« 環境保護って何だろう・・と | トップページ | 野茨のさく土手の道 »

2007年7月 9日 (月)

ハマボウは温帯のマングローブ

我県のI市の市議会議員のある会派の一つK会が政務調査費を市からいただくのを辞退すると言うことになったらしい。どうやら、政調費で行ったある会議で、他県の議員が会議を抜け出し観光していたのが発覚、自分たちが同一視されたくないと言うことで辞退するようです。

何か、ピントが外れすぎて、どう解釈していいものやら考えてしまう。議員には研究研修費や調査旅費、広報費、事務費などが認められていて、それは当然なことだけれど、何で辞退するの。地方と言えども政治家の端くれだ、政治家とはその身を挺して住民に奉仕するのを本望とするはずだし、そのために住民が困窮している状態とか住民が望んでいる方向は何かを常に研究調査して政治に反映する義務があるのですよ。

だったらそれを調査したり研究したりするために欠かせないお金なら住民はいくらでも税と言う形で提供します。もちろん、堂々と使うお金だから、やましいものは無いはずし領収書を出せとは言わないけれど明細をはっきり出せばいいことですね。明細が不明ならば領収書を確認させていただくのはいいでしょう。

議員はその報酬としてちゃんと給料はいただいていますね。でも、タクシーの運転手だって、車が無くては仕事ができません。お店屋さんだってトラックの一つも必要でしょう。つまりこの場合の車は仕事をするうえでの道具です。政治家は調査したり研究するのもそれ自体必要なことなのですよね。だったらそれを辞退すると言うことは、道具も無くて家を建てる大工さんみたいなものかもしれない。

市民の代わりに議会に行っているのだから、代議員言うのでしょう。政務調査費を辞退すると言うことは仕事を放棄することになりませんか。

どこかの国の首相が、大臣の事務所経費に対して、領収書の公表はしないようになんて指示していることに、国民が変に思っていることを、ひょっとしたら自分たちにとばっちりが来るのではないかと恐れてのことですか。あの国はね、青年を政治から遠ざけることで成り立っているのだから、先行きは見えていますね。そんな国とあなた方の市と一緒にしてはいけません。

あなたたちのように正々堂々経費を計上し公表していところでは、今まで通り、しっかり政務調査費を使って市民のために奉仕していただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅳ・・・・・・・・・④)

Photo_1767

太田川は一見したところ

菊川より大きく見えます

でも菊川は1級河川で

こちらは2級河川です

それだけに開発から遅れた分

自然が残されているのかもしれない

Photo_1768

カニ達が遊ぶ干潟からは

前方にこんもりした森が見えます

海岸などで見かける

ハマボウの群落のようです

Photo_1769

その一角に野鳥の観察小屋

上ってみたがどうやら土日しか

戸は開かないらしく

ベランダからの観察になったが

あまり意味ないね

Photo_1770

ベランダから見るハマボウの林

なるほどこれだけの群落は

今まで見たことが無い

やはり圧巻です

Photo_1771

林の中へ少し入ってみる

以前南の国で見た

マングローブの林のようだ

こういった林の中はなぜか

気持ちが穏やかになりますね

Photo_1772

川をさかのぼり国道まで出る

その間の河川敷は公園になっていて

なぜかミニ列車のレールがある

もうこれ以上の開発はやめてね

彷僧川と太田川の人を癒す景色が

いつまでも続くことを願います

Photo_1773

海からの最初の橋は

国道150号線です

気持ちよい川風を受けて

対岸を目指します

|

« 環境保護って何だろう・・と | トップページ | 野茨のさく土手の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハマボウは温帯のマングローブ:

« 環境保護って何だろう・・と | トップページ | 野茨のさく土手の道 »