« 東海道の要塞・諏訪原城 | トップページ | おまえは俺には最後の・・・ »

2007年3月22日 (木)

すべり止めの石畳

アメリカ大統領B君の親友でかつて選挙戦を争ったG君が米議会の公聴会で一席ぶったそうです。最近G君は世界中引っ張りだこで先日も日本に来ていましたね。

「おいらは大統領選には出ないよ」と言った手前気楽になったのか、どこへでも身軽に出かける。どうやら乗りに乗って公聴会まで出て親友B君の激励をしたようだ。京都議定書が約束している12年までに当然アメリカとしてはCO2の削減が達成できないから、アメリカ得意の「おいらのルール」を作ってはどうかと言うものです。

12年を待っていたら何を言われるかわからないから10年に始動できる国際協定を作ってはどうだ。勿論アメリカが出来る範囲のことで結構だよ、どうかね、と言うものだそうだ。アメリカでは京都議定書を「悪者」扱いしてるけど、どうやら世界的にはB君が離脱したことへの反発も出始めている。

最近の異常気象もB君のせいにされてしまうかもしれないので、この辺でぼちぼち環境にも配慮しだしたと言う雰囲気を見せなくてはね。アジアの件はH君がアメリカの無条件降伏を打ち出して、片手が暇になってきたので拳銃を持って牛を追いかけることが出来るでしょ、そう環境と言う拳銃を。

僕がアメリカの良心の代表で世界に根回ししたから今度はB君の番だよ。大いに点数を稼ぐチャンスが着たんだから逃すことはない。公聴会でのG君はとても饒舌に親友B君をかばっているように思えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(菊川・Ⅲ・・・・・・・・・・・・・・⑥)

諏訪原城跡からの帰り道

Photo_1075

旧東海道の石畳へ寄ってみた

この金谷坂は粘土質で雨に弱く

旅人が難儀したことから江戸時代

坂道全てに石を敷いたそうである

Photo_1076

坂道を降りていくと

石畳には杉の葉が積もっていて

それを3人のお母さんたちが

きれいに清掃しているところでした

この石は「大井川の河原から?」と聞くと

この石は山の石だよとのことだった

本当かな

Photo_1077

坂をどんどん下っていくと

赤い幟旗のが両サイドに現れる

そう、これが有名な「すべらず地蔵」です

石畳で旅人がすべらないに掛けています

ちょうど受験の終わった時期か

親子づれがお参りに来ていました

Photo_1078

石畳の途中のお地蔵さん

絵馬には受験の願掛けがいっぱい

ローカルTVでこの時期になると

必ず紹介されます

Photo_1079

中を拝見すると

お地蔵さんの道祖神?

仲良く肩を組んでいるお地蔵さん

こんなのは見たこと無いけど

時代が要求したお地蔵さんなのでしょう

|

« 東海道の要塞・諏訪原城 | トップページ | おまえは俺には最後の・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべり止めの石畳:

« 東海道の要塞・諏訪原城 | トップページ | おまえは俺には最後の・・・ »