« 道具には罪がない | トップページ | 人生は心ひとつで楽しくもなり »

2009年10月 8日 (木)

力強い鉄橋をくぐり抜け

(天竜川源流への旅・Ⅰ・・・・・・・⑦)

039

新幹線の優美な橋梁

天竜川の広さを味わう瞬間

在来線よりも交通量が多い

待っているわけにもいかず先を急ぐ

040

相変わらず狭い道にトラックが

スピードを上げて走り去る

無謀なアルキニストを避ける車

クラクションを鳴らしギリギリに走る車

041

やがてJR東海道線の鉄橋に

丁度列車が通り過ぎるところ

スマートではないけれど味のある橋

浜松に通ったときお世話になった橋

042

橋の真下から見上げると

そのがっしりした骨組みは

力強い生き物のように

旅人に何かを語りかけるようだ

043

新幹線と在来線の2つの鉄橋を過ぎる

次の橋は以前歩いた国道一号になる

秋空は汗ばむほどの日差しで

水分補給には充分注意しよう

044

きれいに整地した河川敷の公園

少しの空間を狙って葛の蔓は生き生きと

その勢力を延ばし紫色の花をつけ

わが世の秋を満喫しているようだ

|

« 道具には罪がない | トップページ | 人生は心ひとつで楽しくもなり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力強い鉄橋をくぐり抜け:

« 道具には罪がない | トップページ | 人生は心ひとつで楽しくもなり »