« 灼熱の自転車道 | トップページ | 真夏の花に声かけられて »

2007年7月26日 (木)

龍が迎える自転車橋

全国1月から6月の交通事故の死者が1954年以降で最小を記録したそうです。この分だと年間記録も最小になりそうです。

飲酒運転の取り締まりおよび罰則の強化がかなり効いているとのこと。何につけ喜ばしいことですね。事故の多い静岡県も32人減の83人とのこと。約28%ぐらいの減と言うことになる。凄い効果ですね。

私も車が好きで、結構乗り回していますが、最近は道路が運転しやすくなりました。それというのも、国道1号線バイパスの無料化で、旧国道も流れがよくなったことがあります。一概に飲酒運転だけでなく、道路のせいでもあるわけですね。

ガソリンの値段のかなりの部分を道路財源に充てて、日本の道路を良くしてきたわけで、私も大いに貢献したことになる。一時、その財源があまってきたかから、税金を安くしようといったら、一度かき集めるシステムを作り上げた物だから、容易に離そうとはしなくなって、ほかに転用するとのこと。この財源がなくなったら、天下りを食わせていけなくなるからかな

今のところ、静岡市内だけがバイパスのネックになっていますが、来年には高架化が完成して、何とか渋滞もなくなるかもしれませんね。そうなれば、又事故も減ることでしょう。

交通事故死の少ない沖縄。一昨年行った時は、ほとんどの人がゆっくり走っていました。交通ルールもしっかり守られていて、他県の人も見習わなくてはと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅴ・・・・・・・③)

Photo

松林の中の砂山を登っていく

前方にあるのは屋根瓦をいただいた

展望台でした

ちょっと見はお城でした

Photo_2

こちらの展望台は見晴らし抜群

今まで歩いてきた遠州灘が

一直線に眼下に見えます

風も肌に心地よい

Photo_3

海とは反対側には大渕の町並み

その向こうは小笠山がゆったりと

横たわっています

帰り道は山懐を歩こう

Photo_4

この展望台はコンクリート造りだけど

一見砦風になっていて子供たちの

アスレティックの遊びのコースです

それにしてはあまりの頑丈さにびっくり

Photo_5

弁財天川に弁天橋がかかっていて

もちろんここも自転車道です

ちょうどこのあたりで袋井と掛川の

市の境になります

Photo_6

橋の前方には大きな風車が

ゆったりと回っています

遠州灘は空っ風で有名な所

海岸線にズラーッと並べれば

Photo_7

立派なエコ発電施設の出来上がり

という事になるのにもったいないな~

といつも思います

海岸線に民家も少ないことでもあるしね

Photo_8

橋を越して再び自転車道へ

海を見てみると先ほど出会った

男たちがこちらの海岸に回ってきて

波打ち際で騒いでいる

私が教えたように貝を探していました

|

« 灼熱の自転車道 | トップページ | 真夏の花に声かけられて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍が迎える自転車橋:

« 灼熱の自転車道 | トップページ | 真夏の花に声かけられて »