« 関所は今日も難関門 | トップページ | 天女の舞い来る海 »

2007年5月 3日 (木)

ここは日本のどまん中?

「キレテいますか。キレテくださいよ」安倍君がアメリカを訪問してブッシュ君に言ったとき、「キレテないよ。でもキレようかな」なんて微妙な発言をしていましたね。最近ヒル君の姿がマスコミの世界から消えだして、ライス姉さんがしきりに出だしています。

将軍さまの書いたシナリオでクランクインした映画「茶番劇」。主演の中国と助演男優賞を狙う韓国、それに主演女優賞を狙うロシアが名演技に磨きをかけています。スポンサーはアメリカですからいくらでも資金は出せそうだ。主演のオーディションに落選して、通行人の一人にでも参加させてもらっていっている日本も含めて撮影は快調です。クランクアップはいつでしょう。監督の狙いとしては10年計画の撮影ですが、多分永遠に完成しないでしょう。完成させないことが狙いだからです。

第一幕のBDAの資金を解除したのになぜ約束を履行しないのか。資金洗浄システムがまだ完成していないからです。現金での受取をすると話は終わってしまう。つまり日本でもどこでも良いから銀行間で資金を移動させるとだんだん綺麗なお金になる。そのシステムを確立したいのだ。だから、マカオから中国へ移動しただけでは意味が無いじゃないかと中国が言い出して拒否。それではまずロシアの銀行へ移してそれからどこかの国へ動かそうと最近だんまりをこいていたロシアが提案。ロシアからイタリア辺りへ動かせばもう立派なクリーニング済みのお金になる。今はそんなシナリオに書き直しているようです。

このシステムが完成すれば、武器や麻薬で得た金の流れの浄化システムが完成する。ドル札の印刷工場は我が国に任せてくれとこれからは大手を振って言えることになる。早くこのシステムを完成しないとブッシュ君がキレル前に将軍様がキレテしまうかもしれない。最近中国も「米国は最後まで責任を持ってやるべきだ」と声を荒げだしています。つまりはした金の25億ドルをさっさと両替してやれというわけだ。

もしこれが終わったとしても、今度は「テロ支援国家の指定解除」をしない限り6カ国協議には応じられない。解決済みの拉致を言い続けている日本をアメリカは何とかせよ、と言う問題を持ち出す所存です。見せ掛けの核を絶対に放棄しないのだから、終わりなき演出にさてそれぞれどんな名演技を各国は見せてくれることでしょう。死んだ振りしているヒル君とそれを取り繕っている優しいライス姉さん、現在、八方塞りのブッシュ君、さあどうしましょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(遠州灘・Ⅰ・・・・・・・⑤)

旧国道を東に向かって歩く

Photo_1338

浜名湖にかかる西浜名橋に差し掛かる

ここでは新幹線とJRと競艇場への道と

旧国道が狭い範囲に平行に走っている

歩道が橋の側にあり景色がよくないので

橋をくぐり反対側へ

Photo_1339

橋の下から見る景色も

また乙なものですね

普段車で通り過ぎるだけで

こんな景色が見られるのも

歩き旅ならではの楽しみ

Photo_1340

橋を潜り抜けると優美な姿の

浜名大橋が遠くに見えてきた

あの橋の下で海とつながっています

岸辺では釣りを楽しむ人たちが

話に花を咲かせていました

Photo_1341

その昔国道だった道も隣に国道が出来

そして浜名大橋の新国一が出来

そうなると初期の国道は歩行者自転車道に

なってしまった。

考えてみれば贅沢な道だ花壇や植え込み

階段まであり釣り人の絶好の穴場

Photo_1342

橋を渡ると向島で弁天島の手前の島

この島までが新居町になる

ちょうど島の真ん中辺りのレストランに

「日本のどまん中」の表示

日本に数あるど真ん中の一つが

どうやらここらしい

Photo_1343

さあ次の橋を渡るといよいよ弁天島だ

浜辺に多くの人が見える

海の上にも小船が行きかっている

海の中には大きな鳥居が見える

今日の目的地はもうすぐだ

|

« 関所は今日も難関門 | トップページ | 天女の舞い来る海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここは日本のどまん中?:

» 韓国の軽自動車とゴルフ事情 [snuff-kinのゴルフ日記:ブログ]
韓国というのは一体どのような国なのでしょうか?ここに国民性を理解する上でとても興味深い話があります・・・ [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 18時57分

» 本日の情報商材 [本日の情報商材]
本日発売された情報商材をご紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 00時30分

« 関所は今日も難関門 | トップページ | 天女の舞い来る海 »