« 渡吊橋はファミリーな吊橋 | トップページ | 白髭神社との出会い »

2006年11月23日 (木)

ウメモドキに再開しました

(渡まで・・・・・・⑥)

秋に色づく木の実、草の実

数え切れないぐらいありますね

Photo_561

こんな木の実もありますが

さすがに名前が分かりません

額がつぼんでいる間は赤いのだけど

開くと中から青い宝石のような実が現れる

その実は次第に紫色から黒味がかった濃紺に

変わりながら額をいっぱいに開き

やがて実の部分が落ちて

残った額が十字の赤い花のように残る

そんな実のなる木は名前は何でしょう

分かったら誰か教えてください

Photo_562

村の小さなお店の前に紙に包んで

ウメモドキの実を売っていました

この実のことはもっと下流をあるいているとき

出会ったお母さんに教えてもらったことがある

なるほどこんな風になるんだね

またしばらく歩くと

Photo_563

今度は蔓の部分をかごに作った

飾りにして売っていました

すごくきれいでした

売店に入って「あれは、ウメモドキですね」

と確認したら「そうです」との返事

外へ出てまじまじと観賞させていただきました

秋の実の写真まだいっぱいありますけど

くどくなるのでここまでにしておきます

|

« 渡吊橋はファミリーな吊橋 | トップページ | 白髭神社との出会い »

コメント

あの青い実はクサギといいます。
日本で数少ない青色の染料で、美しく優しい色に染まります。

一本のクサギの枝に、こんなにも多彩な青色があることにいつも感動します。
自然って素晴らしいですね。

投稿: | 2015年5月 9日 (土) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウメモドキに再開しました:

« 渡吊橋はファミリーな吊橋 | トップページ | 白髭神社との出会い »