« 梅の香に酔いながら | トップページ | 青い水道橋を越えて »

2007年3月 4日 (日)

潮騒の浜辺より

(ウナギ)アメリカウナギが一部地域で減っているので米政府が資源回復のため計画作りを開始したそうです。アメリカの人もウナギを食うのかな。

日本の場合は欧州で獲れたシラスウナギを中国で養殖して輸入し、日本人が食べるという構造です。世界的にウナギが減っていることの原因に乱獲があるのは確かだが河川の環境悪化が大きいらしい。

一級河川を歩き回っていますが大井川にダムが多いのに驚きました。安倍川は砂防ダムのみでほっとしましたが、それだって自然を生きる生物には迷惑なことかもしれない。富川は今のところ低い砂防ダムだけなのでほっとしています。

かつて焼津のウナギは「青」ということで大変人気があった。子供の頃はあちこちにウナギ養殖の池がありましたがそれらが今は住宅地になっています。実は小学生の頃近くの川にシラスウナギのよく獲れる所があり仕掛けも先輩から引き継いだ技術でした。バケツ持参で獲りに行ったのだからかなり獲れたのを覚えています。

その川も今では住宅地の中で生分解されないゴミも散乱して見る影もありません。当然世界の保護団体がウナギ捕獲禁止運動を行うことは目に見えています。鯨やイルカやマグロについで今度はウナギかもしれない。

でも数年前日本でウナギの卵からレプトケファルスという幼生へそして仔魚へ最後にはシラスウナギまで育てることに成功したという。シラスウナギから成魚にするのはお手の物だから一応大成功ということになる。

早いところ完全に養殖が一般化することを祈ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(菊川・Ⅰ・・・・・・・①)

菊川を歩き出してもう3回になりました

はじめから書いていきたいと思っています

・・・・・

一回目は2月13日で

37000歩5時間河口から高天神城跡まで

Photo_978

私のウォーキングの目標は

静岡県の海岸線を一筆書きで歩くこと

しかし時間資金体力が現在不足

そこで県内の一級河川を練習台として

6箇所の内3箇所が終わり

4箇所目の菊川への挑戦がはじまった

まずは河口へ

国道150号を南下して

御前崎から大東町へ

Photo_979

車では菊川を何度も渡っておきながら

河口へ来たのは今回が初めて

河口ぎりぎりに美しい橋のシルエット

今回はここがスタートになる

Photo_980

潮騒橋などという甘酸っぱい名前

靴の下の感触はふかふかして

ゴムが張ってあるようだ

実はこれ太平洋岸自転車道路です

橋の向こうは千浜砂丘と浜岡砂丘

その向こうは浜岡原発に突き当たる

Photo_981

午前中歯医者さんへ行ってきたので

もうお昼になってしまった

とりあえずおにぎりタイムだ

上流を眺めながら

何回で源流まで行こうかななんて

胸をわくわくさせていました

川の中の砂の上に豆粒ほどの

鴨や鵜たちが憩い

風もなく天気は最高だ

Photo_982

きれいに草が刈られてある土手を

歩くことにしました

遠州でこれほど風のない日も珍しい

春にちなんだ唱歌が次々と口をついて出る

どんなに大きな声を出しても

誰にも迷惑がかからない

Photo_983

こののんびりした風景は

鴨たちにとっても天国のようだ

大きな川では河川敷は野球やサッカー場だ

ここは一級河川でも大河ではない

まざまだ自然が豊富なようです

|

« 梅の香に酔いながら | トップページ | 青い水道橋を越えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潮騒の浜辺より:

» 天国 [笑い話]
ねえ、ママ、おばあちゃんは歳を取って死んだら天国に行くの? そうよ。 ママも歳を取って死んじゃったら天国へ行くの? そうね〜。行けたらね〜。 里佳も今から大きくなって、それから歳を取って死んだら天国へ行くんだ〜。 そう。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 16時13分

« 梅の香に酔いながら | トップページ | 青い水道橋を越えて »