« どっちが主なのか | トップページ | 日本が目指すものは »

2010年4月 8日 (木)

秋葉ダム吊橋を渡る

(天竜川源流への旅・Ⅳ・・・・・・・・⑯)

118

秋葉ダム吊橋の袂に写真が

往時の天竜川の様子を描いていた

筏の仲乗りさんが行きかう急流

帆かけ舟で鉱石を運ぶ風雅

119

ダムのすぐ下にある秋葉ダム吊橋

真っ赤かで手摺が深くて安全だ

ダムの放水のすぐ下だからそれなりに

頑丈に作ってあるのでしょうね

120

勿論ダムの放水はすぐ目の前

足元にもその波のうねりが押し寄せ

正面からのダムの姿を堪能した

この日三つ目の歩行橋です

121

橋を渡りきって再び左岸へ

この吊り橋を含めてここは

東海自然歩道でもある

吊橋は熊方面で左は秋葉山だ

123

私の場合は復路と言うことで

左へ川を下って秋葉山方面へ

歩いている途中で秋葉山分岐を通過

さらに川沿いの水仙街道を行く

124

川の北側は日当たりが良いせいか

桜の花も南側より花開いていた

道は少しずつ上り坂になり

上を走っている県道へと続く

|

« どっちが主なのか | トップページ | 日本が目指すものは »

コメント

Toutou RIO DE JANEIRO mo AME no gisei ni narimashita
100 nin ijyou no giseisha ga dete imasu Kouyuu nodokana
fuukei o miru to shizenn no arigatasa ga yoku wakarimasu
ga ningen no okashita tumi ga nanbyaku bai ni mo natte shikaeshi osuru shizen no kowasa tashikani mimashita
najyuu nen maeni suteta gomi no yama sono ue ni IE ga
tachi ...sonokoto o shiranai hitotachi gomi no daichi dewa
kagaku bushitu ga bunkai shi shizukani GAS o tukuri tuzukete imashita dosha kuzure ga RIO no machi zentai de
haseei shimashita ippan no hitoga tetudaimasuga kono
gomi no yama no doshakuzure dake wa gomi ga kowakute
teo tukeru koto ga dekimasenn hontou ni kowai koto desu....KUNI ga ikura yutaka ni nattemo sore o ri-do suru
hitotachi ga kashikoku naito kono keiken wa ikasarenai desho...mada AME wa yatte kimasu...

投稿: shiro | 2010年4月 9日 (金) 01時51分

shiroさん こんばんは

日本でブラジルのニュースを見ると、ただの洪水のように思えますが,shiroさんの話では洪水+人災も重なっているようですね。
広大な大地があるブラジルでも人はどこかで集団になって生きているのでしょうね。そうなると人災も起きやすい。そこにはルールと言うものが絶対に必要なんだよね。
オリンピックを控えているブラジルも、それを機会にもう一度何かを立て直すチャンスだろうね。果たしてそれを生かし切れるか。
中国のように、オリンピックを境にして貧富の差の拡大になっては取り返しが出来なくなってしまうかもね。

投稿: 無門 | 2010年4月 9日 (金) 23時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉ダム吊橋を渡る:

« どっちが主なのか | トップページ | 日本が目指すものは »