« 氷の上の夢のかけら | トップページ | 有頂天モードに突入ね »

2010年2月 9日 (火)

中間地点を通過する

(天竜川源流への旅・番外編・・・・・・・・・・④)

021

海抜400mと言うことは

九里橋から300m登って来たのだ

秋葉山は道標や海抜表示など

たくさんあってずいぶん親切な山

022

この標識のあるところは

「十八丁茶屋跡」と言う木札があり

往時の賑やかな雰囲気が忍ばれる

約三分の一まで登って来た計算

023

木曽川と並んで天竜川も

美林で有名なところ

それでもこのあたりのヒノキは

まだ若そうな林ばかりです

024

あっという間に海抜500m地点

尾根道の筈だけど眺望は良く無い

延々と林の中の道を行くだけだが

それでも歩きやすいので苦痛はない

025

秋葉山頂まで2100mで

坂下まで2000mと言うことで

ここが丁度中間地点ですね

うっかりするとただの山道と錯覚

026

でもここはまさに秋葉山参道です

ところどころに小さな石灯篭があり

初めて大きな石灯篭のにも出会った

でも何やら崩れているように見える

|

« 氷の上の夢のかけら | トップページ | 有頂天モードに突入ね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中間地点を通過する:

« 氷の上の夢のかけら | トップページ | 有頂天モードに突入ね »