« 文化の海・祈りの海 | トップページ | 話題の原子力発電所 »

2007年10月25日 (木)

南国の赤い道

米統合参謀本部のシャーロック陸軍少将が24日の記者会見で、日本の給油活動の停止について「どういう事態かよく理解している」と米軍幹部として初めて認識を明らかにしたそうです。

あれ、数日前に言っていた様な気がするがまあいいか。実はもうとっくの昔にアメリカは気が付いていたことで、福田君がどうしても、こだわりのゼスチャーをしていることに対して、気の毒になってしまったのでしょうね。

アメリカは01年から07年に費やした、戦争経費は6400億ドルでざっと計算して年間10兆円で、このまま行って17年までに最大270兆円つぎ込むそうです。それから言えばインド洋の無料ガソリン代など、はした金なのですね。

もし戦争をやめてしまえば、この270兆円産業が成り立たなくなります。アメリカが破綻すれば日本もあおりを食います。昔ニューディール政策で不況を救った大統領がいましたね。今は戦争産業で不況を防いでいるのかもしれません。

アメリカが一番いやだと思っていることは、ブッシュの戦争をブッシュの戦争といわれることなのです。ですから、国際○○対策活動であり世界中の国が参加することに意義があるので、日本に離脱してほしくないわけだ。

その考え方から言えば、お金を出してでも日本にインド洋に留まってもらいたいと、言いたいのがやまやまなのかもしれませんね。その点韓国ははっきりしていて、議会に対して、拝み倒してまで1年延長したイラク派兵を、さらに一年延長する理由に、まだ石油の分け前がはっきり決まらないからだといっていますね。本音で勝負の韓国か、建前論の日本か・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅶ・・・・・・・・・・・⑧)

Photo

白羽神社を出て横須賀街道を戻る

街道筋は古いお屋敷が多く

この神社と見紛う森も

一軒のお屋敷の一部でした

Photo_2

この海からずいぶん高い台地も

畑は砂地でした

何万年の昔から降り積もった

砂がこの台地の畑を作ったのか

Photo_3

砂地に適した野菜は

やっぱりサツマイモだね

青々とした葉っぱの下に

丸々とした芋が収穫を待っています

Photo_4

台地をゆるやかに下り

平地に出ました

いつもは濃い紫の葛の花が

ここではピンク色のやさしい色

Photo_5

通りがかりの道端に

木の実がいっぱい落ちています

何の実なのでしょうか

南国の香りです

Photo_6

ナツメヤシでしょうか

国道脇にいっぱい植えられて

ここは静岡県でも南国であることを

思い出しました

Photo_7

国道はやがてゆるやかな上り坂

赤い歩道になりました

しかもふわふわする感じ

指で触ってみるとゴムのような弾力

しばらく気持ちよく歩いていたが

いつの間にか自然に左側の

コンクリートの上を歩いていました

何故なんだろう

|

« 文化の海・祈りの海 | トップページ | 話題の原子力発電所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南国の赤い道:

« 文化の海・祈りの海 | トップページ | 話題の原子力発電所 »