« 明日の夢を見続けて | トップページ | 勝手気ままな世界 »

2008年6月 2日 (月)

説明好きなおじさんでした

(富士山周遊・ⅩⅡ・・・・・⑪)

058

箱根には多くの観光客が集まります

おじいさんおばあさんを連れた若夫婦

子供連れのファミリーや

若い女性たちのグループなど

059

箱根関所の大きな看板

ここは関所の原点ですね

東を関東・西を関西という

その語源はまさにここから

060

案内図を見ていたら傘を持ったおじさんが

いろいろと説明してけれました

初めは観光ガイドのボランティアかと思ったが

そうではなく普通の地元のおじさんでした

でも凄く歴史に詳しくて感心しました

061

関所までの道はまるでお寺の参道

両サイドには洒落たお店などがあり

観光客が大勢入っていました

歩きながらもおじさんが説明してくれました

062

若い女性たちにはこんなお店が

お似合いですね

私たちは軽く素通りして

関所に向かいます

063

関所には千人広場が控えていて

ここから順番に関所に通されて

チェックを受けるとのこと

今で言うところの出入国管理だ

|

« 明日の夢を見続けて | トップページ | 勝手気ままな世界 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 説明好きなおじさんでした:

« 明日の夢を見続けて | トップページ | 勝手気ままな世界 »