« 相手があって存在がある | トップページ | 自分に恥じない生き方を »

2009年5月22日 (金)

滑沢渓谷を過ぎて

(狩野川源流への旅・Ⅴ・・・・・・②)

006

今から40年ほど前

今回の一人と伊豆を旅して

下田の近くの箕作から

河津・天城峠・湯ヶ島まで歩きました

007

齢を重ね今再びの天城への挑戦

若い時よりもむしろ今の方が

たくましく感じられるのは何だろう

自然に対する畏敬の念だろうか

008

新緑の気はあたりに満ち満ち

胸の奥の奥まで香に満たされる

とくにもみじの新芽の鮮やかさは

秋の紅葉を彷彿とさせる美しさ

009

滑沢渓谷に至る

自然林が残された渓谷には

源流をなす谷の流れ

あたりには鳥の声がこだまする

010

踊子歩道を横切る道は

橋を渡り紅葉の名所を過ぎ

天然記念物太郎杉に至りますが

我々は橋渡らずに天城へ進みます

013

案内板の右から左へ

道の駅からはまだまだ歩き始めたばかり

渓谷沿いの踊子歩道をしばらく楽しんで

左下部の国道との交点から

つづら折りの道が始まります

|

« 相手があって存在がある | トップページ | 自分に恥じない生き方を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滑沢渓谷を過ぎて:

« 相手があって存在がある | トップページ | 自分に恥じない生き方を »