心がつきました。

今から丁度20年前の約一年間タイ国に出張し

その時の写真や日記や手紙など整理していて

「そうだ、これだ」と思いました。

一日一枚の写真

そして思い出を書いて行こう

20年もたっているので、もういない人もあり

自分も他の人の姿もすっかり変わっているし

いろんなことが心の中で浄化されたり

まだ燃え残りととして燻っていたり

いろいろですがこのブログの最後を飾るに

ふさわしいのではないかと思いました

心がけることは

出来るだけ物語風に書きたいということと

半年ぐらいは引き延ばして書いてみたいこと

今までのブログの続きは引き続き

「無門の縁台日記・PARTⅡ」の方でよろしく

( http://mumon-endai.at.webry.info/ )

お願い申しあげます

早速明日から

毎日少しずつ書いて行きたいと思います

・・・請うご期待・・・・

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

時とともにホビーは変貌する

(夏の点描2・・・・・・・・・・・・⑫)

083

勿論、定番のガンダムもまだまだ健在で

団塊ジュニア達の時代から綿々と続く

ブームの中に息づいていますね

プラモの中に人生を見ることができるかも

084

私たちが知らないガンダムもあるんだな

武者ガンダムはギンギラギンでかっこいい

こうして並んでいると雛人形みたいだ

静岡は江戸の昔から雛人形の発信地

082

それと木工工芸の伝統は徳川家康に遡る

木製キットの大型模型は数万円するものだが

その内時間が出来たらやってみようかなと

心に疼くものがあふれてきたようだ

086

会場を出て涼しくなりかけた駅に向かう

東静岡駅の西側に国道をまたぐように

大きな橋を作っている最中だった

このあたりも次第に変わって行くんだね

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

掛け間違えたままのボタン

日米両政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設で同県名護市辺野古周辺に建設する代替施設の工法についての専門家の検討作業を終了したそうです。

まあそれによると日本側提案の滑走路一本に負けてもらう方法と米国側が言うところの2本でなければいやだという両論併記でシャンシャンシャンとしたらしい。こんな幼稚園児のおままごとみたいなことを政治だとよくも大の大人が恥ずかしくもなく言えるものですね。聞いている方が恥ずかしくて穴があったら入りたい気分です。

米側もはっきりと「植民地の分際で日本側は、何をごたごた言っているのだ!」と一喝すればよいこと。日本側も「宗主国米国様のいうことは何でも聞きますから、怒らないでね」と言えば済むこと。そうすれば国民は教育や福祉はさておいても米軍様には全面的に献上いたしますということも楽になるはずなのだ。

何やかや、ごたごた言ったところで「米国の要求通り」しかならない、今の現実に、ややっこしい理論を持ち出すことはない。・・・・まさか今の日本が「米国と対等な国家」なんて錯覚している国会議員はいないとは思うが・・・・。

・・・・・・・・「国家の理念は、相応する権力がなくては主張できない独立という思想から生まれる」( ランケ )・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

思い出のプラモ達

(夏の点描2・・・・・・・・・・・・⑪)

071

ガンダムを見るのは無料だけど

実はもう一つのホビーミュージアムを

見るのを楽しみにしてきたのだ

入場券自動販売機で券を買う

073

日本最初のプラモデルの原子力潜水艦

ノーティラス号は何故か私たちには感涙もの

元々はジュールベルヌの「海底2万哩」の

ネモ艦長の潜水艦から名前を拝借したもの

076

赤胴鈴之助のプラモの彩色をお袋が

内職でやっていたのを思い出す

一つ一つが時代を映し時代を思い出す

その一つ一つの背景にドラマを感じた

079

貧乏人だった私たちにとってプラモで

一番たくさん創ったのは飛行機だった

手に入れるのは比較的安かったからだ

世界の子供たちの夢を静岡は発信していたのだ

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

業務に対する誇りは

厚労省は26日、2011年度の概算要求に、全国で相次ぐ高齢者の所在不明問題への対策では、医療保険の利用状況を活用した対策者の訪問調査などで年金の不正受給防止に取り組むとして26億円を計上したそうです。

何人の不明者に対して、この26億円と言う莫大なお金をかけるのでしょうか。本来は当然の業務としてやらなければならないお役所仕事を怠っていたところにこの問題の根源があるんだよね。だったらお役所として現状の範囲で、汗水たらして当たり前の業務をやってほしいものだけど、なんか26億円もの大金をご褒美にもらったようなものかな、ちょっとおかしいよね。

自動車会社は一点の問題もないように汗水たらして車を作る。建築会社は一人の犠牲者も出さないように安全に気をつける。そのためには社員は会社に言われる以上にQC活動などに頑張っている。なんのためか、それは製品に対してその向こうにいるお客様のことを考えているからだ。

だから、普通の会社員は給料の3倍は働いているのかもしれない。公務員はどうでしょうか。よく忙しいという言葉を聞きますが、役所人間の仕事は市民に対するサービス業だよね。全国に地方公務員が何人いるか知らないが、今回のような初歩の初歩的欠陥業務を誰一人指摘する人が無かったのだろうか。QC的疑問を感じなかったのだろうか。

原因の一つに「住民票と戸籍」との照合作業は『義務』ではなかったそうだが、、素人からみれば幼稚園的な常識に対して、有能な地方公務員の誰一人として、改善案を出さなかったことの方に、驚きを禁じえない。本来はペナルティーだと思いけど、25億円も税金投入してくれるんだもん、仏の厚労大臣だね。

・・・・・・・・「坐わって仕事をする人々のほうが、立って仕事をする人々よりも所得が多い。」( ナッシュ )・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

シルエットに浮かぶ勇者

(夏の点描2・・・・・・・・⑩)

060

私たちのタッチの順番が来ました

何故か私も近寄らないで見上げて写す

剣を持っているその指が何故か気になって

じっと見つめてしまった

059

剣の先を見ると岩石を貫いてそこから

溶岩のようなものがあふれています

誰もこんなところに関心を示さずに

足首辺りを触りまくり覗いていました

062

そう、足首のところの関節部分は

丁度目線の位置にあり覗きたくなる所

皆さん集まって遠慮深い私は遠くから見つめ

控えめに撮影させていただきました

052

2分間のタッチ時間はあっという間に過ぎ去り

気が付いてみたら結局ガンダムに触らずに

股の間を通り過ぎるだけでタイムオーバー

傾き始めた陽に後姿が何かを語りかける

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

暑さに負けずガンダムも

静岡市葵区長沼のJR東静岡駅北側で開かれている模型イベント「静岡ホビーフェア」(静岡市主催)は24日午前、累計来場者数が50万人に達したそうです。

えーっすごいね。7か月で90万人の来場予定がわずか1カ月で50万人に達したそうです。先日私もガンダムを見てきて、そのついでにホビーフェアを見てきたのだけれど、多分ガンダムだけ見るならば無料だからそれだけで帰る人もいるでしょう。そう考えると、ガンダムを見に来た人は倍として100万人言っているんじゃないかと推測します。

ホビーフェアは入場券が自動販売さrているので入場者の管理はしっかりしているでしょう。夏休みと天気の良さがこの人手になったとは思うが、何と言ってもガンダムの魅力だね。通勤電車に乗っていても見えるけれど、ぜひ降りて目の前で見ていただきたい。

ガンダムの背景にそれぞれの人生が浮かび上がり、人それぞれ違った思いが走馬灯のように動き出すはずだ。人生わずか100年しかないんだから、ガンダムを見ながら今日という日を大いに楽しんでいただきたいと思います。

・・・・・・・・・「もの寂しげに過去をみるな、それは二度と戻って来ないのだから。抜け目なく現在を収めよ、それは汝だ。影のような未来に向って進め、怖れずに雄々しい勇気をもって」( ロングフェロー )・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

ブログランキングに参加しています。

下のバナーを一日一回ポチッと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

タッチ・アンド・ウォーク

(夏の点描2・・・・・・・・・・⑨)

054

ガンダムへのタッチ・アンド・ウォーク

金曜日の午後でも行列が絶えることなく

待ちきれないお客様はシャッターを押し続け

係員の声さえ聞こえないようでした

055

一回にガンダムに触れるのは20人ぐらい

しかも制限時間2分ジャストということです

大きなリュックを背負った遠方からの客

うっかりするとこの姿は私の姿だった筈

056

わずか2分間のタッチの時間だけど

タッチするどころかガンダムの足にも

辿りつかない前から跪きカメラを上に向ける

まるで恐れおおき神を見上げるように

057

足を撫でさすり抱えたたき覗き込む

スタッフの微笑みがあたたかく迎えてくれ

触られたガンダムも足がむずむずして

ちょっと誰か掻いてくれないかと言っているよう

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

ワニ君を責めないで

21日実施されたオーストラリア総選挙は、22日までの開票で、戦後初めて、与野党ともに下院(定数150)で過半数を獲得出来ない見通しとなったそうです。

前日、ワニ君が与党の勝利を予測していたのに残念でした。このワニ君はW杯優勝を予測して有名だそうですが、W杯は白黒の結果がはっきり出るのに、選挙ではそんなわけにはいかないので予想させる方がいけないよね。

日本もそうだし、欧州各国もそうだけど、政治家のだらしなさが目につき、国民の厳しい目にさらされている政治の世界。それでもやっている当人たちは国民ほど切迫感がなく、旧態然として幼稚な時点で右往左往している状態では、当分地球の危機は解消されそうもないようだ。

・・・・・・・・・・・「道は人に遠からず、人の道をなして人に遠きは、もって道となすべからず」( 孔子 )・・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

よみがえる勇者

(夏の点描2・・・・・・・・・・・・⑧)

040 

橋上駅からズームで写してみると

街の中に立ち上がったガンダムが

何かを語ろうとしているように感じます

背景の山の麓には模型工場があり

044 

ガンダムの真の故郷はすなわちここなのだ

東静岡駅北口に降りると入場口があり

静岡ホビーフェアーが解されている

下から見ると18mの巨体はやはり大きい

045 

何と言う雄々しき姿なのだ

彼は何を守ろうとしているのか

彼は何を見つめているのか

彼はどこへ行こうとしているのか

053 

見つめる人たちはこの勇者に

何を期待しているのだろうか

地球防衛か世界平和か温暖化防止か

景気回復か給料アップか熱中症対策か

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

ご飯バンザイ

 日清食品は20日、『カップヌードルごはん』『カップヌードルごはん シーフード』2商品の販売を一時休止すると発表したそうです。

先日新聞で知って面白い商品だと楽しみにしていたのだけれど、16日に近畿地区で先行販売した所あまりの人気で販売が追いつかず一時休止してサイド体制を整えて販売するそうです。

私は以前からカップヌードルの生みの親安藤百福さんはノーベル賞に値すると、このブログにも書いたことがあります。現在世界でカップヌードルの無い国はないほど広まっていますね。大国のエゴで戦争している現在にあって、難民に手軽に食料として配布することができるもの。いかに多くの人が恩恵にあずかっていることだろう。

私も海外で生活していた時、大いにたすかりました。そして現地仕様のカップ麺を食べるのが楽しみでした。以前の上海空港はカップ麺のにおいが立ち込めていたのを思い出しました。何せ空港内のお店ではお湯を提供していたぐらいです。

今度そのライス版を開発したということで、拍手喝さいしていたところです。これを発展させれば世界各国の主食のカップ版というアイデアで手軽に利用できる。よく防災訓練の時炊き出しで簡易にご飯を作るけど、このように手軽にコンビニでも販売する製品ができればどんなに助かることか。今後が大いに期待したいものです。

・・・・・・・・「天才の特徴は、凡人がひいたレールに自分の思想をのせないことだ。」( スタンダール )・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

ちょっと期待外れ写真展

(夏の点描2・・・・・・・・・⑦)

037

一度はあきらめたグランシップだったけど

喉が気持ちよくなりエネルギーが蘇ったので

やっぱり寄って行くことにした

クールダウンしたので快適な歩きだ

201008001_2

BAKU斎藤氏のアンコールワット写真展だ

2度目の挑戦でやっと訪問した場所なので

アンコールワットは思い出の場所でもある

でもエジプト展同様何かがあるかもしれない

038

そう思って写真展を見たけれど私の期待ほど

感動するものはなかったのは残念だった

まだ見ぬアンコールワットならきっと私も

多いなる感動を感じたかもしれないと思った

039

再び東静岡駅に戻りガンダムを目指す

駅の窓から見るとまわりの景色に溶けて

まるでプラモデルのようにちっちゃく見える

この写真ではどこにいるか解りませんね

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

世間との約束は破り易し

警視庁組織犯罪対策5課は18日、覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反容疑で、俳優の清水健太郎(本名園田巌)容疑者(57)を逮捕したそうです。

清水君の姿を見ていると人間の哀れさを感じてしまいますね。誘惑に負けてしまうのは清水君だけでなく我々みんなが持っている人間の悲しさだ。だからといって彼が許されるわけにはいかないだろう。

私も海外で仕事をしていた時は、周囲に大麻もケシも咲いているそんな村だったし、目の前に大麻たばこが向こうからやってくるような環境だったが、一切手を出さなかったのは、自分の意志が堅かったからだと思う。

一緒にいた先輩が「禁煙していなかったら試してみるのだけどね」なんて冗談を言っていましたが、当時の私はヘビースモーカーだったののでついつられそうになって押し止まった。その時以来人間というものは、何によって生き方の方向が決まるかおぼろげながらわかった気がした。

それは「他人との約束は破っても、自分との約束は破るな」という、ちょっと逆説的な座右銘。なぜなら他人との約束は謝罪がをすることで許されるかどうかわからないものだが、他の知るところとなる。自分との約束は自分しか知らないことなので破りやすい故にその罪の重さは何十倍も重い。

そう考えると、「男として」自分との約束は絶対に破るわけにはいかないのだ。海外での誘惑も、40年吸い続けたたばこの休煙も、全て自分との約束なので悠々と守りきることができました。清水君はきっと「他人」と約束してきたのではないかな、もし自分と約束したのなら、恥ずかしくて絶対に手を出すことが出来なかったはずだよ。

・・・・・「あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。」( ドストエフスキー  )・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしくね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

炎天に自販機を求めて

(夏の点描2・・・・・・・・・・⑥)

030

多少曇っているとはいえ無風状態

途中の自販機で水が売れ切れで苦しい

東静岡駅南口に着くまで自販機が

見つからないのでちょっとばかりピンチです

031

駅前のグランシップに寄るつもりが諦めて

なんとか自販機がある駅までたどり着こう

とにかく日陰日陰と選んで歩いているが

そんな時は距離が遠く感じるものだ

033

ドコモビルの左側JR在来線と新幹線の

線路の向こうの山の手前に巨大ロボット

そうです故郷静岡へやっとやって来た

1/1スケールのガンダムです

034

その前に橋上駅の改札口にある自販機へ

冷たいスポーツドリンクを一気に喉へ入れた

街中なので安心していたけれどまさか

売り切れとはこの暑さのせいだったんだね

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

寒さの夏はおろおろ歩き

猛暑の中でウオーキングする時、熱中症を防ぐには中高年は若い世代に比べて1・7倍の水分補給が必要なことが、滋賀県立大学の寄本明教授(運動生理学)の調査でわかったそうです。

水分補給はいつも気をつけていますが、1.7倍も必要なんてちょっとばかり驚きですね。塩分等ミネラルを補給しつつの水分補給ということなので、私はいつもスポーツドリンクを愛用しています。

ついうっかり強行に歩く癖があるので、自分が気をつけると同様同行者がいる場合はうるさいほど水分補給のことばかり言っています。以前水分が切れて危うくダウンするような経験があるため、特に注意しています。

熱い時は歩かないのが一番だとは思うけど、歩きたいのは歩きたいのだ。それにしても我が人生の中でも1・2を争うような暑さの夏だったね。もうちょっと続きそうだけど。

・・・・・・・・・「少なくとも知恵者には、自分の知恵によってでなければなれない」( モンテーニュ )・・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

平和な時代であったなら

(夏の点描2・・・・・・・・・⑤)

028 

東光禅寺を出て東名のガードをくぐって

静岡草薙球場に差し掛かると野球像が

通り過ぎたのをまた戻りちょっと挨拶

この球場でこの二人とくれば決まっている

025 

日本の野球黎明期の昭和9年ここ草薙球場で

日米野球が行われ当時のホームラン王

ベーブルース他超豪華メンバーをそろえて

試合が行われた。勿論これはベーブルースです

027 

となると当然この人は弱冠17歳の

澤村栄治投手と言うことになる

戦争さえなかったら澤村選手はまだまだ

活躍できたはずだよね。戦争はいけない

029 

さらに西へ向かうと大谷川放水路だ

今年全国で洪水被害があるが静岡の

七夕豪雨の教訓から改修されそれ以来被害減少

その向こうは東静岡駅のグランシップとドコモビルだ

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見と花火と

01

毎日ブログUPを目標にして

まだがんばっていますが

昨日山と海へ遊びに行き遅くなって

ログインしようとしたら何故か不可

悔しいから今書いています

午前中滝を見に行き

清流の中で沢ガニと戯れ

02

夜は夜で焼津海上花火の見物

10歳未満の子供たち数人も

皆大はしゃぎで一日中元気だった

むしろ大人の方がばて気味で

日中大雨が降ったということだが

我々が移動した所は雨なかったという

ラッキーも重なって楽しい一日だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

日本一の立ち達磨

(夏の点描2・・・・・・・・・・④)

021

県立美術館を出て南幹線の手前を西へ向かう

電車に乗ればすぐなのだけど幸い曇りだ

東静岡駅まで歩きましょう

何やら看板に「日本一の立ち達磨」と矢印

022

そんなのは聞いたことないなーと思いつつ

横道に入ると曹洞宗の東光禅寺があり

お墓も本堂も探したが何処にも達磨は

見つかりらないので諦めて帰ろうとすると

023

表口の道路沿いにいらっしゃいました

2009年5月19日にブログで書いた

伊豆西海岸の旅の達磨寺の立ち達磨と

比べて数センチ高いかもしれないと感心

024

西伊豆の達磨さんは坐像では日本一だから

立ちも座りも静岡県が一番と言うことになるね

安心して再び東静岡に向かい歩き出す

東名高速のガードをくぐり抜けて西へ

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

やさしい思いやりね

防衛省は11日、2011年度予算の概算要求で、経済成長や国民の安全・安心などを基準とした特別枠向けの要望に在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)を盛り込む方針を固めたそうです。

政治用語は素人では分かりにくいけど、特別枠と言うのはなんでしょうね。国家予算を一律50%下げないとやっていけない今の日本だけど、とりあえず10%削減が目安らしい。けれど福祉や教育など絶対減らしてはいけないものを減らすわけにはいかないはずだから、特別枠を設けようというわけかな。

その特別枠に軍事費の中の特にアメリカ軍家族の高級生活維持の思いやり予算を入れちゃおうというわけかな。日本の代わりに戦争やってくれている米軍の家族のためには私たちは全幅の生活は保証してあげましょうという日本人の優しさだね。

日本の軍事費はGDPの1%程度だから世界から見ると低水準だと盛んに言っていますね。誰が言っているのでしょうか。物事には前と後ろでは同じものでも姿が変わって見えます。

GDPの1%程度と言うのはいくらでしょうか、ざっと見ると4.8兆円ぐらいかな。我々がいろいろ払っている税金、つまり国家の収入は37~8兆円で、あとサラ金(国債など)で44兆円穴埋めしてるよね。ということは我々納めている38兆円ぐらいの国収入から4.8兆円も戦争のための支出をしているわけで、本来の収入の12%以上を使っている計算になるね。

これが正面から計算した数字だけれど国家は「皆さんの納めてくれた税金の12%以上を戦争のために使っています」何てことは言わないよね。いかに少なく見せるために「GDPの1%」しか言わないのだよね。

アメリカ軍への思いやりも一時は2800億円も献上していたが最近は1800億円程度に負けてもらっているんだといって威張っているようだけど、それってどうなんでしょうか。一律10%削減には絶対入れたくないようだけど、そん代わりに犠牲にされるものってなんでしょうね。まさか・・・・・。

・・・・・・・・・「将来の戦争は勝利に終わるのではなく、相互の全滅に終わる」( バートランド・ラッセル  )・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

考えるふり

(夏の点描2・・・・・・・・・・③)

012

緑陰での軽い昼食の後

プロムナードのモニュメントを見ながら

美術館へ歩みを進める

蝉の鳴き声も喧しく森に響く

020

美術館は日本平をバックに静かなたたずまい

丁度お昼時で入場する人は少なく

あたりは静かな空気が漂っています

この時期木陰が無いと歩くのも大変だ

201008001

美術館ではトリノ・エジプト展開催中

以前もエジプト展を見て実際に

エジプトでツタンカーメンのミイラと

対面していたがやはりまた来てしまった

018

伝ツタンカーメンの立像に感動した後

いつものようにロダン館へ寄りました

これまたいつものように考える人と一緒に

椅子に座って「考えるふり」をしてきました

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

何を理解すればいいのかな

菅首相は10日の記者会見で、昨年の衆院選で民主党が掲げたマニフェスト(政権公約)について、「いろいろな制約の中で実行が難しいもの、修正が必要になるものは、きちんと国民に理由を説明し、理解いただく努力も含めて誠実な対応を取りたい」と述べたそうです。

今や前政権同様、国民は日本の政権担当する連中を信じなくなりましたね。せっかく政治をするチャンスを国民に付託されたにもかかわらず、もったいなくも自己放棄してしまった民主党政権。

マニフェストいわゆる国民とのお約束何て、時代の移り変わりで破ったっていいけど、その破り方に問題があるよね。公約以上に国民が幸せになる方向が見つかったから、公約の変更をしますというのが政治家の使命だよね。

それがどうやらまったくの逆で、国民が不幸になる方向に変更なんて、それこそ政治じゃないよね。少しは頭を使い、汗を流して、日本企業が頑張っている何十分の一でも政治らしきことをやれば、今の日本は必ず立ち直れるはず。

今回の国が事業仕分けをする前に、静岡県の事業仕分けを見学し学習したように、やればできることをまずやってみよ、ごたごた泣き言ばかり言って国民苦しめる前にやることいっぱいあるんじゃないかな。

・・・・・・・・「英知は、次になすべきことを知っており、美徳は、次になすべきことを行っている。」( ジョーダン )・・・・・・・・・

「 無門の縁台日記・PERTⅡ 」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

美術館へのプロムナード

(夏の点描2・・・・・・・・・・②)

006 

真夏の太陽が燦々と輝けば輝くほど

花たちは喜んでいるように思えます

熱さに音をあげている人間達を

憐れんでいるのかもしれませんね

007 

お庭の片隅から道行く人を見ているのは

ハトか カラスか ウグイスか

熱さなんか僕には関係ないよなんて

笑っているのかもしれませんね

008 

草薙駅から南幹線を歩き美術館前駅を

左に折れて日本平の端にある緩やかな

坂を上って静岡県立美術館へやって来た

駅からの道の欅並木の木陰は気持ち良い

013 

美術館へのプロムナードは木漏れ日の中

野外彫刻の前のベンチに座り

途中で買ってきた菓子パンをかじる

ちょっと早目の昼食です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

もう気が付いてもよさそうなもの

新華社通信などによると、中国西北部の甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県で8日午前零時(日本時間同午前1時)ごろ、大規模な土石流が発生し、少なくとも127人が死亡、約1300人が行方不明となっているそうです。

インドでもパキスタンでも土石流や洪水やら世界各地で異常気象。日本でも熱中症で亡くなる人が続出、ロシアでは火災や温暖化で麦がとれないそうで、輸出禁止の措置も考えているらしい。

これは単なる地球の悪戯と考えて、しばらくすれば終息すると考えるか、それとも温暖化なんて糞くらエと嘯いている大国の責任なのか。少なくとも、考えられる対策があるなら、それもやってみる価値はあるだろう。我が国は発展途上国だと言いつずけて、まだまだまだエネルギーを消費し続けるぞと言い続けるのどうでしょうか。

温暖化はCO2と関係ないといって、条約批准を拒否した大統領もいたよね。確かなことは、よく解らないまでも、こんなに地球が駄々をこねているんだから、やれることはやって見ようよ。ねえ、あの国とあの国の元首さん。

・・・・・・・・・「われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず。」( シェイクスピア )・・・・・・・・・・

「無門の縁台日記・PERTⅡ」
( 
http://mumon-endai.at.webry.info/ )もよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 7日 (土)

ちょっとだけ散歩に

(夏の点描2・・・・・・・・・・・・①)

001 

とにかく今年の夏は異常に熱い日が続き

外に出歩かないのが一番安全だけど

そうなると引きこもりがちになてしまう

そこで久しぶりにバスに乗り外に出る

002 

JRで4か月ぶりに草薙駅に降り立った

危ないほど真っ青な空と無風の駅前

連日の熱射病のニュースが頭をよぎる

出来るだけ日向を避けて歩く事にする

004 

静岡・清水間を国道とJRを挟んで走る南幹線

午前11時ごろの街路は灼熱地獄を呈して

歩く者嘲るようにほくそ笑んでいる

右を歩くか左を歩くかいずれも同じようだ

005 

しかし何時ものように背中に負荷をかけるため

背負っていたリュックは家に置いてきたし

肩から提げているのはペットボトル一つだけ

しかも今日は散歩だけだから大丈夫だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

太陽を嫌った男たち

米上院本会議は5日、連邦最高裁判事に指名されたエレナ・ケーガン訟務長官(50)の人事を賛成63、反対37で承認したそうです。

最高裁判事団9人中3人が女性判事と言うことになったらしい。男性と女性の比率に寄れば6対6でもいいはずだよね。今まで判事は男性の仕事と数千年前から決め込んでいたのでわずか3人でもニュースになってしまうのかね。

男女雇用均等法もまだまだ完全に市民権を得るまでにはいっていないのかな。国会議員だって警察だって社長だって世の中半分は女性でいいはずだよね。昔に比べて徐々に改善して行っているんだから、いつかはそんな時代が来るでしょう。男も女も違った意味で頑張りましょう。

・・・・・・・・「元始、女性は実に太陽であった。真心の人であった。今、女性は月である。他によって生き、他の光によって輝き、病人のような蒼白い顔の月である」( 平塚雷鳥 )・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

粋な仲良し4人組

(夏の点描・・・・・・・・・・・・⑨)

07025

やっと公園の中から直射日光が消えました

昨年まで櫓を組んだステージだったが

今年は芝生のステージで涼しそう

仲良し4人組の魚河岸シャツも粋だね

07029

宴もたけなわ涼しさの中に他町内のお客様も

私はあちこちの席にお邪魔して楽しく歓談

今年は落ち着いてじっくり飲んでいられない

話を聞くとどこかで繋がりあって楽しいね

07031

芝生ステージで踊っていたフラダンスチーム

客席に来てレイや頭飾りをお客さんに付け回る

私もレイをかけられ舞台上に上げられた

私はステージのど真ん中で踊りまくりました

07034

最後まで忙しかったのは氷屋さんのお父さん

昨年まで旧式の氷カキだったけど今年は

レンタルで最新式を用意したものの子供たちの

パワーには完全に負けているようでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

信頼できるものがほしい時代に

県は3日、東京都内で高齢者の所在が相次いで不明になっている問題を受け、各市町に文書で100歳以上の高齢者の生存確認をするよう要請したそうです。

お役所とは厳正にして国民の正義を守ってくれる所。そのために職員は市民県民国民に絶大の奉仕をする所。ゆえに国民は役所の人間に給料を払い信頼もする筈だよね。なのになぜこれほど単純で初歩的なミスを犯すのだろう。しかもわずかばかりのお年寄りの消息さえ把握できないなんて信じられない。

個人情報保護の名目で我々のような一般国民さえ自己紹介にためらわざるを得ない状態だ。せめて国家がそれぞれ一人一人の国民の情報をしっかりと握っていないか限り確かなも9のが何処にもないことになる。

国民背番号制が問題になったことになる。国家に国民の信条まで制約される心配から反対するという。不安定な国家だったらそれもあるだろう。しかし、国民年金の番号さえ管理できない国に対する心配が背番号制にも反映しているのかもしれない。

歴代厚生省幹部の犯罪を総括していない国家に、国民の情報を管理する能力も無いし、情報を開示する気も起こらないのかもしれませんね。困ったものです。

・・・・・・・・・「なんと多くの人間達が、罪のない者の血と命で生きていることか」( ラ・ロシュフーコー )・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

子供たちが主役だね

(夏の点描・・・・・・・・⑧)

07021 

会場にはまだ少し日が当っていますが

もう人がいっぱい集まっていました

なにせ生ビール飲み放題だから安心です

そして子供たちと言えば勿論

07019 

テントの一角にもう集まっています

子供たちへのジュースの引き換えも

子供たちが率先して引き受けているようです

町内が一つになり納涼会を作っています

07020 

金魚掬いは例年女の子の名人が現れ

その集中力は見ていても楽しいものだ

いつも担当しているおじさんはから

今年はお母さん達が金魚担当を買って出た

07023 

子供たちのもう一つの楽しみはカキ氷だ

これだけは幼児から大人まで誰もが好きで

これなくては納涼会とはいえないね

お父さんに取られないように食べちゃおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

頭を使うのを忘れたのね

菅直人首相は2日午後の衆院予算委員会で、消費税率引き上げ前に衆院解散・総選挙を行う考えを重ねて強調したそうです。

政治が国民の意識から大きく乖離して久しい近年、彼らの頭の中の構造はもう立ち直れないほど破壊されているの感もしれないね。増税しか頭にない元首では、この先日本の行く末は知れている。

最近も国会議員の削減を言っていましたが、本当に理解して話しているのか疑問になってしまいますね。国家が収入に見合った生活をするには、国会議員初め公務員、そして公共投資や軍事費などは全て半減するのが、小学生でもわかる理屈。

もし数を減らさないというのなら、費用は半分にするだけのこと。それが国力にあった政治ではないか。その上で、国民が最低生きていかなければならない、福祉や教育を優先させたうえで、予算を立てるという、当然すぎる論理がベースに立った政策なら歓迎できるが、そんなことは爪の先ほど考えていない筈だよね。

外国が攻めてきた時どうするんだ、公務員が失職したらどうするんだ、天下りが生活できなくなったらどうするんだ、企業が倒産したらどうするんだ、国会議員への賄賂が減って選挙運動ができなくなったらどうするんだ。私には増税しか頭に浮かばない。一般庶民は黙って増税に耐えるのが真の国民と言うものだ・・・・・・ですか。

・・・・・・・「自分が立っている所を深く掘れ。そこからきっと泉が湧きでる」( 高山樗牛 )・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

納涼会準備完了

(夏の点描・・・・・・・・⑦)

07016 

だいぶ日が西に傾きだしたところで

納涼会開始まで1時間を切って会場設置

ブルーシートと茣蓙を敷いて準備完了

これほど天気が良いのも久しぶりかも

07015 

子供たちに一番人気のある金魚すくい

金魚屋さんから袋いっぱい到着です

出目金含め大きな金魚も数匹まぎれて

子供たちの喜ぶ声が聞こえそう

07017 

若い人たちがほとんど準備してくれて

私はほんのちょっと手伝っただけなのに

汗びっしょりになり一度家に帰ってシャワー

そして着替えて体を冷やしてから出直す

07018

日がすっかり西に傾き少し遅れて参加

もうすでにプログラムも進み大先輩達の

ハンドベルの演奏が始まっていました

今年は男性も加わり腕前も上々です 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »