« 伝説の水飴屋さんで遊ぶ | トップページ | ちょっくら御免なすって »

2007年3月30日 (金)

道の駅でほっと一息

「特定失踪者問題調査会」が運営する北朝鮮向け短波ラジオ放送「しおかぜ」の日本語放送が妨害電波を受けたと言う報道。

じつはこれ今に始まったことではなく昨年から引き続いているのだがあらためて報道されるのには訳がある。国際電気通信連合(ITU)から日本よりの電波発信に22日に認可が下りたばかりで今週の月曜日26日から運用したばかりだったからなのだ。以前は英国の放送会社に日本国外から発信してもらっていたらしい。

したがって北朝鮮から見れば何をいまさら妨害電波如きで騒いでいるのだといいたいところでしょう。向こうにしてみれば日本とは「臨戦状態」にずっと入っているのだから当然のことだと思っているのでしょう。

電波と言うもは考えてみればデリケートなものだ。ルール通り発進しないと混信してしまうため割り当て管理はITUの厳重な管理下におかれる。逆に受信はその気になれば誰でも出来る。理屈で言えば空中を飛び交っている電波を捕まえるだけで良いわけだ。ラジオやテレビを考えてみれば簡単な理屈で分かる。それだけに他国へ向けての宣伝には効果があるのだが周波数には限りがあるため発信には管理が必須と言うことになり、ITUが存在しているわけだ。

限りある電波を有効活用しようということでディジタルの活用になった。これだと理屈上無限の数の割り当てが可能だが、技術がそれに追いついた分だけ利用できると言うわけである。つまり大根をどれだけ千切りにできるかと言う技術と同じなわけだ。

それにしても妨害電波を出すなんてのは随分古風な戦略だね。なんとなく懐かしい気がする。せめてお互い「戦略放送」でもって正々堂々と戦ってほしいものだ。どんな戦いでもルールは守りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(菊川・Ⅳ・・・・・・・・・・⑥)

日坂(にっさか)の上り口は今でも急だ

Photo_1114

江戸から上ってきた人はやれやれ

京から下ってきた人には

「命なりけり」なんて言わせていたのだろう

実感は広重の絵の通りの坂道だ

Photo_1115

坂を降りきったところで

旧国一とバイパスが交差している

馴染みの道路へ出る

実はこの日うっかり水もおにぎりも無し

午後1時半ごろでだいぶピンチだ

Photo_1116

以前にも一度有ったがこういうときに限って

食堂も自動販売機も見つからない

それでも遠江国ー宮と言われる

事任(ことのまま)八幡宮に寄り

ちょっと休憩

Photo_1117

食事よりまずは水がほしい

旧国道を掛川に向かって歩くと

やっと「道の駅掛川」が見つかった

すでに午後2時を回っている

Photo_1118

まずは水分補給そしてレストランでの食事

店内は時間の割には混雑していた

自分でおかずを取り清算する方式

とてもおいしい食事で安かった

Photo_1119

店内はとても広く お客さんも大勢だ

ぐるぐる回っていると

「しぞーかおでん」缶が目に付いたお

「おでん博士」としてはこれは宣伝しておかないと

と言うことで紹介します

Photo_1120

帰りがけにお土産として

メロンパンを買ってきました

遠州はメロン生産の盛んなところ

パンの中にマスクメロンのクリーム入り

とてもおいしくて安い

売店のお姉さんもとても可愛いかった

|

« 伝説の水飴屋さんで遊ぶ | トップページ | ちょっくら御免なすって »

コメント

おでん缶あるんだー。今度行ったら買ってみようかなー。

投稿: may | 2007年3月31日 (土) 00時11分

しぞーかおでん缶は東京の秋葉原から人気が出たものだよ。PCショップで売っているんだ。

投稿: 無門 | 2007年3月31日 (土) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅でほっと一息:

» ケーズ電気 [ケーズ電気]
突然のトラックバック申し訳ありません。ケーズ電気情報を発信しています。宜しくお願い致します。 [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 13時14分

« 伝説の水飴屋さんで遊ぶ | トップページ | ちょっくら御免なすって »