« 精霊たちの時間の前に | トップページ | フラガールには舞台はせまいね »

2006年10月 5日 (木)

雨上がりの白樺並木

(二軒小屋ロッジの朝)

前日21時過ぎに早々と眠ったのは良いが

2時ごろ目がさめてしまった

始めのうちはゴソゴソと

辺りで音がしていたのだが

3時近くなってからは遠慮なしに

ばたばた大きな音を立てながら

グループ客が出発していった

それからは時々目が覚めたりして

Photo_332

朝になって胡南さんが窓の外を見て

「おっ、雨が止んでる」と言う声で起きだした

雨が降ったことを知らなかった無門としては

結局ぐっすり眠っていたことになる

転付峠(でんつくとうげ)での霧や

星の見えない昨夜の空とは打って変わって

狭い谷間の空に青空が輝いていた

Photo_333

朝のベランダにも清清しい空気が満ち溢れている

食事の前に少し散歩したくなった

Photo_334

白樺並木の空には白い雲が少し残り

お庭の芝生も昨夜の雨の名残をとどめ

シットリと濡れていた

空気はおいしく、滝の音以外は

何も聞こえてはこなかった

Photo_335

ロッジに戻ると壁にかかった大きな温度計は

摂氏13度を示していた

あらためて山の中に宿泊していたことを実感した

Photo_336

朝食をとりながらその日の計画を立てる

すぐ、出発して8時間かけて一気に畑薙まで戻るか

ロッジ周辺を散策した後

椹島まで送迎バスで戻りそこから畑薙まで歩くか

相談の結果、後者に決定した

そうと決まれば2人だけでゆっくり食事

ロッジには送迎バスの予約をしてチェックアウトした

|

« 精霊たちの時間の前に | トップページ | フラガールには舞台はせまいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの白樺並木:

« 精霊たちの時間の前に | トップページ | フラガールには舞台はせまいね »