« 清涼なる山影 | トップページ | 番外編・寸又峡まで »

2006年7月 3日 (月)

野生のカモシカにあいました

(接阻峡まで・・・・その1)

Photo_10 今日のサプライズは、なんと言っても野生のカモシカに出くわしたことです。奥泉から長島ダムまで歩き、そこで1時間ほどあっちこっち見てから、接阻峡温泉まで順調に歩けた。途中、「南アルプス接阻大吊橋」という、かっこいい綺麗な吊橋があったが、帰り道に廻した。ところが昼食後、対岸の左岸を歩いていこうとして、おばさんに例によって道を聞いたら、この道で間違いないといわれ、歩き出したが、その吊橋には到達できなかった。それどころか、旧道にはがけ崩れの箇所もあり、行きで25分ぐらいだったところを、3時間半ほどかかってしまった。しかしそのおかげでカモシカに出会った。

Photo_11 旧道から、奥大井湖上駅(長島ダム湖の中にある駅)への道を歩いていた。道は草生した尾根の道だった。突然繁みの中から女性の悲鳴のような短い声が聞こえたかと思うと、私の目の前をすごいスピードで黒い影が走り去った。15メートル先でこちらを見ている黒い影。うわさには聞いたことのある、カモシカだった。おちついたところでよく見ると角があるからオスだろう。こちらをじっと見たままだ、写真を撮るが、ちょっと遠すぎる。リュックからビデオを取り出し、ビデオ回しつつ、ズームで写真を撮ったが、ピンボケだったところを見ると、かなり手が揺れていたのかもしれない。5分以上お見合いをして、彼がゆっくり谷のほうに下っていくのを見送りながら、駅に向かった。後で考えるとお互い前に行きたかったが、相手が邪魔立ち止まってしまった、ことになり、彼が気を利かせて道を譲ってくれたのだろうとおもった。

|

« 清涼なる山影 | トップページ | 番外編・寸又峡まで »

コメント

はじめまして。
静岡のカモシカかぁ・・・、いつか会いに行かなきゃ。

注:ニホンカモシカは雄・雌ともにツノがあります。

投稿: まーくん@通りすがり | 2006年7月 4日 (火) 10時30分

まーくん さん  ありがとうございます。

「かもしか君」hpすばらしいですね。大いに参考になりました。となると、あの可愛い瞳は、きっとうら若き娘さんだったかもしれないね。いやきっとそうに違いない、別れ際に私を見上げて何かいいたそうだったから。

投稿: 無門 | 2006年7月 4日 (火) 22時43分

野生カモシカ・・・巡り会えるなんてそれも歩く楽しみですね。。。
パパとカモシカさん・・5分の間、互いに何を考えてたのですかね・・・「いくのか?」「いかないのか?」と互いに考えていたかと思うと微笑ましいです。
もうそのカモシカさんには、会えないと思うと寂しいですね。。

投稿: エツ☆ | 2006年7月 5日 (水) 20時29分

後でビデオを再生してみたら、私は「森を歩かせてもらってありがとう」といっていました。カモシカさんは「いつでもまた来てくださいね」と目でいっていました。

投稿: 無門 | 2006年7月 6日 (木) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生のカモシカにあいました:

« 清涼なる山影 | トップページ | 番外編・寸又峡まで »