« 砂丘が何かを叫んでいる | トップページ | 夕日が奏でる交響曲 »

2007年5月30日 (水)

変化の無い長い道

都合により昨日はブログをお休みしました。その間に静岡市出身の20歳森理世(もり・りよ)さんがミスユニバースの世界大会で優勝したニュースがありました。凄いことですね。

長いミスの歴史の中で日本人の優勝者は2人目ですね。約半世紀前に児島明子さんが優勝して以来のこと。スタイルもセンスも教養も兼ね備えていなければいけないのでそれだけに権威のある賞です。

歴史上日本では秋田美人と言われ、小野小町に代表される美人の産地がありますね。以前タイに住んでいたとき、ちょうどその2年前にタイ出身の女性がミスユニバースで優勝したことが話題に上がり、タイの美人の産地はその女性の出身地のチェンマイだと言うことが人々の一致した意見でした。そして、そのことを凄く誇りにしているようでした。

どこの国にも美人の産地と言うものがあるようで、それもどうやらその国の人の間では誰もが認めることのようです。そういう目で見るとなるほどとうなずけるものがあります。男から見て美人を見ると気分がいいもので、何か得したような気がしますね。

だからと言うわけではないが、ウーマンリブ華やかなりしころは、女性を物としてみるということでミスコンテストは女性冒涜だと言う意見もありましたね。イスラムの原理主義から言っても反対運動があったこともありました。それもこれも、美しい女性の存在が男を惑わす歴史からの教訓の一つかもしれない。「傾城の美女」一国を傾けさせるほどの美女も歴史の中では西施を代表として何人も登場していますね。大体この文章みたいに「美人の産地」などという言葉も差別用語だと怒られそうですけどね。

でも、そんな美人の産地に静岡県も世界に向かって名乗りを上げたことに、喜びを感じます。外国の人と話す機会があったら「ええ、あのミスユニバースの出身地の静岡です」と答えて、静岡を大いにアッピールしていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅱ・・・・・・・・・⑤)

痩せてきた砂丘でも

Photo_1498

若い女性グループには

気持ちの良い砂浜だろう

素足で歩く姿は

見ていても楽しそうだった

Photo_1499

砂丘入り口まで戻る

入り口にドンと構えている

大きな石

この石のところから折り返しだ

Photo_1500

ところがそれからが大変だった

左側の海岸沿いには防風林

右側には住宅や工場など

その景色が延々と続く

Photo_1501

それでも意地っ張りになって

海岸沿いの一本道を行く

時々異次元に迷い込んでいる

ような錯覚に陥った

Photo_1502

同じ景色の中を2時間ほど歩き

やっと両サイドに木がある道に

差し掛かったときはほっとした

これからは意地を張らずに

道を選ぼうと思った

Photo_1503

国道一号線が海岸沿いに

出会うところで入れ替わりに

私の方はその山側の道に進路をとる

これから舞阪港に向かってもう少しだ

|

« 砂丘が何かを叫んでいる | トップページ | 夕日が奏でる交響曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変化の無い長い道:

» 森理世 ブログ [画像]
森理世さんのブログが見られない方はこちらから画像と写真やプロフィールを....森理世さんはミスユニバースグランプリに輝き.... [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 16時20分

» あなたは流行のダイエットに流されていませんか?? [ダイエット@カロリーコントロール情報局]
あなたは 「次から次へと新しいダイエット法が紹介されるけど、何ですぐに消えていくんだろう??」 と疑問に思った事はありませんか??しかし、その答えは簡単でした。それは・・・・・ [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 21時37分

» 日本代表の森理世さんにミスユニバースの栄冠 [newsの星をめざして~ジャニーズじゃないよ~]
森理世さんがミス・ユニバースの栄冠に輝いたけど、 日本人としては48年振りとの事... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 22時27分

« 砂丘が何かを叫んでいる | トップページ | 夕日が奏でる交響曲 »