« はいても積もる心の落ち葉は | トップページ | でっかいお「茶」文字 »

2007年4月 2日 (月)

旅人の十字路

(人間が作った砂漠)黄砂の季節がやってきたらしい。俳句の季語にもなっているほどの季節感を表わす言葉ですが、あまり好きにはなれませんね。

タクラマカン砂漠ゴビ砂漠黄土高原などの一帯から、偏西風の乗って中国大陸の空気を運んでくる。その中には有害物質もあるけれども酸性雨を緩和する物質も含まれているそうだ。

発生源の砂漠は自然現象ではなく人間が作ったものだと言う説もある。あのジンギスカンで有名な、遊牧民族が飼っていた羊によるものだと言うこと。羊は草の根まで食ってしまうため生えている植物を根こそぎにしてしまうと言う説だ。

日本の人で砂漠の緑地化に尽力している人が、始めのうちは植えても植えても羊に食べられてしまい草が根付かないと言っていました。地球上の全てがそうとは言わないが砂漠のあるところには遊牧民族が多いのが特徴ですね。逆に草地が少ないので遊牧をして各地を点々とせざるを得ないのかどちらでしょうか。

広大な砂漠を長い歴史をかけて人間が作ってしまったのだとするとそれ自体すごいことですね。北京秋天と言う言葉どおり秋の北京は澄み渡って美しいそうですが逆に言えばそれ以外は空気が澄んでいないのですね。私が行った二回とも霞んでいました。

冬は煤煙、春は黄砂、夏は何でしょう。北京の街でガイドにこの霞は黄砂ですかと聞いたら違うと言っていました。では何ですかと聞いたら答えてくれない。次の日飛行機で西安まで行ったのだが窓外はずっと霞んでいる。ところどころに煙が見える。空港に降りてバスに乗ったら車が走れない程の霞だった。

その正体は畑で麦藁を焼いている煙だった。そういえば飛行機から見えていた霞みも麦を焼く煙であることが理解できた。西安から北京までのあの広大な台地を全て覆っていた莫大な量の煙。万里の長城までかすませてしまう煙。人間の力の大きさにいまさらながら驚かされたことがありました。

人間の力で地球は良くも悪くもなるのですね。いまさらながら地球の小ささに感心を持たなくてはいけ無いのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(菊川・Ⅴ・・・・・・・・・①)

いよいよ菊川の旅も最後になりました

3月15日6時間29000歩

粟ヶ岳まで行って来ました

奇しくも今日4月2日甲子園で

常葉菊川高校が決勝進出を決めました

ブログで応援していたので

喜んでいます

決勝もがんばれ

・・・・・・・・

出発は国道の小夜の中山です

Photo_1134

あの「夜泣き石」のあった公園

その下からスタートです

静岡県の一級河川では最も短い菊川

その源はもうすぐです

けれど最終目的地をその先の

粟ヶ岳(527m)に定めました

Photo_1135

小夜の中山から少し下ったところに

菊川が見える

ここからだと粟ヶ岳は

頂上のパラボラがわずかに見える程度

山腹に書かれた「茶」の文字が見えない

Photo_1136

菊川と旧道の交わる辺りに

喜多向地蔵尊と菊石がある

お地蔵さんは祠に入っていて北向に

菊石はその脇に屋根付きで祀られていました

Photo_1137

菊石はまるで作った彫刻のように

きれいに花の模様が浮き出ていました

説明書きによるとお地蔵さんも石も

民話の世界で生き生きと息づいていました

Photo_1138

里の村には確実に春が近づいて

そこここにうずき始めた生き物の

息吹が感じられます

一時よりも空気は冷たいけれど

動き始めた季節はもう止められない

Photo_1139

菊川の「起点」は意外と近くにあった

歩き始めて数十分で川の合流点に

「起点」の表示がありました

菊川はここでおしまい

Photo_1140

さてここからどちらの川筋を行くか

「奥小鮒川」方面から遠回りして

粟ヶ岳を攻めようと思い右へ

「どこから来たのかい」頭上で声がする

Photo_1141

おじさんが石垣の上から声をかけた

「通りすがりの旅人でござんす」

ここはハイカーの十字路

おじさんはいろいろな人を知っていた

15分以上話し込んでしまった

おじさんは

「粟ヶ岳はそっちじゃないよ」と言ったけど

「気分はこっち」と言い置いて先へ行く

Photo_1142

案の定川も道も急に狭くなる

人家もほとんどなくなってきる

しかし川の水は澄み

鶯の声はますます冴え渡ってきた

Photo_1143

農道の脇に咲いている

スミレの花も人知れず可憐に咲いている

その清楚な美しさに心が洗われます

これからの季節どんな小さな花も

見逃すわけには行かない

なぜならみんな私に語りかけてくれるから

Photo_1144

川は沢になり

やがて森の中へ消えてゆきました

さあ粟ヶ岳への道は

これからもう一つ峠を越えた向こう側になる

細く急な農道を峠に向かって歩き出す

|

« はいても積もる心の落ち葉は | トップページ | でっかいお「茶」文字 »

コメント

黄砂すごかったですね。
はじめは花粉か?って思ってしまった。
暖冬の影響もあるらしいですね。
車も汚くなるのが最悪だな。

投稿: may | 2007年4月 2日 (月) 22時49分

さすが不精の無門でも
車の汚れには参っています
窓もじゃりじゃり言ってます

投稿: 無門 | 2007年4月 4日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅人の十字路:

« はいても積もる心の落ち葉は | トップページ | でっかいお「茶」文字 »