« ちょっと縁台で夕涼み | トップページ | 千頭まで »

2006年6月26日 (月)

山百合のつぼみ

(川根大仏まで・・・・その5)

060621_13 この梅雨の時期は、植物の生命力を強く感じます。家々のお庭などを覗いて見ると、綺麗な百合の花が咲いています。目の覚めるような鮮やかな色の数々。園芸種の百合のなんと鮮やかなことだろう。いつの間に、こんなきれいな花を人間は造り上げてしまったのだろうか。

060621_14 ふと傍らの、山陰に目をやると、山百合の花のつぼみはまだ目覚めていなかった。山肌から身を乗り出して、「私だって、もうすぐ咲くのよ」といっているようでした。園芸種の百合に比べてそれほど鮮やかには咲けないのかも知れないが、次の私の歩く日を待ち望んでいるようなそのつぼみに、エールを送ってしまいました。

060621_15 田野口駅の駅舎の中にも人はいませんでした。中をのぞくと、だるまストーブ、手回し式電話機、木の机、待合室の椅子も木でできていました。そこには、遠い昔から時間が止まっていて、誰かを待っているような、あの「ぽっぽや(鉄道員)」の映画のシーンのような、不思議な時空が存在していました。

060621_16 戻りかけた、道すがら「津島神社の五本杉」という看板が目に付き、せっかくなので今来た道をまた戻りその五本杉を目指しました。駅から旧道に差し掛かり、急な坂道でしたがそこを上りきると神社らしきものが見えてきました。境内には大きな杉がいっぱいありましたが、大きな五本の杉を探したがどれが該当するかわからなかった。近くにいたおじさんに尋ねると神社の裏に、「先が5本に分かれた杉がある」と教えられ、行ってみると根元から途中までは太い大きな杉で途中からはそれぞれ独立した杉の木がありました。写真では雰囲気が出ませんでしたが、実物はかなりの迫力がありました。

|

« ちょっと縁台で夕涼み | トップページ | 千頭まで »

コメント

夜勤が続いて・・・・
なんだかブログをみると・・一緒に歩きたい気持ちになっちゃいます。。だるまストーブ・・・私の田舎の駅にもありました。でもとても幼い頃に目にしただけなので、記憶が不鮮明です。。笑。。
五本杉が見たい!!!ほんとの見たい。見たい。

投稿: エツ☆ | 2006年6月27日 (火) 11時34分

エツ☆さん こんばんわ
いつもながら、お仕事大変ですね。健康には気をつけてください。エツ☆さんと一緒に歩いたら楽しいでしょうね。そちらでも、がんばれば結構楽しく歩けると思います。私も最初は近所をあちらこちらまわることから始めましたよ。歩くたびに、何かが発見できるので、今はとても楽しいです。

投稿: 無門 | 2006年6月27日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山百合のつぼみ:

« ちょっと縁台で夕涼み | トップページ | 千頭まで »