« 抱擁するほどの喜び | トップページ | 断る勇気も時は必要 »

2009年10月 5日 (月)

掛塚橋を越えて

(天竜川源流への旅・Ⅰ・・・・・・・・・④)

020

広い広い河川敷には草が生い茂り

秋色にあたりを染め始めています

このままの自然がはたしていつまで

続いていてくれるのでしょうね

021

河口と遠州大橋が遠くなり

釣り人の数も少なくなりました

静かな川面にはゆったりとした流れ

いつものようにブンガワン・ソロを口ずさむ

022

繁みの中には確実に季節は巡り

ウメモドキのような実が色付き

小鳥たちこの時とばかり藪の中を

せわしなく駆け巡っています

023

天竜川河口より第2の橋

掛塚橋が目前に迫ってきます

その昔何度も車で通ったこの橋

河口付近では唯一の橋だった

024

今でも現役でしっかりと国道を支え

これからも幾星霜その存在感を

この広い河口とともに見せてくれるはずだ

私も私の青春も川の流れのようにあれば

025

掛塚橋をくぐり抜けて再び土手の上に

まだまだ旅は始まったばかり

変わりゆく季節の中で天竜川は

どんな姿を見せてくれるか楽しみです

|

« 抱擁するほどの喜び | トップページ | 断る勇気も時は必要 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛塚橋を越えて:

« 抱擁するほどの喜び | トップページ | 断る勇気も時は必要 »