« 吊橋づくし | トップページ | 清涼なる山影 »

2006年7月 1日 (土)

野イチゴたち

(奥泉まで・・・・その3)

060523 5月の終わり頃、まだ平地を歩いているとき、島田の初倉辺りで野いちごを見つけて食べました。野いちごというよりも草イチゴというほうが正しいのかな。真っ赤に熟れて、とても甘かった。地を這っている葉の中からたくさんの実をつけていた。ほとんど完熟状態だった。

060627_5 今回のように、山ではほとんどこの草イチゴは見つからなかったが、木いちごはいたるところにあった。草イチゴに比べて、色は少し朱色がかっていた。まだ青く熟れていないものも着いているところを見ると、旬はこれからかもしれない。それでも、熟したものを食べてみると、甘味は草イチゴより少し薄いような気がした。ちょっと背伸びをすれば手に届くところにあるため、食べながら歩くにはちょうど良かった。

060627_6 山の中で一番赤く目立つのは、蛇イチゴでした。本当にまっかっかで、つい手が出そうでしたが、子供のときから、これは毒だからと教えられたせいか、食べる気にはならなかった。実際はおいしくはないそうだが、食べられるそうです。今度いったら、ちょっとだけ食べてみようと思っています。

6月も終わりです。今年も折り返し点に来ましたが、ブログの旅はまだ始まったばかりです。ここでこの「大井川源流への旅」の途中までの総括をして見たいと思います。

第一楽章「平地の巻」

     大井川港~太平橋

(大井川港(左岸)-太平橋-河口(右岸)-吉田港-吉田公園-太平橋-大井川港)

     太平橋~富士見橋

(グランリバー大井川-富士見橋―吉田カインズホーム-吉田住吉神社―太平橋―グランリバー大井川)

     富士見橋~蓬莱橋

(蓬莱橋(ギネス認定木造の橋)左岸-右岸に渡り富士見橋まで下る-富士見橋(左岸)-マラソンコースを上る-蓬莱橋)

     蓬莱橋~大井川橋

(蓬莱橋(左岸)-右岸に渡り牧の原茶畑-湯日―金谷-大井川橋(国道1号線)-島田博物館-蓬莱橋)

     大井川橋~川口発電所

(大井川橋(左岸)-左岸を上る―川口発電所―神座の水道橋を渡り右岸へ―金谷牛尾―新大井川橋(国1バイパス)を渡り左岸へ-大井川橋)

第二楽章「川根路の巻」

①川口発電所~川根温泉

(川口発電所-左岸を上る(トンネル3つ)-家山―川根温泉-駿遠橋(右岸へ)家山―野守の池―駿遠橋―川口発電所

②川根

温泉~地名

(ブログ開始)

  (川根温泉―笹間ダム―地名―発電所跡―昭和橋を渡りきり戻る-地名駅(短いトンネル)-笹間ダム-川根温泉)

③地名~川根大仏

(地名-塩郷駅―下泉―下泉橋を渡り右岸へ-上長尾-中徳橋を渡り左岸へ-田野口駅-津島神社五本杉-中徳橋-川根大仏―下泉橋-下泉-塩郷ダム―ダム橋を渡り右岸へ―塩郷吊橋を渡り-塩郷駅-地名)

④川根大仏~千頭

  (川根大仏-フォーレ中川根茶茗館―淙徳橋を渡り左岸へ-駿河徳山駅-万世橋を渡り右岸へ―崎平―柳崎大橋を渡り左岸へ-田代-せんだい橋(歩行者専用)を渡り右岸へ―千頭駅―音戯の-郷-川根大橋を渡り左岸へ―左岸を下り青部へ―青崎橋を渡り右岸へ―大井川発電所―青部の吊橋を渡り再び左岸へ―駿河徳山駅―田野口駅-中徳橋を渡り左岸に戻る-川根大仏)

以上計9回で千頭まで到達しました。

|

« 吊橋づくし | トップページ | 清涼なる山影 »

コメント

草いちご、木いちご、蛇いちご・・・
私は、草いちごは小学校の帰りに幼なじみの男の子(弱虫の子)・・笑。と二人で・・あーでもないこーでもないといいながら・・・
食べた思い出がありますね・・懐かしい・・
蛇いちごが食べれるなんて初めて知りました・・・・びっくり!

投稿: エツ☆ | 2006年7月 1日 (土) 10時43分

blog mmimshita tanoshisou desune saisho nanndomo
adoresu wo tashikamenagara tunagetanodesuga wumaku
tunagaranakkata imawa totemo wureshii desu.
toriaezu kaitemimashita.

投稿: shiro | 2006年7月 1日 (土) 23時27分

エツ☆さん こんばんわ

昨夜の仕事は結構きつかった。家に帰って寝ることだけを楽しみに帰宅、今までぐっすり寝ていて、やっと体調戻り、今は元気バンバン、大丈夫。コメントを見るのが楽しみで、元気も復活しますす。ありがとう。蛇イチゴはいたるところにありますので次回食感等報告します。


shiroさん こんばんわ

初のコメントありがとう。
これからも、気軽にコメントお寄せください。ブログ見れないのかと心配していましたけど、良かったですね。できるだけ毎日更新しますので、コメントもよろしくお願いします。

投稿: 無門 | 2006年7月 2日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野イチゴたち:

« 吊橋づくし | トップページ | 清涼なる山影 »