« 恋人の聖地 | トップページ | 日々これ好日 »

2007年11月21日 (水)

巨大風車にやさしい風

額賀財務相に守屋前防衛事務次官を通じた口利き疑惑が新たに浮上して、与党を困惑させているそうですね。

幹事長の伊吹君は「まずいところがあったとしても、閣僚であるかぎり悪口を言わず、守っていかなければならない」と額賀君を擁護しているそうだけど、誰に向かって話しているのかね。国民から見れば、まずいところがある人には大臣を辞任してほしいのだけどねえ。

昔、大阪府知事が不祥事を責められた時、「なぜ君たちは知事をいじめるのだ」と名言を吐いたのを覚えています。責任ある立場の人の悪いところは目をつぶってくれと言っている訳だ。安倍君が無闇に矢鱈に守ろうとして死に追いやったこともあるのだから、いい加減目覚めてもよさそうなものだけど。

国民から見ればまだ問題になっていない他の省庁、全部に渡り同じような癒着や背任行為があるだろうと思っている訳だから、そのつど庇い合いをしているかぎり、日本の政界の病根は根絶しないどころか、悪化の一途をたどるだけだと、常識的にわかりますね。

福田君もシンガポールでこの件を聞かれ「証人喚問して、何もなかったらどうするつもりだ!」といっていたそうですが、何もないなら堂々と証人喚問を受け身の潔白を晴らせばいいだけのこと。出したくないのはそもそも問題があるからなんでしょうね。

現に東アジア会議にガンバリ君がミャンマーの拒否権で出席できないのを見てきていらっしゃるから、良くわかるはずだけど。福田君も額賀君が証人席でしゃべられると困っちゃうのでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅷ・・・・・・・⑩)

Photo

港にある人工の丘に登ってみる

津波などの緊急避難用にもなるね

元々はここは海の中で

浚渫と土盛りで作ったのでしょう

Photo_2

丘の先端まで歩いてみた

散歩コースにもなっていて

すれ違う人はみんな早足でした

ススキにやさしい風が吹く

Photo_3

御前崎は風がよく吹くところ

風力発電には最適だね

でもこの日は静かな風で

風車もお休みしていました

Photo_4

先ほどまでいた御前崎先端の

灯台は向こう側になっています

港の外側には海水浴場が

二つの弧を描いています

Photo_5

少しのんびり歩きすぎたか

秋の日はツルベ落としのごとく

ウォーカーにとっては

日の短さを感じるようになりました

Photo_6

丘の斜面にはススキが

全面的に占領して

しばらくはわが世の秋を

謳歌していくのでしょう

|

« 恋人の聖地 | トップページ | 日々これ好日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大風車にやさしい風:

« 恋人の聖地 | トップページ | 日々これ好日 »