« 進化か生き残りか | トップページ | 残念な云いわけ »

2010年3月29日 (月)

若い力と感激に

(天竜川源流への旅・Ⅳ・・・・・・・・⑥)

035

船明ダム湖は有数のボート場

数々の協議が開かれ選手も育っています

練習しているチームは夢の架け橋まで行き

ぐるぐるまわりで練習しています

036

競技場の本部はどうやら対岸のようです

全国高校選抜ボート大会とのことで

野球同様選抜大会は春の風物詩ですね

色とりどりのユニホームが華やかです

037

湖の半分の本部に近い方が

ボート競技のコースになっていて

手前は練習兼集合路のようで

目の前を二艇がスタートへ向かう

038

私も脇見をしながら上流方向へ

この日このコースはライダーが多く

皆快調に私を追い越して行く

ドン亀の私は黙々と前に進みます

040

スタート位置に続々と艇が集結

審判艇も待機してスタートを待つ

どうやら一艇だけ遅れているようで

スピーカーで促しているようだった

043

高校生の女子の二人乗りのようです

はつらつとした若い力があふれ

スタートを待つ気持ちの高まりが

見ているものにも感じられました

|

« 進化か生き残りか | トップページ | 残念な云いわけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若い力と感激に:

« 進化か生き残りか | トップページ | 残念な云いわけ »