« 南アルプスへスタート | トップページ | 静かな静かな赤石ダム »

2006年9月 6日 (水)

空中浮遊

(椹島まで・・・・・その3)

前回歩いた、畑薙橋までは左岸のため

朝の日がさえぎられていたが

橋を越して右岸に渡ったとたん

まともに横から

太陽に照らされてしまった

しかも、帽子を持ってくるのを忘れてた。

畑薙橋でようやく水辺に近づいた道も

再び山の斜面をゆるやかに登りだした

Photo_216

前方に予想外の吊橋が現れた

見た所かなりシンプルな橋

Photo_217

中の宿吊橋とある

どうやらこの辺にある吊橋はどこも

登山道の入り口のなっているようだ

この吊橋は「笊(ざる)が岳」(2629)の入り口

とりあえず、往復しましょう

なんとなく板がぶかぶかして頼りない

Photo_218

案の定、途中、板が朽ちている

誰かこの辺で足を踏み抜いたのかな

不安定な上にこの有様では心もとない

Photo_219

それでもゆっくり往復しました

両岸の橋の付け根の辺りは

木々に覆われていて

まるで森林の上を歩いているようだ

Photo_220

森の木々の上に映る

自分の影を見ていると

自分も空中に浮いているような

気分になりました

|

« 南アルプスへスタート | トップページ | 静かな静かな赤石ダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空中浮遊:

« 南アルプスへスタート | トップページ | 静かな静かな赤石ダム »