« ねずみ塚伝説連想 | トップページ | 巨大風車にやさしい風 »

2007年11月20日 (火)

恋人の聖地

シンガポールで開催されているASEAN会議で、ミャンマーの民主化デモ弾圧問題をめぐって加盟国の間で意見が紛糾、調整が続いているそうです。

問題は国連のガンバリ特別顧問のミャンマー報告をASEAN会義の後の東アジア会議に呼びましょうというのを、ミャンマーが大反対。フィリピンは東アジア会議でなくこのASEAN会議に呼ぶべきだと言い出し、ミャンマーに言わせれば言語道断だとのこと。

ASEANは元々内政不干渉が原則だから、呼ぶこと自体が可笑しいと言う訳だ。そうは言っても、世界の注目の的になっている会議だから、呼ばない訳には行かないのがASEANの悩みの種でしょう。全会一致も原則だから、ミャンマーが反対している間はガンバリ君の登場はないことになりますね。

元々小さな組織だったが、この20年ぐらいで世界にその存在感を世界に示したASEAN諸国。かつてアメリカやロシアや日本に対して毅然と意見を言っていました。最近は加盟国が増え、後ろ盾に中国をつけた国の存在がそのASEANの独自性を損ない始めているような気がします。

元々世界一穏やかな人たちが住んでいた、東南アジア。大国の干渉に負けないで、日本を始めアメリカやロシア、それと中国や韓国の意見に左右されない、特異な平和を追求して言ってほしいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅷ・・・・・・・・⑨)

Photo

椿の森や秋の実のなり木々の

中の散歩道は気持ちが良い

いくつか曲がりくねり

海側に出たり入ったり

Photo_2

海側の展望台に向かって

彫刻の道とあるので

どんな物があるかと期待して

入っていくと

Photo_3

乙女の像が一つだけでした

この像には桂由美さんの認定した

「恋人の聖地」の文字が

刻印された銘板がはめ込まれています

Photo_4

散歩道が終わり町へ出たところに

かつての国民宿舎「御前崎荘」の

跡地がありました

池の中で亀たちが甲羅干し

鴨が羽繕いをしていました

置き去りにされたのか

町民が世話をしているのか

Photo_5

高台の町を歩いていると

そこが高台であることがわからない

ようやく道を見つけて見ると

眼下に広がる港が見える

Photo_6

御前崎港が一望に見えます

隣にある地頭方港同様

右側に土盛りした丘が見えます

何もない海を浚渫して作った港の

同じパターンですね

Photo_7

以前歩いたとき丘には

丘には登っていないので

時間があるので寄っていこう

大型貨物船が停泊しています

Photo_8

ここは貿易港 スズキの新車が

表面に白いシートを張ったまま

貨物船に載せられる順番を

待っていました

|

« ねずみ塚伝説連想 | トップページ | 巨大風車にやさしい風 »

コメント

こんにちは。
亀の写真に思わず反応・・・(笑)
好きなんですよね~~~
亀。眺めてると飽きなくて・・・

投稿: mii | 2007年11月21日 (水) 14時52分

miiさんこんばんわ

置き去りにされた亀さんでないことを
祈るだけです
小さな池にあまり多くいたのが
やっぱり気がかり

投稿: 無門 | 2007年11月21日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋人の聖地:

« ねずみ塚伝説連想 | トップページ | 巨大風車にやさしい風 »