« 川根大仏まで | トップページ | 塩郷駅はどこにある? »

2006年6月22日 (木)

夏草や・・・・・

(川根大仏まで・・・その2)

今日も早起きしてがんばろうと思ったが、天気予報では雨になるとのこと。山の天気は早めに雨になると思い、今日は歩くことを断念した。 案の定、昼から雨でした。大仏までの続編です

060621_4山肌はほとんどが木々に覆われているが、時々夏草の広場に出会うとはっとした景色に驚きます。ビバルディの「四季・春」と共にボッティチェリの「春」の絵画の中に現れる百花繚乱。今はもう夏なのだが、まさにその景色を思わせるこの花畑だった。誰が植えたというものではなく、自然の花々だったと思います。この写真の10倍ほど横に広がった数種類の花々の饗宴でした。

060621_5 道路際にねじ花を見つけました。以前友人と山に行き、野生蘭を採りにいったことがあります。えびね、ウチョウラン、セッコク、麦蘭、他にもいっぱい日本には野生蘭がありました。その中でもこのねじ花(文字摺草)は特に私は好きでした。最近国道の中央分離帯に生えていたりして結構見ますけど、そのころは下町育ちの私には珍しい花でした。螺子のように螺旋形に花が付き、しかもそのちいさな花の一つ一つが、カトレヤやシンピジュームと同じく蘭の花の構造をしています。群生していたので、例により見つめてしまいました。

|

« 川根大仏まで | トップページ | 塩郷駅はどこにある? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏草や・・・・・:

« 川根大仏まで | トップページ | 塩郷駅はどこにある? »