« 城跡に風が止まる | トップページ | 今年は2本で簾作り »

2007年7月31日 (火)

厚切りハムはいかがですか

安倍君は元気いっぱいで「一層の緊張感を持って職務に当たってもらいたい」と閣僚に檄を飛ばしたそうです。首相が辞めないという以上、首相は続投できますので、いつものように法にのっとってがんばってください。法律の範囲内であれば何をやってもいいわけだからなんら恥じることはない訳だ。

朝青龍だって法にのっとってちゃんと診断書を出して、巡業を休んだのだからとやかく言われる理由はないのに、一般人のスクープ映像が放映されると、理事長に呼び出されて起こられるなんて彼にとっては間尺に会わないでしょうね。規則通りちゃんと診断書出してるのにな~ってとこですね。

今回のバンソコウ選挙で赤木君もノーコメントを決め込んでいますね。何で俺が攻められるのだ、俺は法にのっとって、しかも一国の首相がいいって言っているのに何で世間が騒ぐんだ。選挙結果だって俺のせいじゃないよ、もしそれを言うなら、俺をやめさせられるのは首相だから、首相が辞めろといわない限り、法的には何にも問題ないじゃないのてなところですね。

まあそんな訳で、歴史に残る首相になっていただきたい。不信任決議出されても「安心してください、私はやめません」といまや専売となった的外れな安心の押し売りで、跳ね除けてください。歴史に残る農相というのもいいね。領収書は改ざんできる物だから、もし提出せよといわれても今のうちにちゃんとつじつまを合わせておいてくださいよ。人情論や倫理論では大臣を辞めさせることは法的にはできません。やいのやいの言われたら「私のように法にのっとって」やれと堂々といい続けてください。

3人ほど途中リタイヤした大臣も居たけど、それじゃあ普通すぎて歴史に名を残せません。根性根性。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅴ・・・・・・・・・⑧最終回)

Photo

横須賀城から旧街道を

そのまま歩いていくと

袋井の町に向かってしまう

街道を離れて海に向かって歩く

Photo_2

大須賀の町から浜松までは

さえぎる山もない大平野だ

天竜川が作り出した県内一の

平野に稲田が青々と広がる

Photo_3

国道150号に出て

一気に福田に向かって帰ります

周りの景色もあまり変わらないので

わき目も振らずに歩いていたらで

Photo_4

でっかいねずみの母さんが

おいしそうな厚切りハムをお皿にもって

お兄さんちょっと寄って行きませんかと

声かけました

・・・旅を急ぐものですから・・・といって

丁重にお断りしました

Photo_5

太田川の橋の袂の交差点

ここまでくれば福田漁港までは

一本道で2,30分で到着だ

もう一息がんばろう

Photo_6

夕暮れ近い漁港には

まだまだ釣りをしている家族連れが

いっぱい居ました

さてさて今晩のおかずは獲れたかな

|

« 城跡に風が止まる | トップページ | 今年は2本で簾作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚切りハムはいかがですか:

« 城跡に風が止まる | トップページ | 今年は2本で簾作り »