« 様式の中の美 | トップページ | ジャじゃな白馬 »

2007年10月18日 (木)

誰も居ない海

インド洋での給油活動継続に向け、福田君は新テロ対策特別措置法案を17日衆議院に提出しましたね。

一つには廃案覚悟で意地だけで提出したと言う考え方と、もう一度衆議院に差し戻して強行採決する作戦と両面で、まだ様子見のようです。与野党の党利党略優先の法案かな。いずれにしても自衛隊は来月2日に帰る準備はしていますし、アメリカも自前で補給することを考慮に入れ作戦を展開しています。

今度の新法案の「目的」と言うところを読みました。法律を理解するのは我々凡人はいつも苦労しますね。「目的」の文は400文字程有りましたが、句点(。)は一つしかありませんでした。短文文化の日本、省略言葉氾濫の現代日本において、一句が400文字とは哲学書でもあるまいに、まさに何をかいわんやですね。

しかもその一句の中に半分ぐらいは「国連安全保障会議決議1776」で給油活動が褒められたというくだりが二箇所もあり、その部分を取り除けば未だにアメリカへのテロの脅威が取り除かれていないと言うのが主旨のようです。

今の時代、テロリストがウジャウジャとインド洋に居るイメージは無いけどね。911以前でも海賊は居たけどインド洋にテロリストが蔓延していたっけかな。今度提出した法案には、実施場所として「公海(ペルシャ湾を含むインド洋)」とうたってあります。本来必要な活動なら括弧は不要でしょうね。それにペルシャ湾をあえてうたうのはブッシュ君の残り1年のイラク戦争を応援するためのご祝儀かな。

まあ、厚生福祉部門は大増税で賄うようですから、無料ガソリンスタンドの資金は税金で大いに賄って世界平和に貢献してくださいな。それが国民の意思ならば・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅶ・・・・・・①)

006

10月1日

浜岡砂丘ー白羽神社往復

7時間 41000歩でした

最近歩くときに限って天気が悪い

当然富士山は見えません

そこでいつもの遠州灘に行って気ました

Photo

今にも泣き出しそうな空模様

浜岡砂丘の駐車場からスタート

昨夜来の雨の影響か

水溜りが残っていました

Photo_2

誰も居ない砂丘は

それはそれでロマンティックなもの

遠州灘のヒーロー波小僧も

人待ち顔で網を背負っていました

Photo_3

遠州名物空っ風にさらされた

松の林も一様に傾いています

やがてこれらの松も砂に埋もれ

新しい世代がまた砂丘を形成してゆく

Photo_4

私の海岸線一筆書きも

遠州灘では次回で終了です

できるだけ水際を歩きましょう

砂丘を超え砂浜に出る

Photo_5

浜辺からは浜岡原子力発電所は

もう目前に見えています

今日の歩きのスケジュールにも

見学が入っています

Photo_6

砂浜には貝殻の帯が

ずーと向こうまで延びています

大きな貝や小さな貝

いろいろな模様や色など

Photo_7

船が2艘 海岸に近いところを

走っています

海の上には幾層にも重なる

雲が幻想的な空間を創り上げる

Photo_8

海岸は原発の直前で

川に阻まれる

沖に小さく見えるのは

原発の取り水口の標しか

Photo_9

川に沿って土手の道を歩く

いたるところに水溜りがあります

砂の集積場などがこの付近には

たくさんありました

Photo_10

こんな何気ない土手の上にも

朝顔のような小さな花が

たくさん咲いていて

かわいい秋を演じていました

|

« 様式の中の美 | トップページ | ジャじゃな白馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も居ない海:

« 様式の中の美 | トップページ | ジャじゃな白馬 »