« 二軒小屋トンネルを越えて | トップページ | トリカブトを見つけた »

2006年10月 9日 (月)

また逢う日まで

(東俣・・・その先へいつの日か)

東俣橋を過ぎて、時間の余裕は40分ほどある

行ける所まで沢沿いの道を登ることにしました

Photo_354

それでも沢沿いの道には車の轍の跡がある

森で仕事をする人たちの車が通るのだろう

道と水辺は本流とは違ってずいぶんと近い

雨上がりの空気は湿り気を帯び

とてもさわやかでした

Photo_355

朝の8時半ごろでしたが、

もう釣り人は沢沿いに渓流を登り始めていました

見ている間は釣れていなかったが

魚影は濃いとの噂のある東俣です

きっとよい釣果が期待されるでしょう

Photo_356

蝙蝠岳登山口を過ぎた辺りから

道には轍の跡も消え草生した道となる

足元に気をつけながら草を払い歩を進める

Photo_357

やがて、道は岩の瓦礫の中の道と化していく

足元の石は時々崩れ谷底へ音を立てて落ちていく

もう少しだけ、もう少しだけと先へ進むのは

旅の終わりを意識しだした心のゆらぎか

Photo_358

道らしきものが谷川へ寄ると

片足の幅だけの道になり、足を滑らせれば

体ごと谷へ落ちることになる

時間も迫ってきた

もうこれまでだろう

Photo_360

山から落ちてきた木々の残骸が道をふさいだ

地図上では沢は3000m級の山々まで

延々と伸びているはずだが

人が通った形跡も無いほど道が見えない

ここを、この旅の終点と決めた

しかしこの先にあるであろう何かに向かって

またきっと、いつの日か

たずねて来ることを誓った

|

« 二軒小屋トンネルを越えて | トップページ | トリカブトを見つけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また逢う日まで:

« 二軒小屋トンネルを越えて | トップページ | トリカブトを見つけた »