« 人間に委ねられたものは | トップページ | 日本変身のチャンスに熟考を »

2009年10月11日 (日)

池田の渡しと池田橋

(天竜川源流への旅・Ⅰ・・・・・・・⑩)

063

天竜川渡船場跡の石碑を少し行くと

天白神社がありました

どこにでもあるような神社ですが

土手沿いにあるこの神社の境内に

061

ウォーキング中に良く出会う

東海道夢街道の案内板があった

と言うことはここが旧東海道なのか

下調べ無しのためちょっと迷う

066

そこを過ぎて少し行くと河川敷に

池田公園が見えてきたので

ここでお昼にしようと思ったが

すぐわきにまたまた石碑が立っている

064

今度は「池田橋の跡」とのこと

「池田の渡し」と「池田橋」と出てきて

どちらがどちらかわからなくなった

ふと土手の下の建物を見ると

068

池田の渡し歴史風景館とある

ここへ寄ればきっと謎が解けるだろう

誰も人はいなかったけれど

カギがかかっていなかったので入る

069

徳川家康から唯一許された渡し場

明治になり有志がここに橋を建設

木造の有料道路だったとのこと

「渡し」の浮世絵と「橋」の写真を見て納得

|

« 人間に委ねられたものは | トップページ | 日本変身のチャンスに熟考を »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池田の渡しと池田橋:

« 人間に委ねられたものは | トップページ | 日本変身のチャンスに熟考を »