« 青い水道橋を越えて | トップページ | 梢を揺らすものはなに »

2007年3月 6日 (火)

遠く聞く武者の声

(夏時間)米国やカナダで今年から夏時間開始をを3週間早い11日からにするそうだ。4月の第一日曜日だったのが3月の第二日曜日に変更されたわけだね。

といってもごく普通の日本人にはトンと見当がつかないと思います。簡単に言うと朝は早めに出勤して夕方は陽が高いうちに帰宅して自分の自由時間を楽しみましょう。会社の冷房時間も短縮して電力消費を軽減しましょうということです。

実は昨年オーストラリアへの旅行中に時差一時間プラス夏時間開始というのが偶然重なり何がなんだか分からなくなった経験があってから興味を持ち出した。旅行から帰りしばらくして仕事で扱っていたコンピュータの時間がおかしいのに気づき調査した結果夏時間が組み込まれていることに気づいたのはその時の旅行の経験が思い出されたからだった。

近年日本でもコンピュータをはじめ普通に外国製品が出回っているけれど北米仕様を平気で輸出するやり方が一事が万事まかり通っているようですね。多分日本の製品を海外に出す時はそのあたり考慮するだけの細心の注意を図っていることを期待します。

先の夏時間のコンピュータもサポートを希望したらだめだとのことでやむなくこちらで年二回手直しすることになってしまったわけである。この度の夏時間延長は2005年のエネルギー法改正で決めたとのこと。はたして我らのコンピュータは織り込み済みなのかどうか要チェックですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(菊川・Ⅰ・・・・・・・・・・・③)

高天神城址へ向かう道すがらも

Photo_991

あちこちに春はこぼれていました

ため池の周りの桜もうずきだして

人待ち顔に頬を染めています

黄色い花を重そうにつけた木は

旅人に何かを語り掛けています

Photo_992

何気ない道の傍に歴史が顔を覗かせる

これから行く高天神城の攻防戦の

如何に激しかったか

長い歴史の中のほんの数年のことが

今日にも強い印象を残す

Photo_993

途中で別れた菊川の支流に再び出会う

その向こうにモッコリと高天神山が

私を迎えてくれます

さあもう少し歩け歩け

Photo_994

山の麓に大きな案内塔がある

以前車で来た時とは雰囲気が違うが

今回はこちらからお邪魔することにした

城跡はどんな顔を見せてくれるだろうか

|

« 青い水道橋を越えて | トップページ | 梢を揺らすものはなに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠く聞く武者の声:

« 青い水道橋を越えて | トップページ | 梢を揺らすものはなに »