« 流木に心よせて | トップページ | 波飛沫と海の香 »

2007年11月14日 (水)

波音は悠久の響き

就任後の初の外遊先に米国を選び、明日米国に向け政府専用機にて首相はアメリカに向かうそうです。

ブッシュ戦争からオイラは離脱しなかったよ、とばかり給油法案衆議院通過をお土産に福田君ニコニコしてアメリカに向かうそうです。日本国民はブッシュ君の味方です、これからもブッシュ君の戦争の仲間はずれにしないでね、と言う訳かな。

次の政府(国会)の目標は、増税法案をいくつ可決するかに焦点が移りますね。日本にはいくつ「○○目的税」と言うのがあるか知っていますか。残念ながら数えたことがないのでわかりませんが、わからないほどたくさんあることは確かなようです。

揮発油税など道路特定財源も、構造改革などで無駄な道路をやめようといろいろ画策して減らし、財源に余裕を持たせたが、つまりこれを国民に還元するには揮発油税を下げて、国民が少しでも豊かになれば消費拡大に結びつき景気がよくなるはずですね。

ところが、あまったからと言って国民に返さずほかに使おうと昨年12月の閣議で一般財源に組み入れると決定してしまった。つまり通常の税金の他、何かの目的のために新設した税金も、目的が達成されても何か理由をつけて継続させてしまうのだ。

平成20年から制度が変わり、所得がなく扶養家族になっている75歳以上の老人から、支払能力があろうとなかろうと「後期高齢者保険料」と言う物を納めさせることになるそうだ。これも一つの「○○目的税」ですね。静岡県では年間平均で73600円負担で年金から強制的に天引きされると言う案を出してきた。

まあこういった法律が続々国会議員や地方議員によって作られますが、そういう議員を選んだのは国民であって、責任は国民にあることになりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅷ・・・・・・・③)

Photo

流木の次は貝殻の海岸

浜辺には無数の貝殻が

筋をなして広がっている

それだけ海が豊かな証拠

Photo_2

駿河湾と遠州灘が出会い

豊かな海の恵みを育んで

いるのでしょうね

遠い昔の思い出がよみがえる

Photo_3

学校が終われば一目散に

海岸に遊びに行き

日暮れまで遊んだ幼き日々

貝殻を広い集めて

Photo_4

魚を詰めるトロ箱いっぱいにした

どんな海も私には古里ですね

・・・なんて感慨にふけっていると

砂浜に岩の層が現れてきた

Photo_5

砂ばかりだと思っていた

御前崎も地下には岩盤が

隠れているようです

この地方には珍しく

活断層も潜んでいるようです

Photo_6

原発もあるけれど

地球単位に見れば

ずいぶんにぎやかな

ところでもあるようです

Photo_7

寄せては返す波を見ていると

そんな人間の営みとは別に

地球創生以来の悠久の

時間を体に感じることができます

|

« 流木に心よせて | トップページ | 波飛沫と海の香 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波音は悠久の響き:

« 流木に心よせて | トップページ | 波飛沫と海の香 »