« 国権の最高機関として | トップページ | 太平洋の用心棒に »

2010年1月18日 (月)

鹿島橋を渡る

(天竜川源流への旅・Ⅲ・・・・・・・・・・・⑬)

133

船問屋田代家は文化財らしく

私の歩いた日は内部の展示は

お休みらしく見学はできなかったけど

交通の要所にある存在感は感じました

135

鳥羽山公園から足元に見えていた

鹿島橋を渡ります

ここを渡ると同じ遠州でも

浜松市街地がある浜名平野です

136

天竜下りの代表される急流

かつての筏流しの中乗りさんも

こう言った奇岩怪石をすり抜けて

下流まで木材を運んだのでしょう

138

鹿島橋を渡ると道は二手の別れ

右に行けば奥浜名湖を通り湖西方面

左に行けば浜松の市街地方面になる

私は左に曲がり帰途につきました

142

飛龍大橋方面に歩いたつもりが

道を間違えて西鹿島駅に出てしまった

この駅は遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道の

接点になっている重要な駅です

147

思い直して天竜川方面に進路変更し

飛龍大橋までやっとたどり着きました

この橋も我々の時代には無かったもの

発展する遠州地方の象徴です

|

« 国権の最高機関として | トップページ | 太平洋の用心棒に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島橋を渡る:

« 国権の最高機関として | トップページ | 太平洋の用心棒に »