« 礼の国が礼を失するのは | トップページ | ドイツだけはと信じつつ »

2009年12月14日 (月)

もっと先まで

(天竜川源流への旅・Ⅱ・・・・・・・④)

030

磐田原台地を抜けて送電線が

天竜川を横切り浜松へつながる

台地までは鉄塔が数本だけで

すぐそばまで台地が迫っているか解ります

033

天竜川周辺は大井川同様

多くの工場が土手のすぐそばに

建ち並んでいます

浜名平野は天竜川の賜物

034

土手の道はほとんど木がありません

こんな大きな木があるとほっとします

真夏なら土手の道は暑くて歩けない

今の季節は風があっても快適です

035

前方に浜北大橋が見えてきました

最近あまり無理しない歩きを心がけ

今回もこの橋で折り返す予定で来た

でも順調に歩いて時間はたっぷりある

037

浜北大橋の下をくぐり

もう少し先まで歩いていくことにした

もう少しもう少しと言う誘惑にすぐ負け

深入りする悪い癖がむくむくと

039

土手の道を少し行くと河川敷に

小さな公園が見えてきました

ここまでにしようと思ったが

もう少し先まで行く事にした

|

« 礼の国が礼を失するのは | トップページ | ドイツだけはと信じつつ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと先まで:

« 礼の国が礼を失するのは | トップページ | ドイツだけはと信じつつ »